【チェックしておきたい 0歳の行事】お宮参り | MAMADAYS(ママデイズ)
MAMADAYS(ママデイズ)
【チェックしておきたい  0歳の行事】お宮参り

【チェックしておきたい 0歳の行事】お宮参り

赤ちゃんが生まれてから1歳になるまでの間には、どのような行事があるのでしょうか。
今回は、赤ちゃんが生まれて約1ヶ月後に神社仏閣にお参りをする、「お宮参り」をご紹介します。
赤ちゃんが生まれてから1歳になるまでの間には、どのような行事があるのでしょうか。
今回は、赤ちゃんが生まれて約1ヶ月後に神社仏閣にお参りをする、「お宮参り」をご紹介します。

お宮参りとは?

神社やお寺を訪れて、子どもが生まれたことへのお礼と報告を行い、今後の健やかな成長を見守ってもらうようお祈りすることです。

「初宮参り(はつみやまいり)」と言うこともあるようです。

いつ行うの?

男の子は生まれてから31〜32日目、女の子は32〜33日目に行われることが多いようです。

しかし、よりよいコンディションの日にお参りできるよう、天候や体調に合わせて、前後の日付も含めて調整するのが一般的です。真夏や真冬などの時期を避けて行う場合もあるようです。

また、地域や文化によって差があるので、気になる場合は両親や親戚などに確認するのもよいでしょう。

何をするの?

お参りだけをする場合と、ご祈祷やおはらいを受けたりして、祝詞(のりと)を上げてもらうなどする場合があります。

後者の場合、事前に神社やお寺に連絡が必要な場合があるので、電話をする、ホームページを見るなどして確認しておきましょう。

※祝詞とは

神主が神様の前で唱える言葉のこと。

言葉には魂がある、とする「言霊(ことだま)」の考え方に基づいています。

用意するものは?

おはらいやご祈祷を受ける場合、事前に「初穂料」(「玉串料」ともいう)を用意しておきましょう。

神社やお寺で指定のない場合は、5,000円〜10,000円が目安です。わからない場合は、事前に電話などで確認してもよいでしょう。

白封筒やお祝儀袋に入れ、「御初穂料(おんはつほりょう)」「御玉串料(おんたまぐしりょう)」「御礼(おれい)」「御神饌料(ごしんせんりょう)」などの表書きや、祈祷を受ける赤ちゃんの名前などを記載します。

服装は?

赤ちゃんの服装は、着物、ベビードレスなどの晴れ着を使用することが多いと言えるでしょう。

親や親戚の服装は、着物などの礼装だけでなく、近年ではスーツやワンピースで行うことも多いようです。

赤ちゃんの服装については、下記の記事も参考にしてみてくださいね。

初めてのお宮参り。
産着を準備したのは良いけれど、着方がよく分からない…。と思っていませんか?
子どもの健やかな成長を祈ってお宮参り。
その際に着用する赤ちゃんの祝い着の着方も紹介します!

招待するべき人は?

以前は父親と赤ちゃん、父方の祖父母でお参りをすることもあったようです。

しかし、現在は母親も参加することが一般的であり、母方の祖父母、両親のきょうだいなどの家族が集まることも。

家族で話し合って、大切な一日を過ごせるとよいですね。

写真提供:ゲッティイメージズ

※当ページクレジット情報のない写真該当