用意しておきたい時期別マタニティインナー | MAMADAYS(ママデイズ)
MAMADAYS(ママデイズ)
マタニティインナー

用意しておきたい時期別マタニティインナー

 マタニティインナーにはマタニティブラジャー、マタニティショーツ、腹帯やガードル、防寒用のインナー、そしてマタニティ用のストッキングやタイツがあります。

 マタニティウェアはふだんの服でも活用できるものが多いですが、インナーは肌に直接ふれるものなので、着心地のよいものがよいでしょう。産後も長く使えるものを選びます。

ソフトタイプブラ

用意しておきたいインナー

妊娠初期

 妊娠から2〜4か月のこの時期は、体調の変化が激しい時期。このころから、マタニティインナーに切り替えましょう。とくに、乳腺の発達を傷つけないマタニティブラジャーや、大きくなる胸をサポートするマタニティハーフトップに替えることをおすすめします。

妊娠中期

 妊娠から5〜7か月は、安定期に入り、どんどんおなかも大きくなります。マタニティインナーは、肌に食いこまない着心地のよいものを選びます。防寒だけでなく、おなかを支える役割も果たすので、腰への負担を軽減してくれます。

妊娠後期

 この時期は、いよいよ出産にそなえて入院の準備をします。

 産褥ショーツは、股下が開閉できるショーツで、産褥ニッパーは、産後直後から使用できる、骨盤引き締めのアイテムです。ともに用意しておいて損はありません。

出産前

 産後に体型を戻すためのアイテムを用意します。

 出産直後は、からだに柔軟性があり妊娠前の体型に戻しやすいので、無理をしない程度であれば補正下着をつけてもよいでしょう。

From mama 私はこれを使いました

  • 私は、股上の深いショーツに違和感があったので、臨月までふつうのショーツをはいていた。防寒は腹巻きで補ったが、問題なかった
  • 妊娠中は、スポーツブラジャーのようなハーフトップをつけた。とてもラクだし、何より値段もお手ごろなので何枚も買って愛用していた
  • 一応形式的にやっておくという気持ちで腹帯をしてみたが、これが正解! つけてみると重たいおなかを支えられている感覚でだいぶラクになった

いろいろなマタニティブラジャー

 基本的に産後もそのまま使えるように授乳機能がついたものがほとんどです。

産前用ブラジャー

 出産までの2カップのバストアップに対応できるようつくられた、伸縮性にすぐれたカップとやわらかいワイヤーが特徴です。ホックは4段階調節ができるので、アンダーバストの変化にも対応できます。ストラップが太く、ワイヤーの入っていないハーフトップタイプのものもあります。

授乳にも対応できるブラジャー

 妊娠中だけでなく、産後の授乳期にも長く使えるブラジャーです。ブラジャーの前にボタンがついていて、ボタンを外すことで胸を出せる「フロントオープンタイプ」、カップが前で左右交差していて、ホックやボタンがなくてもカップをずらすだけで授乳できる「クロスオープンタイプ」など、さまざまな種類があります。

そのほかのマタニティインナー

防寒用インナー

 妊娠中は、とくにからだを冷やさないよう気をつけなければいけません。吸湿・発熱素材のインナーを着用して、防寒しましょう。

マタニティ用ストッキング・タイツ

 おなかが大きくなったら、ふだんのストッキングでは締めつけが強く、苦しいもの。マタニティ用のストッキングやタイツは、おなかを締めつけない構造になっており、やさしくおなかにフィットします。

腹帯

 さらしを巻く従来のタイプだけではなく、ガードルタイプのものや腹巻きタイプのものもあって便利です。

腹巻きタイプ

腹帯は本当に必要?

 日本には古くから、妊娠5か月の戌の日に腹帯を巻くという風習があります。多産でお産の軽い犬にあやかって、安産祈願をするのです。木綿素材のさらしタイプのもの、面ファスナー式のものなどさまざまですが、つけて苦しい、着心地が悪いと感じたらつけなくてもかまいません。

From mama 腹帯の巻き方

  1. さらしを横長になるように半分に折り、巻物のように巻いておく。
    さらしの端の部分を下腹の中心につけ、そのまま一周させる。
  2. 巻き始めの端部分を折り返して、もう一周巻きつける。巻き終わりが下腹の中心にきたところで、そこに片手を置き、巻き終わりのさらしを上に折り返す。
  3. そのまま、また一周巻きつけ、片手を差し込んで、というように下から上へくり返し巻いていく。
  4. さらしが最後まで巻けたら、巻き終わりの端を中に織りこむ(安全ピンなどで止めてもよい)。

写真提供:ゲッティイメージズ

※当ページクレジット情報のない写真該当