【管理栄養士監修】離乳食の玉ねぎ|いつからはじめる? | MAMADAYS(ママデイズ)
MAMADAYS(ママデイズ)
【 管理栄養士監修 】離乳食の玉ねぎ|いつからはじめる?

【管理栄養士監修】離乳食の玉ねぎ|いつからはじめる?

離乳食が始まり、おかゆに慣れてきたら赤ちゃんに食べてもらいたいのが野菜です。
野菜の中でも玉ねぎはさまざまな食材ともあわせやすく、離乳食に向いている食材です。
今回は離乳食の玉ねぎはいつから食べられるのかや、下ごしらえのコツなどをご紹介します。
離乳食が始まり、おかゆに慣れてきたら赤ちゃんに食べてもらいたいのが野菜です。
野菜の中でも玉ねぎはさまざまな食材ともあわせやすく、離乳食に向いている食材です。
今回は離乳食の玉ねぎはいつから食べられるのかや、下ごしらえのコツなどをご紹介します。

玉ねぎはいつから食べられる?

離乳食初期からOK!野菜デビューにおすすめ!

野菜は離乳食開始から1週間ほど経ち、おかゆに慣れた頃に始められます。

野菜のなかでも、たまねぎは離乳食初期の生後5〜6ヶ月頃から与えられます。

透き通るまでよく加熱すると甘みが出るため、赤ちゃんも食べやすくなります。

また、お湯や出汁を入れて煮込むと、ペースト状になり口通りがよくなりますよ。

管理栄養士からのワンポイントアドバイス

繊維に対して垂直に輪切りをすると、加熱により早くやわらかくなり、繊維も残らず食べやすくなります。

どのくらいの量を食べさせたらいい?

初めて食べさせる場合は、ほかの食材と混ぜたりせずに与えます。

少ない量の、子ども用スプーンのひとさじから徐々に量を増やしていきます。

離乳食の進め方についてはこちらの記事も参考にしてください。

赤ちゃんが生後5〜6ヶ月前後になったら、離乳食への移行を考え始める時期かもしれません。でも、一体どのくらいの量から始めたら良いの?食材は何から?とお悩みのママ・パパもいるかと思います。生後5〜6ヶ月目の子どもを対象に、進め方の例やレシピなどをご紹介します。

玉ねぎの固さや大きさの目安

子どもの成長に合わせて、食材の大きさや固さを変えます。

玉ねぎの時期別の大きさ・固さの目安

玉ねぎの固さや大きさの目安/表

© every, Inc.

管理栄養士からのワンポイントアドバイス

月齢に合わせたサイズで切ってから調理してもよいのですが、細かいほどやわらかくなるまで時間がかかることがあります。

そのため玉ねぎは、少し大きめに切ってやわらかくゆでたあと細かくした方が、調理時間が短くなります。

調理方法

時期ごとに調理方法をご紹介します。
過去に、MAMADAYSで紹介した離乳食の作り方動画もぜひチェックしてくださいね!

初期(5〜6ヶ月頃)

動画で作り方をチェック!

はじめての離乳食、ゴックン期(生後5〜6か月頃)の玉ねぎの調理の仕方、本だけだとイメージが分からず不安に思っていませんか?
今回は基本のゴックン期(生後5〜6か月頃)の玉ねぎの調理の仕方をご紹介します。
まとめて作ってストックしておくのも便利です。

中期(生後7〜8ヶ月頃)

動画で作り方をチェック!

はじめての離乳食、モグモグ期(生後7〜8か月頃)の玉ねぎの調理の仕方、本だけだとイメージが分からず不安に思っていませんか?
今回は基本のモグモグ期(生後7〜8か月頃)の玉ねぎの調理の仕方をご紹介します。
まとめて作ってストックしておくのも便利ですよ。

後期(生後9〜11ヶ月頃)

動画で作り方をチェック!

はじめての離乳食、カミカミ期の玉ねぎの調理の仕方で悩んだことはありませんか?
今回は甘みも栄養もたっぷりの玉ねぎの調理の上手な調理方法をご紹介します!
まとめて作ってストックしておくのも便利です。

食物アレルギーについて

玉ねぎは、まれに食物アレルギー発症の危険性があります。

そのため、初めて食べる際は少量から始めましょう。

また、万が一食物アレルギーを起こした場合すぐに病院へ行けるよう、平日の午前中など医療機関に受診できる時間に与えるようにしましょう。

アレルギーについての注意点

レシピには、特定のアレルギー体質を持つ場合にアレルギー反応を引き起こすおそれのある食品を含む場合がございます。

また、初めて召し上がるお子さまには注意が必要ですので、様子を見ながら少量から食べさせてください。

[特定原材料] 卵、乳、小麦、えび、かに、そば、落花生

[特定原材料に準ずるもの] アーモンド、あわび、いか、いくら、オレンジ、キウイフルーツ、牛肉、くるみ、さけ、さば、大豆、鶏肉、バナナ、豚肉、まつたけ、もも、やまいも、りんご、ゼラチン、 ごま、カシューナッツ

必ず「料理を楽しむにあたって」の「乳幼児への食事提供について」を事前にご確認の上ご利用をお願いいたします。

料理を楽しむにあたって

誤飲や誤嚥による事故を予防するポイント

  • 離乳食は月齢の目安のサイズを参考に、食べやすい大きさにして与えましょう。

  • 一口の量は子どもの口に合った無理なく食べられる量にし、自分で手づかみ食べや、スプーンで食べる場合は、量が多くないか、咀嚼して飲み込んでいるか、様子をみましょう。

  • ミニトマト、豆類は、そのままの大きさだとのどに詰まる危険があります。カットして安全な大きさにしましょう。のどに張り付く餅、噛むことが難しいこんにゃくや野菜、固い食材も飲み込むことが難しくなります。

  • 誤って気管支に入りやすいピーナッツなどの固い豆・ナッツ類は、5歳以下の子どもには与えないでください。

  • 年長の子どもが、乳幼児にとって危険な食品を与えないよう注意しましょう。

写真提供:ゲッティイメージズ

※当ページクレジット情報のない写真該当