【管理栄養士監修】離乳食のヨーグルト|いつから始める? | MAMADAYS(ママデイズ)
MAMADAYS(ママデイズ)
【管理栄養士監修】離乳食のヨーグルト|いつから始める?

【管理栄養士監修】離乳食のヨーグルト|いつから始める?

ヨーグルトは、たんぱく質やカルシウムを含み、ほのかな酸味となめらかな食感が特徴です。
原材料に乳製品を使用しているため、食物アレルギーに注意しながら取り入れましょう。
今回は、赤ちゃんにヨーグルトを与えられる時期や、選び方のポイントや注意点などをご紹介します。
ヨーグルトは、たんぱく質やカルシウムを含み、ほのかな酸味となめらかな食感が特徴です。
原材料に乳製品を使用しているため、食物アレルギーに注意しながら取り入れましょう。
今回は、赤ちゃんにヨーグルトを与えられる時期や、選び方のポイントや注意点などをご紹介します。

ヨーグルトはいつから食べられる?

離乳中期からOK。乳製品のスタートにぴったりの食材!

ヨーグルトとは、乳酸菌や酵母を加えて牛や羊、やぎなどの乳を凝固させた発酵食品です。一般的には牛乳を発酵させて作られ、牛乳の栄養成分と乳酸菌の働きが期待できる食品です。


赤ちゃんには、離乳中期の生後7〜8ヶ月頃から与えることができます。

消化吸収に優れ、乳製品のスタートにぴったり。加熱せずに調理に使えるのもうれしいポイント。上手に取り入れていきたい食材の一つです。


離乳食でヨーグルトを使う際は、無糖タイプのプレーンヨーグルトを選びましょう。


ヨーグルトは、加熱などの下ごしらえなしでそのまま与えることができます。

果物や野菜と和えることで味の幅も広がり、ほかの食材を引き立てる調味料としても使えます。

管理栄養士からのワンポイントアドバイス

ヨーグルトは肉や魚などパサつきがちな食材に合わせると、とろみがつき、食べやすくなります。

またヨーグルトの酸味が気になるときは、果物の甘さを加えると食べやすくなったり、野菜や果物とのヨーグルトソースも料理に加えると風味やとろみで食べやすくなります。

ぜひそのままだけでなく料理にも使用してみましょう。

食物アレルギーについて

ヨーグルトは、原材料に生乳などを使用している乳製品です。

乳製品は、特に食物アレルギーが出やすい食品です。

そのため、初めて与える際は少量から始めましょう。

また、万が一食物アレルギーを起こした場合でもすぐに病院へ行けるよう、平日の午前中など医療機関を受診できる時間に与えるようにしましょう。

どのくらいの量を与えたらよい?

子ども用スプーンのひとさじから始め、徐々に量を増やしていきましょう。

初めて与える場合は、少量をほかの食材と混ぜずに与えます。

ヨーグルトの1回あたりの目安量

子どもの成長に合わせて、食材を与える量を変えます。

ヨーグルトの時期別・1回あたりの目安量

ヨーグルトの時期別の大きさ・固さの目安/表

© 2015 every, Inc.

ヨーグルトを選ぶときのポイント

離乳食に使用するヨーグルトの選び方のポイントをご紹介します。

  • プレーン(無糖)タイプを選ぶ
  • できるだけ乳幼児用を使用する
  • はちみつ入りは1歳を過ぎるまで絶対に使用しない

管理栄養士からのワンポイントアドバイス

製品によっては酸味が気になるものもありますが、大人と同じヨーグルトを使用します。

手に入るようであれば、乳幼児用を使用してもよいでしょう。


加糖タイプのヨーグルトは糖分が多い点や、食べやすく量を多く食べてしまうため、最初から与える製品ではありません。加糖タイプのヨーグルトは1歳以降に与えるのがベストです。


また、はちみつ入りのヨーグルトは、1歳未満の赤ちゃんには絶対に与えないようにしましょう。

はちみつにはボツリヌス菌という細菌が含まれており、「乳児ボツリヌス症」という感染症にかかってしまう危険性があります。「乳児ボツリヌス症」とは、乳児特有の感染症で、まれに死に至るケースもあるため厳しく制限されています。

この菌は熱に強いのも特徴です。1歳までは熱を加えたとしても与えるのはNGです。


さらに、衛生面で気をつける点もあります。

大人と同じヨーグルトを使用する場合、開封後離乳食に使用し、その後の保存時に、口をつけたスプーンをヨーグルトに入れないようにします。

また、長期保存しないなど、菌の繁殖に気をつけて使用しましょう。

ヨーグルトを使った簡単レシピ

レンジで簡単にチーズケーキを作ってみませんか?

作り方はとっても簡単。材料を混ぜてレンチンするだけで出来上がりです。

たんぱく質やカルシウムが多く含まれているクリームチーズとヨーグルトを使っています。

レンジで簡単にチーズケーキを作ってみませんか!?
作り方は超簡単!材料を混ぜてレンチンするだけ!
たんぱく質やカルシウムが多く含まれているクリームチーズとヨーグルトを使っています。

注意事項

食材は、特定のアレルギー体質を持つ場合に、アレルギー反応を引き起こすおそれがあります。

初めての食材を食べる子どもには十分注意が必要です。様子を見ながら少量から与えてください。

[特定原材料]

卵、乳、小麦、えび、かに、そば、落花生

[特定原材料に準ずるもの]

アーモンド、あわび、いか、いくら、オレンジ、キウイフルーツ、牛肉、くるみ、さけ、さば、大豆、鶏肉、バナナ、豚肉、まつたけ、もも、やまいも、りんご、ゼラチン、 ごま、カシューナッツ

離乳食を調理する前に、「料理を楽しむにあたって」の「乳幼児への食事提供について」を事前にご確認の上ご利用をお願いいたします。

※料理を楽しむにあたって

誤飲や誤嚥による事故を予防するポイント

  • 離乳食は月齢の目安のサイズを参考に、食べやすい大きさにして与えましょう。

  • 一口の量は子どもの口に合った無理なく食べられる量にし、自分で手づかみ食べや、スプーンで食べる場合は、量が多くないか、咀嚼して飲みこんでいるか、様子をみましょう。

  • ミニトマト、豆類はそのままの大きさだと喉に詰まる危険があります。カットして安全な大きさにしましょう。のどに張り付く餅、噛むことが難しいこんにゃくや野菜、固い食材も飲み込むことが難しくなります。

  • 誤って気管支に入りやすいピーナッツなどの固い豆・ナッツ類は、5歳以下の子どもには与えないでください。

  • 年長の子どもが、乳幼児にとって危険な食品を与えないよう注意しましょう。

写真提供:ゲッティイメージズ

※当ページクレジット情報のない写真該当

お気に入り

関連する記事