【管理栄養士監修】離乳食の魚肉ソーセージ|いつから始める? | MAMADAYS(ママデイズ)
MAMADAYS(ママデイズ)
【管理栄養士監修】離乳食の魚肉ソーセージ|いつからはじめる?

【管理栄養士監修】離乳食の魚肉ソーセージ|いつから始める?

魚肉ソーセージは、白身魚のすり身を主原料とした加工食品です。
長い期間保存ができるため、常備しておける便利な食材です。
今回は、赤ちゃんに魚肉ソーセージを与えられる時期や、下ごしらえのコツなどをご紹介します。
魚肉ソーセージは、白身魚のすり身を主原料とした加工食品です。
長い期間保存ができるため、常備しておける便利な食材です。
今回は、赤ちゃんに魚肉ソーセージを与えられる時期や、下ごしらえのコツなどをご紹介します。

魚肉ソーセージはいつから食べられる?

少量を完了期から。塩分と添加物控えめなものを選んで

魚肉ソーセージは、スケトウダラなどの白身魚に塩を加えてすり身にし、調味料などを加えた加工食品です。


市販されている魚肉ソーセージには、離乳食期の赤ちゃんには避けたい食品添加物や塩分が含まれているものもあります。

そのままでは赤ちゃんにとって味が濃すぎたり、塩分が多いと赤ちゃんの消化器官への負担が多くなったりと、体への影響も気になります。

できるだけ「無添加」と表示のあるものか、添加物控えめのもの、乳幼児向けに塩分を控えめにした魚肉ソーセージを選びましょう。


魚肉ソーセージを与える場合、離乳完了期の1歳〜1歳6ヶ月頃を目安に、下ゆでをした魚肉ソーセージを少量使用する程度にしましょう。

また、必ず離乳完了期に与えなくてはならない食材ではありません。

まずは加工されていない魚に慣れてから与えるようにしましょう。

食物アレルギーについて

魚肉ソーセージは、原料に卵が使用されている場合があるほか、原料となっている魚がエビやカニを食べていることがあるため、食物アレルギーを発症する危険性があります。

そのため、初めて与える際は少量から始めましょう。

また、万が一食物アレルギーを起こした場合でもすぐに病院へ行けるよう、平日の午前中など医療機関を受診できる時間に与えるようにしましょう。

どのくらいの量を与えたらよい?

魚肉ソーセージは表面がつるんとしているうえ、弾力があるため赤ちゃんには噛み切りにくく、喉につまらせやすい食材です。

初めて与える場合は、誤って飲み込んでしまっても喉につまらないよう、小さくカットしましょう。


子ども用スプーンひとさじ分の量から始め、徐々に量を増やします。

魚肉ソーセージに使われることの多いタラは、エビやカニを食べていますのでアレルギーがある場合は取り扱いに注意してください。

塩分控えめのものか、塩抜きをすることも忘れないようにしましょう。

管理栄養士からのワンポイントアドバイス

魚肉ソーセージは塩分を含む食材です。

塩分控えめの魚肉ソーセージや塩抜きをした場合でも、料理に使用するときはほかの味つけは控えめにしましょう。

そのまま使う場合は、魚肉ソーセージのみで料理全体の味つけになるようにするのがおすすめです。


また、本来の魚の味とはちがいます。与える頻度も、たまに使用する程度にとどめておきましょう。

魚肉ソーセージの大きさや量の目安

子どもの成長に合わせて、与える魚肉ソーセージの大きさや量を変えます。

魚肉ソーセージの時期別の大きさ・量の目安

魚肉ソーセージの時期別の大きさ・量の目安/表

© every, Inc.

下ごしらえのコツは?

  • 魚肉ソーセージを、喉につまらないよう小さくカットする
  • 鍋に水を入れ沸騰させる
  • 鍋に魚肉ソーセージを入れ、火を止めて1分待つ
  • 鍋から取り出した魚肉ソーセージを水に1分浸し、水気を切る
  • 塩抜きした魚肉ソーセージを料理に使う

管理栄養士からのワンポイントアドバイス

魚肉ソーセージは、喉につまらせてしまうことがないよう、厚さ約5mmで1cm大、または長さ1~2cmの細切り程度に小さくカットします。


離乳完了期(1歳~1歳6ヶ月頃)の1回あたりの目安量、約15~20gの魚肉ソーセージだけでは、1食の主菜の良質たんぱく質量としては少ないです。

ほかに、卵なら1/4個、豆腐なら約25g、魚や肉なら約10g、ヨーグルトなら約50g程度を組み合わせて与えるのがおすすめです。

アレルギーについての注意点

レシピには、特定のアレルギー体質を持つ場合にアレルギー反応を引き起こすおそれのある食品を含む場合がございます。

また、初めて召し上がるお子さまには注意が必要ですので、様子を見ながら少量から食べさせてください。

[特定原材料] 卵、乳、小麦、えび、かに、そば、落花生

[特定原材料に準ずるもの] アーモンド、あわび、いか、いくら、オレンジ、キウイフルーツ、牛肉、くるみ、さけ、さば、大豆、鶏肉、バナナ、豚肉、まつたけ、もも、やまいも、りんご、ゼラチン、 ごま、カシューナッツ

必ず「料理を楽しむにあたって」の「乳幼児への食事提供について」を事前にご確認の上ご利用をお願いいたします。

料理を楽しむにあたって

誤飲や誤嚥による事故を予防するポイント

  • 離乳食は月齢の目安のサイズを参考に、食べやすい大きさにして与えましょう。

  • 一口の量は子どもの口に合った無理なく食べられる量にし、自分で手づかみ食べや、スプーンで食べる場合は、量が多くないか、咀嚼して飲み込んでいるか、様子をみましょう。

  • ミニトマト、豆類は、そのままの大きさだとのどに詰まる危険があります。カットして安全な大きさにしましょう。のどに張り付く餅、噛むことが難しいこんにゃくや野菜、固い食材も飲み込むことが難しくなります。

  • 誤って気管支に入りやすいピーナッツなどの固い豆・ナッツ類は、5歳以下の子どもには与えないでください。

  • 年長の子どもが、乳幼児にとって危険な食品を与えないよう注意しましょう。