【赤ちゃんの発疹が主症状の病気】風疹 | MAMADAYS(ママデイズ)
MAMADAYS(ママデイズ)
【赤ちゃんがかかりやすい発疹が主症状の病気】風疹

【赤ちゃんの発疹が主症状の病気】風疹

熱と同時に全身に赤い発疹が出る、軽いはしかのような病気。妊娠初期のママにうつらないよう注意。
熱と同時に全身に赤い発疹が出る、軽いはしかのような病気。妊娠初期のママにうつらないよう注意。

どんな病気?

 風疹ウイルスの感染によって起こります。はしかに似ていますが症状ははしかに比べれば軽く、「三日ばしか」とも呼ばれています。ただし、3~4歳になってからかかるとやや重く、まれに脳炎などの合併症も見られることも。

 2~3週間の潜伏期間の後、38℃前後の発熱が見られ、熱と同時に小さな赤い発疹がパラパラと全身に出ます。3~4日もすると熱が下がり、発疹も消えていきます。

 はしかと風疹のちがいは、はしかが発熱の2~3日後に発疹が出るのに対し、風疹は発熱と同時に発疹が出ることです。

 感染しても症状がまったく出ないことがありますが、その場合も免疫ができるので二度とかかることはありません。

治療とケア

 特別な治療法はありません。風疹と診断されたら家で静かに過ごすようにしてください。また、ほかの子にうつってしまうといけないので、発疹がきれいさっぱり消えるまでは、保育所や幼稚園などはお休みします。

 感染しても、発熱などの症状がまったく出ないことも。その場合も免疫はついているので、これから先かかることはありません。

予防

 風疹の予防接種は、麻疹との混合ワクチン(MRワクチン)を初回は1歳時に、追加は小学校入学前の1年間に受けます。定期接種なので、必ず受診しましょう。また、流行時期より早く受けることが感染予防には大切です。

写真提供:ゲッティイメージズ

※当ページクレジット情報のない写真該当

  • 出典

    最新版 はじめての妊娠・出産安心百科
    杉本充弘・木戸道子監修、主婦と生活社 ※情報は掲載時のものです
    http://www.shufu.co.jp

関連する記事

お気に入り

関連する記事