【管理栄養士監修】離乳食のまいたけ|いつからはじめる? | MAMADAYS(ママデイズ)
MAMADAYS(ママデイズ)
【管理栄養士監修】離乳食のまいたけ|いつからはじめる?

【管理栄養士監修】離乳食のまいたけ|いつからはじめる?

まいたけはビタミンや食物繊維が豊富に含まれている食材です。
煮ると旨味たっぷりのだしも取れるので離乳食にぴったり!
今回は離乳食のまいたけはいつから与えられるのかや、下ごしらえのコツなどをご紹介します。
まいたけはビタミンや食物繊維が豊富に含まれている食材です。
煮ると旨味たっぷりのだしも取れるので離乳食にぴったり!
今回は離乳食のまいたけはいつから与えられるのかや、下ごしらえのコツなどをご紹介します。

まいたけはいつから食べられる?

まいたけは離乳食後期からOK!小さくカットしたものからスタート

まいたけはビタミンや食物繊維などの栄養素を含む食材です。

食物繊維が豊富なので、便秘のときの離乳食にもぴったりです。

離乳食でまいたけは、生後9~11ヶ月頃の離乳食後期から与えられます。

きのこの中では弾力が少ない方ですが、赤ちゃんには噛み切りにくい食材です。

その時期に食べられるほかの食材に慣れてから取り入れてみましょう。

まいたけを離乳食に使用する際は、やわらかいカサの部分を細かく刻んで使用します。

必ず加熱してやわらかくしてから与えましょう。

初めて与えるときは月齢の目安よりも小さい2~3mmくらいにカットして調理してください。

管理栄養士からのワンポイントアドバイス

まいたけは傷みやすいので、空気や水に触れないように密閉して、冷蔵保存します。

カサにつやがあり、割れていないものは鮮度のよいまいたけです。

どのくらいの量を食べさせたらよい?

子ども用スプーンのひとさじから始め、徐々に量を増やしていきましょう。

初めて与える場合は、少量をほかの食材と混ぜずに与えます。

管理栄養士からのワンポイントアドバイス

まいたけからおいしいだしがでるので、汁物や煮物に適しています。

軟飯と一緒に加熱をしてリゾットにしたり、少量のサラダ油やマヨネーズとからめ、加熱してソテーを作ることもできます

電子レンジでも作ることができますよ。

まいたけの大きさの目安

子どもの成長に合わせて、食材の大きさや固さを変えます。

まいたけの時期別の大きさの目安

まいたけの時期別の大きさの目安/表

© every, Inc.

下ごしらえのコツは?

・石づきを切り落として手で割く

・鍋で約2分間、やわらかくゆでる

管理栄養士からのワンポイントアドバイス

きのこは、洗わずに使うことが多いですが、離乳食の場合は、さっと洗って使った方が安心です。

まいたけはゆでると煮汁が黒くなりますが、これは含まれているポリフェノールによるもの。

そのままスープや炊き込みご飯のだしとして使えます。

沸騰してからではなく、水からゆでるとさらに旨味のあるだしを取ることができますよ。

食物アレルギーについて

まいたけは、まれに食物アレルギーを発症する危険性があります。

そのため、初めて食べる際は少量から始めましょう。

また、万が一食物アレルギーを起こした場合すぐに病院へ行けるよう、平日の午前中など医療機関に受診できる時間に与えるようにしましょう。

アレルギーについての注意点

レシピには、特定のアレルギー体質を持つ場合にアレルギー反応を引き起こすおそれのある食品を含む場合がございます。

また、初めて召し上がるお子さまには注意が必要ですので、様子を見ながら少量から食べさせてください。

[特定原材料] 卵、乳、小麦、えび、かに、そば、落花生

[特定原材料に準ずるもの] アーモンド、あわび、いか、いくら、オレンジ、キウイフルーツ、牛肉、くるみ、さけ、さば、大豆、鶏肉、バナナ、豚肉、まつたけ、もも、やまいも、りんご、ゼラチン、 ごま、カシューナッツ

必ず「料理を楽しむにあたって」の「乳幼児への食事提供について」を事前にご確認の上ご利用をお願いいたします。

料理を楽しむにあたって

誤飲や誤嚥による事故を予防するポイント

  • 離乳食は月齢の目安のサイズを参考に、食べやすい大きさにして与えましょう。

  • 一口の量は子どもの口に合った無理なく食べられる量にし、自分で手づかみ食べや、スプーンで食べる場合は、量が多くないか、咀嚼して飲み込んでいるか、様子をみましょう。

  • ミニトマト、豆類は、そのままの大きさだとのどに詰まる危険があります。カットして安全な大きさにしましょう。のどに張り付く餅、噛むことが難しいこんにゃくや野菜、固い食材も飲み込むことが難しくなります。

  • 誤って気管支に入りやすいピーナッツなどの固い豆・ナッツ類は、5歳以下の子どもには与えないでください。

  • 年長の子どもが、乳幼児にとって危険な食品を与えないよう注意しましょう。

写真提供:ゲッティイメージズ

※当ページクレジット情報のない写真該当