子どもがベッドで寝るのはいつから?おすすめ子ども用ベッドも! | MAMADAYS(ママデイズ)
MAMADAYS(ママデイズ)
子どもがベッドで寝るのはいつから?おすすめ子ども用ベッドも!

子どもがベッドで寝るのはいつから?おすすめ子ども用ベッドも!

新生児時代から使っているアイテムのなかでも、ベビーベッドのように、子どもの安全に関わるものは使うのをやめるタイミングが難しいもののひとつかもしれません。この記事では、ベビーベッドから子ども用ベッドに移行するタイミングや、おすすめ商品などを紹介します。
新生児時代から使っているアイテムのなかでも、ベビーベッドのように、子どもの安全に関わるものは使うのをやめるタイミングが難しいもののひとつかもしれません。この記事では、ベビーベッドから子ども用ベッドに移行するタイミングや、おすすめ商品などを紹介します。

子ども用のベッドはいつから?

子供用のベッドはいつから?

新生児の頃からベビーベッドに赤ちゃんを寝かせているという家庭は多いと思いますが、子ども用のベッドは一体いつから使用すればよいのでしょうか。

まずはベビーベッドを使用する推奨年齢について確認しておきましょう。

満2歳になるまではベビーベッドで

消費者庁は、満2歳になるまでの子どもはベビーベッドで寝かせることを推奨しています。

昼寝などで大人が様子を見てあげられるときであれば問題ありませんが、夜の就寝などずっと見ているわけにはいかない場合に思わぬ事故が発生することもあります。

ベビーベッドは、就寝時の不慮の事故から赤ちゃんを守れるよう配慮して作られています。それぞれの子どもの成長に応じて判断は必要ですが、安全のため満2歳になるまではベビーベッドを使用し、それから子ども用ベッドへの移行を考えましょう。

子ども用のベッドとベビーベッドの違いは?

子ども用のベッドとベビーベッドの違いは?

年齢に応じて子ども用のベッドとベビーベッドを使い分ける必要があるとわかっていても、具体的にはどのような違いがあるのかわからない、という人もいるのではないでしょうか。

ここではそれぞれのベッドのサイズやマットレスの硬さについて触れていきます。

サイズ

ベビーベッドのサイズは実にさまざまです。

ベビーベッドとして一般的なスタンダードサイズは120cm×70cm、ミニサイズ90cm×60cm、さらに小さなサイズに、70cm×60cmのものもあります。子どもの成長の様子や住宅事情などに合わせて選ぶとよいでしょう。

またベビーベッドには高い柵がついていたり、おむつ替えや着替えがしやすいように床板部分が高くなっていたりすることも大きな特徴です。

子ども用ベッドにもさまざまなサイズのものがあります。ベビーベッドを卒業してすぐの幼児が使用する120cm×70cmのものから、大人も使用できる196㎝×85cm、ベビーベッドを組み替えておよそ133cm×70cmのキッズベッドとして使用できるものもあります。(サイズは一例です。)

ベビーベッドとの大きな違いは、高い柵はついておらず、寝返りなどで転落しないように柵よりも低いサイドガードが付いているものもある点です。子どもが自分でベッドに入ることを考えて床板は低く設計されており、高さは20cmほどのものも多いようです。

マットレスの硬さ

体が自分の思うように動かせない赤ちゃんは、就寝時のマットレスが柔らかいと、寝返りをうってうつぶせ寝になり、マットレスに顔が埋まって窒息してしまう可能性があります。

ベビーベッド用に販売されているマットレスは、そういった危険性に考慮して大人用や子ども用よりも硬いマットレスになっています。

子ども用のベッドを設置することのメリットは?

子ども用のベッドを設置することのメリットは?

子どもがベビーベッドを卒業してからも、まだまだ心配なことは多いものです。しばらくは大人と添い寝して、いずれ大きくなったらという家庭もあるでしょう。また、小学校入学までにとゴールを決めている場合もあるかもしれません。

子ども用ベッドを設置することで得られるメリットを知ったうえで、ひとり寝デビューのタイミングを図るのもよいでしょう。

子どもの自立に役立つ

日本ではこれまで、添い寝も一般的なスタイルでしたが、ひとり寝をさせることで自立をうながすという考え方もあります。

アメリカやフランスでは子どもの自立性をうながすために、乳幼児の段階から個室を与え、ひとり寝をさせる家庭が多くあります。

柵などがしっかり設置されているものも

子ども用ベッドの中には、低いサイドガードではなくしっかりとした柵が設置されているものもあります。

子ども用ベッドで一人で寝ることで得られるメリットは理解できても、ひとりで寝ている間にベッドから転落してしまうのではないかと心配になる人も多いことでしょう。

ベビーベッドを卒業したばかりの幼児や寝ている間に動いてしまう子どもには、柵のしっかりついたベッドを選んであげることも1つの方法です。

おすすめ子ども用ベッド3選

キララ 国産ひのき2段ベッド(モーニン)

子どもの使うベッドは、安全で長く使えるベッドを選びたいもの。防カビ・ダニ防除効果やがあるとされている国産ひのきを使用した二段ベッドです。ひのきの香りでリラックスして眠れそうですね。

子どもが大きくなったら分割してシングル2台で使用することができ、手すりは必要に応じて取り外すことも可能です。

国産ひのき二段ベッド(源ベッド)

最高長が136cmという、コンパクトな高さが特徴の二段ベッドです。ママでも、上段の子どもの様子がしっかり見られて安心です。

下段床面の高さは調整可能で、まだ幼い子どもには降りやすいよう6.5cm、慣れてきたら16.5cmと成長に合わせて変更することができます。床面を高くすることで、ベッド下を収納スペースとして活用することも可能です。

6歳までベッド スレイ(ブーリ)

オーストラリアで有名なベビー家具ブランドBooriのベッドです。オーストラリア産の無垢木を100%使用した、スタイリッシュなベッド。ベビーベッドや6歳までのキッズ向けベッドとして使い終わった後は、ソファとして使うことができます。

子どもの成長によりそい続けてくれるベッドです。

_______

子どもの成長スピードや性格は一人ひとり違うので、子どもに合ったステップを踏んで、ベビーベッドから子ども用ベッドへの移行をサポートしていきましょう。

今回ご紹介した商品も参考に、ぴったりの子ども用ベッドを見つけてみてくださいね。