【管理栄養士監修】離乳食の豆腐|いつからはじめる? | MAMADAYS(ママデイズ)
MAMADAYS(ママデイズ)
【管理栄養士監修】離乳食の豆腐|いつからはじめる?

【管理栄養士監修】離乳食の豆腐|いつからはじめる?

植物性のたんぱく質が含まれる豆腐。離乳食初期の生後5~6ヶ月頃でも食べやすく、なめらかな食感に調理するのも簡単です。 今回は、離乳食で豆腐はいつから食べられるのかや、下ごしらえのコツなどをご紹介します。
植物性のたんぱく質が含まれる豆腐。離乳食初期の生後5~6ヶ月頃でも食べやすく、なめらかな食感に調理するのも簡単です。 今回は、離乳食で豆腐はいつから食べられるのかや、下ごしらえのコツなどをご紹介します。

豆腐はいつから食べられる?

生後5~6ヶ月頃からOK!なめらかな絹ごしから始めよう

豆腐は離乳食を初めて、おかゆや野菜などに慣れてきた3週間目くらいから与えられます。

消化もしやすく、初めて摂るたんぱく質におすすめの食材。

離乳食の進み具合で、食べやすい大きさにカットして調理をしていきます。

豆腐には絹ごしと木綿の2種類があります。

離乳食初期の生後5〜6ヶ月頃から中期の7〜8ヶ月頃までは、なめらかな食感で食べやすい絹ごしを使用します。

裏ごししやすく、幅広い食材とあわせやすいのでおすすめです。

形が崩れにくい木綿豆腐は、離乳食後期の生後9〜11ヶ月頃から活用してみましょう。

どのくらいの量を食べさせたらよい?

子ども用スプーンのひとさじから始め、徐々に量を増やしていきましょう。

初めて食べさせる場合は、少量をほかの食材と混ぜずに与えます。

離乳食の進め方についてはこちらの記事も参考にしてください。

赤ちゃんが生後5〜6ヶ月前後になったら、離乳食への移行を考え始める時期かもしれません。でも、一体どのくらいの量から始めたら良いの?食材は何から?とお悩みのママもいるかと思います。今回は生後5〜6ヶ月目の子どもを対象に、進め方の例やレシピなどをご紹介します。

豆腐の固さや大きさの目安

子どもの成長に合わせて、食材の大きさや固さを変えます。

豆腐の時期別の大きさ・固さの目安

豆腐の時期別の大きさ・固さの目安/表

© 2015 every, Inc.

下ごしらえのコツは?

  • お湯でゆでてから、裏ごしして滑らかに
  • 月齢にあったサイズにカットします

管理栄養士からのワンポイントアドバイス

豆腐は冷ややっこなどでそのまま食べられるイメージがありますが、離乳食で与えるときは加熱してから与えましょう。

与える分量のみ耐熱皿に入れて、電子レンジで加熱すると手間もかかりません。

食中毒を防ぐため、豆腐を準備段階で加熱したり、調理で加熱することは大切です。

調理方法

時期ごとに調理方法をご紹介します。
過去に、MAMADAYSで紹介した離乳食の作り方動画もぜひチェックしてくださいね!

初期(生後5~6ヶ月頃)

動画で作り方をチェック!

はじめての離乳食、ゴックン期(生後5〜6か月頃)の豆腐の調理の仕方、本だけだとイメージが分からず不安に思っていませんか?
今回は基本のゴックン期(生後5〜6か月頃)の豆腐の調理の仕方をご紹介します。
離乳食を初めて慣れてきた頃から食べさせてみてください。

中期(生後7~8ヶ月頃)

絹ごし豆腐を使用します。ゆでたり、電子レンジで加熱したあと、つぶしてから与えます。
2〜3mm角に切ってもよいでしょう。

後期(生後9〜11ヶ月頃)

動画で作り方をチェック!

はじめての離乳食、カミカミ期(生後9〜11か月頃)の豆腐の調理の仕方、本だけだとイメージが分からず不安に思っていませんか?
今回は基本のカミカミ期(生後9〜11か月頃)の豆腐の調理の仕方をご紹介します。
淡白で消化も良く食べやすい食材です。

完了期(1~1歳6ヶ月頃)

ゆでたり、電子レンジで加熱したあと、1cm角に切ります。

食物アレルギーについて

豆腐は、原料の大豆が食物アレルギーを発症する危険性があります。

そのため、初めて食べる際は少量から始めましょう。

また、万が一食物アレルギーを起こした場合すぐに病院へ行けるよう、平日の午前中など医療機関を受診できる時間に与えるようにしましょう。

豆腐を使った簡単アレンジレシピ

トロトロで食べやすい ほうれん草のバナナ豆腐和え(生後7〜8ヶ月頃から)

離乳食期に青菜をあまり食べてくれないということはありませんか?

