【管理栄養士監修】離乳食のグリーンピース|いつからはじめる? | MAMADAYS(ママデイズ)
【管理栄養士監修】離乳食のグリーンピース|いつからはじめる?

【管理栄養士監修】離乳食のグリーンピース|いつからはじめる?

グリーンピースはさやから取り出したえんどうの未熟な種子のことでビタミンなどを含みます。甘くて軟らかいので赤ちゃんも口にしやすい食材で、鮮やかな色味で離乳食に彩りも与えてくれます。今回はグリーンピースはいつから与えられるのかや下ごしらえのコツなどをご紹介します。
グリーンピースはさやから取り出したえんどうの未熟な種子のことでビタミンなどを含みます。甘くて軟らかいので赤ちゃんも口にしやすい食材で、鮮やかな色味で離乳食に彩りも与えてくれます。今回はグリーンピースはいつから与えられるのかや下ごしらえのコツなどをご紹介します。

グリーンピースはいつから食べられる?

離乳食初期からOK。誤嚥(ごえん)に注意!

口当たりと消化を良くするために、うす皮を必ず剥きます。

うす皮は、ゆでてから剥くと簡単です。

粒が見えない位のなめらかなペースト状にすれば離乳食初期からでも与えられます。

のどに詰まってしまう危険があるため、与えるときはそのまま与えず、必ず月齢に応じてペースト状にしたり細かく切ったりしてから与えます。

誤嚥についての注意

グリーンピースは、丸い形状のまま与えると、誤飲や誤嚥の危険性があります。

そのまま与えず、必ず小さく切り刻み、食べやすい大きさにして与えましょう。

管理栄養士からのワンポイントアドバイス

さや入りの生のグリーンピースが手に入る時期は、特に食べさせてあげたくなりますね。

離乳食初期の生後5〜6ヶ月頃は、粒が見えない位のなめらかなペースト状にするため、下ごしらえが少し大変です。

離乳食が少し進んでからでも大丈夫です。

どのくらいの量を食べさせたらよい?

子ども用スプーンのひとさじから始め、徐々に量を増やしていきましょう。

初めて食べさせる場合は、少量をほかの食材と混ぜずに与えます。

離乳食の進め方についてはこちらの記事も参考にしてください。

赤ちゃんが生後5〜6ヶ月前後になったら、離乳食への移行を考え始める時期かもしれません。でも、一体どのくらいの量から始めたら良いの?食材は何から?とお悩みのママもいるかと思います。今回は生後5〜6ヶ月目の子どもを対象に、進め方の例やレシピなどをご紹介します。

グリーンピースの固さや大きさの目安

子どもの成長に合わせて、食材の大きさや固さを変えます。

グリーンピースの時期別の大きさ・固さの目安

グリーンピースの時期別の大きさ・固さの目安/表

© 2015 every, Inc.

下ごしらえのコツは?

・さやに入った状態のものは、豆を取り出して、たっぷりのお湯でやわらかくなるまでゆでる

・薄皮をしっかりと剥く。ゆでてから剥くと簡単

調理方法

時期ごとに調理方法をご紹介します。過去に、MAMADAYSで紹介した離乳食の作り方動画もぜひチェックしてくださいね!

初期(5~6ヶ月頃)

動画で作り方をチェック!

グリーンピースのゴックン期の調理方法をご紹介します。
離乳食に是非取り入れてみてください!

中期(7~8ヶ月頃)

動画で作り方をチェック!

離乳食モグモグ期のグリーンピースの調理方法をご紹介します。
食べやすいアレンジ方法もぜひお試しください。

後期(9〜11ヶ月頃)

動画で作り方をチェック!

離乳食カミカミ期のグリーンピースの調理方法をご紹介します。
食べやすいアレンジもご紹介するのでぜひお試しください。

完了期(1~1歳6ヶ月頃)

生のグリンピースは大きいサイズのものもあります。

粒が大きいものや、赤ちゃんが食べづらそうなときは、やわらかくゆでたあとカットしたり、つぶしたりして与えます。

のどに詰まる可能性のある薄皮も取り除いてから与えましょう。

食物アレルギーについて

グリーンピースは、まれに食物アレルギーを発症する危険性があります。

そのため、初めて食べる際は少量から始めましょう。また、万が一アレルギーを起こした場合すぐに病院へ行けるよう、平日の午前中など医療機関を受診出来る時間に与えるようにしましょう。

グリーンピースを使った簡単レシピ

ミックスベジタブルで離乳食(生後5〜6ヶ月頃・7〜8ヶ月頃・9〜11ヶ月頃から)

冷凍のミックスベジタブルなら、手軽にグリーンピースが取り入れられます。

グリーンピースの緑色、人参のオレンジ色にコーンの黄色と彩り豊かな一品を楽しんでみてはいかがでしょうか。

冷凍のミックスベジタブルで離乳食を作れたら良いなと思ったことはありませんか? ミックスベジタブルを離乳食に活用する際の調理方法とアレンジレシピをご紹介します! 時間がないときでも簡単に調理でき、人参やグリーンピースといった緑黄色野菜も多く含まれています。

誤飲や誤嚥による事故を予防するポイント

食品を小さく切り、食べやすい大きさにして与えましょう。

  • 一口の量は子どもの口に合った無理なく食べられる量にし、飴やタブレットなど喉に詰まりやすい食品を食べさせる場合は大きさに注意しましょう。
  • 誤って気管支に入りやすいピーナッツなどの硬い豆・ナッツ類は、3歳頃までは食べさせないようにしましょう。
  • 年長の子どもが、乳幼児にとって危険な食品を与えないよう注意しましょう。

写真提供:ゲッティイメージズ

※当ページクレジット情報のない写真該当

関連する記事

お気に入り

関連する記事