【妊娠後期のトラブル】前置胎盤 | MAMADAYS(ママデイズ)
MAMADAYS(ママデイズ)
前置胎盤

【妊娠後期のトラブル】前置胎盤

胎盤が子宮底でなく子宮口付近に認められます。出血に注意。
胎盤が子宮底でなく子宮口付近に認められます。出血に注意。

こんな症状

 胎盤はふつう子宮底にありますが、子宮口やその周辺に認められる場合を前置胎盤といいます。子宮口をどのくらいふさいでいるかで、全前置胎盤、部分前置胎盤、辺縁前置胎盤とに分けられます。

 前置胎盤は、子宮が収縮したとき胎盤と子宮壁にずれが生じてはがれるため、出血してしまいますが、早産とちがってほとんど痛みがありません。痛みのない出血が見られたらすぐに受診を。多くの場合は、入院して安静に過ごすことになります。

通常の胎盤

胎盤はふつう子宮底付近についています。

全前置胎盤

全前置胎盤は胎盤が子宮口をふさいています。

前置胎盤の時の出産方法

 妊娠初期や中期に超音波検査などで胎盤が子宮口の近くに位置しているように見えても、その後、子宮の下部がのび広がるので、胎盤が子宮口から遠くなる可能性があります。しかし、後期になっても子宮口のそばに胎盤がついている場合は要注意です。

 前置胎盤では、帝王切開出産となります。胎盤がはがれたあと、子宮からの出血が多いことがしばしばあり、輸血が必要となることが少なくありません。自分の血液での輸血が望ましいので、医師と相談を。出産が無事にすめば、赤ちゃんへの影響はありません。

写真提供:ゲッティイメージズ

※当ページクレジット情報のない写真該当

連載の目次

お気に入り

関連する記事