バナナの甘味とトロミで食べやすくしたレシピをご紹介します。

豆腐も入っているのでたんぱく質も摂ることができますよ。

離乳食期に青菜をあまり食べてくれないということはありませんか?
バナナの甘味とトロミで食べやすくしたレシピをご紹介します!
豆腐も入っているのでたんぱく質も取ることができますよ。

はじめてのクリスマスに 豆腐クリームの赤ちゃんケーキ(生後9〜11ヶ月頃から)

クリスマスを迎えるのがはじめてという赤ちゃんにぴったりのレシピをご紹介します。

3大アレルギー食材不使用のケーキです。

クリスマス以外に、お誕生日などにも作ってあげたいメニューです。

クリスマスを迎えるのがはじめてという赤ちゃんに!
3大アレルギー食材不使用のケーキをご紹介します。
クリスマス以外にも、お誕生日などにもぴったりです。

フライパンで簡単おやつ 豆腐入りにんじんケーキ(生後9〜11ヶ月頃から)

「子どもに野菜をたくさん食べて欲しい」、そう考える方も多いのではないでしょうか。

今回はホットケーキミックス粉を使ってにんじん入りのおやつをフライパンで作る方法をご紹介します。にんじん以外にもほうれん草やかぼちゃでも美味しく作れますよ。

子どもに野菜をたくさん食べて欲しい!
今回はホットケーキミックス粉を使ってにんじん入りのおやつをフライパンで作る方法をご紹介します。
にんじん以外にもほうれん草やかぼちゃでも美味しく作れます。

袋で混ぜるだけ!手づかみ豆腐ナゲット(生後9〜11ヶ月頃から)

少しずつ手づかみ食べができるようになってきた子どもに、レパートリーを増やしたいと思ったことはありませんか?

ヘルシーなのに豆腐と鶏肉のタンパク質がしっかり摂れます。

野菜を細かく刻んで入れたりチーズを入れてアレンジしてみてもいいですよ。

少しずつ手づかみ食べが出来るようになってきた子にレパートリーを増やしたいと思ったことはありませんか?
ヘルシーなのに豆腐と鶏肉のタンパク質がしっかり摂れます!
野菜を細かく刻んで入れたりチーズを入れてアレンジしてみてもいいですよ。

離乳食取り分けOK 豆腐ハンバーグ(生後9〜11ヶ月頃から・おとな)

産後の体重管理、カロリーが気になる方も少なくないのではないでしょうか。

ふわふわで食べやすく、ボリューム満点の豆腐ハンバーグを紹介します。

味を付ける前に取り分ければ、離乳食後期の子どもにも与えられます。

産後の体重管理…カロリーが気になりますよね。
ふわふわで食べやすく、ボリューム満点の豆腐ハンバーグを紹介します!
味を付ける前に取り分ければカミカミ期のお子様にもお召し上がりいただけます。

パクパク期に食べさせたい 豆腐入りまぐろバーグ (1歳〜1歳6ヶ月頃から)

鉄分を多く含むまぐろに豆腐を合わせて、食べやすいまぐろバーグをご紹介いたします。

味噌で味付けをすることで魚の臭みも軽減できますよ。

大人のまぐろの刺身を取り分けてぜひ作ってみてくださいね。

鉄分を多く含むまぐろに豆腐を合わせて、食べやすいまぐろバーグをご紹介いたします。
味噌で味付けをすることで魚の臭みも軽減できますよ。
大人のまぐろの刺身を取り分けてぜひ作ってみてください!

1歳から食べられる ベビー豆腐チーズケーキ(1歳〜1歳6ヶ月頃から)

クリスマスには、お友達や家族とみんなで食卓を囲みたいですよね。

離乳食完了期の1歳からも食べられる豆腐チーズケーキをご紹介します。

可愛くデコレーションしてクリスマスやお誕生日などのお祝いにいかがですか?

そろそろクリスマス!家族みんなで食卓を囲みたいですよね!
1歳からも食べられる豆腐チーズケーキをご紹介します。
可愛くデコレーションしてクリスマスやお誕生日などのお祝いに!

注意事項

食材は、特定のアレルギー体質を持つ場合に、アレルギー反応を引き起こすおそれがあります。

初めての食材を食べる子どもには十分注意が必要です。様子を見ながら少量から食べさせてください。

[特定原材料]

卵、乳、小麦、えび、かに、そば、落花生

[特定原材料に準ずるもの]

アーモンド、あわび、いか、いくら、オレンジ、キウイフルーツ、牛肉、くるみ、さけ、さば、大豆、鶏肉、バナナ、豚肉、まつたけ、もも、やまいも、りんご、ゼラチン、 ごま、カシューナッツ

離乳食を調理する前に、「料理を楽しむにあたって」の「乳幼児への食事提供について」を事前にご確認の上ご利用をお願いいたします。

※料理を楽しむにあたって

誤飲や誤嚥による事故を予防するポイント

  • 離乳食は月齢の目安のサイズを参考に、食べやすい大きさにして与えましょう。

  • 一口の量は子どもの口に合った無理なく食べられる量にし、自分で手づかみ食べや、スプーンで食べる場合は、量が多くないか、咀嚼して飲み込んでいるか、様子をみましょう。

  • ミニトマト、豆類は、そのままの大きさだとのどに詰まる危険があります。カットして安全な大きさにしましょう。のどに張り付く餅、噛むことが難しいこんにゃくや野菜、固い食材も飲み込むことが難しくなります。

  • 誤って気管支に入りやすいピーナッツなどの固い豆・ナッツ類は、5歳以下の子どもには与えないでください。

  • 年長の子どもが、乳幼児にとって危険な食品を与えないよう注意しましょう。

写真提供:ゲッティイメージズ

※当ページクレジット情報のない写真該当