【赤ちゃんの嘔吐・下痢が主症状の病気】ロタウイルス性腸炎 | MAMADAYS(ママデイズ)
MAMADAYS(ママデイズ)
【赤ちゃんがかかりやすい嘔吐・下痢が主症状の病気】ロタウイルス性腸炎

【赤ちゃんの嘔吐・下痢が主症状の病気】ロタウイルス性腸炎

激しい嘔吐と下痢があり、白っぽくてすっぱいにおいのする便が出るのが特徴。
激しい嘔吐と下痢があり、白っぽくてすっぱいにおいのする便が出るのが特徴。

どんな病気?

 ロタウイルスに感染することによって起こる腸炎です。生後4〜5か月から2歳くらいまでの子がかかりやすく、乳幼児の冬の下痢の代表的なものです。毎年だいたい11月ころから流行し始めて、1~2月にピークを迎え、4月ころにおさまることが多いようです。ほかのウイルスでも同じような症状が見られることも。

治療とケア

 脱水を起こさないように水分を補給し、早めに病院へ行きましょう。脱水症状が強いと点滴を行います。便を介して感染するのでオムツ交換後は手を洗います。

写真提供:ゲッティイメージズ

※当ページクレジット情報のない写真該当