マタニティウェアはいつから?ふつう服の活用のコツ | MAMADAYS(ママデイズ)
MAMADAYS(ママデイズ)
マタニティウェア

マタニティウェアはいつから?ふつう服の活用のコツ

おなかが大きくなり、ふだん着ている服がきつくなってきたら、マタニティウェアに切り替えます。マタニティウェアには、おなかを締めつけない、簡単に脱ぎ着ができる、冷えを防止する、などといった機能があります。

マタニティウェアへの切り替えは、おなかのふくらみが目立ち始める、妊娠5か月めくらいに。

また、通販海外ブランドのマタニティウェアはおしゃれなデザインのものも多く、楽しく買い物ができるでしょう。

マタニティウェアの入手方法

最も多いのは、やはり新品の購入。百貨店などのマタニティコーナーで購入する場合もありますが、最近は出産・育児用品専門店やマタニティウェア専門店もふえています。百貨店に比べてリーズナブルなものが多いほか、マタニティインナーも併せてそろえられることが特徴です。

費用をできるだけ抑えたい場合は、友人や知り合いからお下がりをもらうことが多いようです。新品を探す前に周りの人に声をかけてみてはどうでしょう。

最近多いのがカタログ通販やインターネット通販を利用する方法です。外出しなくても家でショッピングを楽しめるので、つわりのひどい妊娠初期やおなかが大きくなって外出がままならなくなったら、ぜひ利用してみて。店頭で見るのと同じくらい種類も豊富なので、眺めているだけで気分転換ができます。

ほかにも、リサイクルショップやネットオークションを利用するのも賢い方法です。

From mama 私はこうして過ごしました

  • マタニティウェアでなく、海外ブランドのふつう服を着た。もともとサイズが大きいし、低価格のお店で気軽に買えてよかった
  • 短い妊娠期間のためにマタニティウェアを買うのはもったいないと思っていたが、産後も授乳しやすいので、今でも重宝している
  • おしゃれが好きなので、マタニティウェアを着るには抵抗があったが、ネット検索してみるとおしゃれなデザインが多くてびっくり。着心地もラクだし、出産してからもしばらく抜け出せそうにない!

ふつう服の活用

おなかが少し目立ち始めたけれど、まだマタニティウェアを買うほどではないという場合、もっているふつう服を活用することがきます。

パンツやスカートは、ウエストがゴムになっているものをはけば対応できます。まだおなかが出始めのときは、ふつう服のワンピースやジャンパースカートもゆったりと着ることができます。

また、チュニックのような丈の長いトップスはおなかが大きくなっても自然にカバーしてくれるので便利です。

チュニック

使えるふつう服あれこれ

Aライン

Aラインとは、首もとからすそにかけてだんだんと広がったデザインで、着ると全体のシルエットがAのような形になる服のことです。こういった、上が細く、下が太いデザインを着ることで、バランスがよく見えます。

Aラインの服は、おなかまわりに余裕があるため、おなかが目立ちにくいのが魅力です。

スパッツ

ぴったりフィットして動きやすいのがスパッツです。丈の長めなTシャツやニット、ワンピースに合わせてはけば、お出かけ着にもできます。

スパッツは、おなか近くまですっぽりとカバーしてくれるので、冷え対策になります。おなか部分が少しでもきつい気がしたら、ウエストサイズを変更しましょう。

ウエストゴム・ひもパンツ

ウエスト部分がゴムやひもになっているタイプのボトムなら、おなかが大きくなっていっても長さを調節することができます。

最近では、ボトムサイズを調節できるマタニティ用ベルトが売られています。

また、部屋着として、パパのハーフパンツを借りるのもよいでしょう。

ストレッチ素材

ストレッチ素材のカットソーやニットなら、妊娠初期から後期まで使えます。おなかが大きくなっても締めつけられないし、着心地のよいところも魅力です。

また、ストレッチ素材の服なら、産後も活躍してくれます。脱ぎ着がしやすく、授乳の際にも、おっぱいが取り出しやすくて便利なアイテムです。

巻きスカート

巻きスカートは1枚布なので、ウエストの調節が簡単なのが魅力です。締めつけがないので、ラクにはくことができます。

とめるところがないすその部分は、ピンなどでとめておくと防寒になります。寒い時期は厚めの生地を選びおなかが冷えないように気をつけます。

重ね着

夏場の暑い時期でも、室内では冷房が効いていてからだを冷やしてしまうので、はおりものは必ず持ち歩くようにします。

おなかを締めつけないラクな格好をこころがけつつも靴下は重ねばきをしたり、首もとはストールなどで暖めるなどして常に防寒を意識することが大事です。

From mama ふつう服の選び方

  • 「おなかを締めつけない」
    おなかまわりにゆとりがあり、ストンとしている服、ストレッチ素材で伸縮性のある服を選びます。
  • 「2シーズン着られる服」
    妊娠中はふたつの季節を過ごします。妊娠のために大きめのサイズの服を買うなら、季節を考え、重ね着することなどを考えて選びます。
  • 「小物を身につけておしゃれを」
    ふつう服といっても、着られる服は限られてしまいます。毎回着るパターンが決まってマンネリ化したときは、アクセサリーをつけると変化を楽しめます。
  • 「部屋着はパパの服」
    部屋にいるときは、サイズの大きいパパの服を借りて過ごすとよいです。トランクスを借りて下着がわりにしてもラク。

写真提供:ゲッティイメージズ

※当ページクレジット情報のない写真該当