妊娠・出産期に注意したい主な感染症 | MAMADAYS(ママデイズ)
妊娠・出産期に注意したい主な感染症

妊娠・出産期に注意したい主な感染症

ママが感染症にかかっていると、赤ちゃんの成長に障害が出たり、産道を通る時に感染したりする場合があります。
ママが感染症にかかっていると、赤ちゃんの成長に障害が出たり、産道を通る時に感染したりする場合があります。

妊娠初期にわかる感染症

  • B型肝炎
  • C型肝炎
  • エイズ
  • 梅毒
  • 風疹
  • トキソプラズマ症
  • 成人T細胞白血病(ATL) 

 妊娠が確認されたら赤ちゃんが生まれる時に産道感染する病気や、赤ちゃんの発育に影響がある病気などを調べます。自覚症状がないものもあります。病院によって調べる項目は多少異なりますが、梅毒、風疹、B型肝炎、C型肝炎、エイズはほとんどの病院で調べます。 

妊娠経過の途中にかかる可能性のある感染症

  • インフルエンザ
  • 風疹
  • サイトメガロ
  • トキソプラズマ
  • O157
  • ノロ
  • りんご病
  • リステリア
  • はしか
  • 水ぼうそう
  • おたふくかぜ 

 妊娠中にかかると胎児に影響がある病気がいくつかあります。風疹やはしか、おたふくかぜ、水ぼうそうなど、自分ではかかったことがあると思っていても抗体のない場合があるので十分注意します。妊娠中はインフルエンザやノロウイルスなどの感染症にも十分注意しましょう。 

産道感染が問題になる感染症

  • エイズ
  • ヘルペス
  • B群溶連菌(GBS)感染症
  • B型肝炎
  • C型肝炎
  • 梅毒
  • クラミジア
  • 淋病
  • カンジダ外陰腟炎
  • 尖圭コンジローマ 

 産道に病原菌があると、赤ちゃんが産道を通る時に、その病気に感染する恐れがあるので必要に応じて検査や治療を行います。 

母乳から感染する感染症

  • エイズ
  • 成人T細胞白血病(ATL) 

 ママが感染していると、母乳をあげた時に、赤ちゃんが感染してしまうリスクがあります。 

写真提供:ゲッティイメージズ

※当ページクレジット情報のない写真該当

  • 出典

    最新版 はじめての妊娠・出産安心百科
    杉本充弘・木戸道子監修、主婦と生活社 ※情報は掲載時のものです
    http://www.shufu.co.jp

関連する記事

関連する記事