【管理栄養士監修】離乳食のメロン|いつからはじめる? | MAMADAYS(ママデイズ)
MAMADAYS(ママデイズ)
【管理栄養士監修】離乳食のメロン|いつからはじめる?

【管理栄養士監修】離乳食のメロン|いつからはじめる?

やわらかな果肉と甘い香りや味わいが特長のメロン。カリウムやビタミンを含む果物です。
今回は赤ちゃんにメロンを与えられる時期や、下ごしらえのコツなどをご紹介します。
やわらかな果肉と甘い香りや味わいが特長のメロン。カリウムやビタミンを含む果物です。
今回は赤ちゃんにメロンを与えられる時期や、下ごしらえのコツなどをご紹介します。

メロンはいつから食べられる?

メロンは初期からOK!最初は水分で薄めた果汁から

メロンは離乳初期の生後5〜6ヶ月頃から与えることができます。

初期はまだ、メロンの繊維を噛みつぶせないので果汁から始めます。お茶パックや網などを使って果汁を絞ると簡単です。
ただ、初期の赤ちゃんには味が濃く、甘みが強いため、お湯で薄めてから与えましょう。

中期や後期になると少しずつ果実を食べられるようになります。
離乳中期の生後7〜8ヶ月頃は、果肉のやわらかい部分をフォークで潰したり2〜3mm角程度のみじん切りにします。
離乳食後期の生後9〜11ヶ月頃は約5mm角程度にカットして与えます。
完了期の1歳〜1歳6ヶ月頃は、食べやすい大きさにカットして与えましょう。

どのくらいの量を食べさせたらよい?

少ない量の、子ども用スプーンのひとさじから徐々に量を増やしていきます。
初めて与える場合は、ほかの食材と混ぜずに与えましょう。

離乳食の進め方についてはこちらの記事も参考にしてください。

赤ちゃんが生後5〜6ヶ月前後になったら、離乳食への移行を考え始める時期かもしれません。でも、一体どのくらいの量から始めたら良いの?食材は何から?とお悩みのママもいるかと思います。今回は生後5〜6ヶ月目の子どもを対象に、進め方の例やレシピなどをご紹介します。

メロンの固さや大きさの目安

子どもの成長に合わせて、食材の大きさや固さを変えます。

下の表の1回の目安量は、野菜と果物を合わせた全体の量として考えましょう。
甘いフルーツはメインのおかずではないので、料理に使用したり、そのまま食べるときも、1回の量が多くならないようにしましょう。

メロンの時期別の大きさ・固さの目安

メロンの時期別の大きさ・固さの目安/表

© 2015 every, Inc.

下ごしらえのコツは?

  • メロンを適当な大きさに切り、皮と種、スジを取る
  • お茶パックや網などを使って果汁をしぼる

食物アレルギーについて

メロンは、まれに食物アレルギーを発症する危険性があります。そのため、初めて与える際は少量から始めましょう。

また、万が一食物アレルギーを起こした場合すぐに病院へ行けるよう、平日の午前中など医療機関を受診できる時間に与えるようにしましょう。

写真提供:ゲッティイメージズ

※当ページクレジット情報のない写真該当