【医師監修】赤ちゃんの水分補給はミルクだけでOK?ベビー麦茶はいつから? | MAMADAYS(ママデイズ)
MAMADAYS(ママデイズ)
【医師監修】赤ちゃんの水分補給はミルクだけでOK?ベビー麦茶はいつから?

【医師監修】赤ちゃんの水分補給はミルクだけでOK?ベビー麦茶はいつから?

赤ちゃんの水分補給、暑い夏はもちろん、暖房で乾燥する冬も「母乳やミルクだけで水分量は十分?」「お茶や水は飲まなくてもいいの?」と不安なママやパパは多いのではないでしょうか。そこで今回は、赤ちゃんの水分補給の考え方や、ベビー麦茶の与え方をご紹介します。
赤ちゃんの水分補給、暑い夏はもちろん、暖房で乾燥する冬も「母乳やミルクだけで水分量は十分?」「お茶や水は飲まなくてもいいの?」と不安なママやパパは多いのではないでしょうか。そこで今回は、赤ちゃんの水分補給の考え方や、ベビー麦茶の与え方をご紹介します。

赤ちゃんの水分補給は母乳やミルクだけでOK?

母乳やミルク以外で赤ちゃんの水分補給として思い浮かぶのは、湯冷ましや麦茶や水という人も多いことと思います。赤ちゃん用のカフェインゼロの麦茶を見かけることもあるのではないでしょうか。

粉ミルク

© 2015 every, Inc.

離乳食が始まる5~6ヶ月頃までは、水分補給も母乳かミルクで大丈夫です。

なぜなら、母乳やミルク以外のものを与えると、それでお腹がいっぱいになってしまい、本来飲むべき母乳やミルクの量が減ってしまうことで栄養不足になる可能性があるからです。

お茶や水は水分補給にはなりますが、母乳やミルクのような栄養補給にはなりません。麦茶だけでなく、果汁やイオン飲料も同様です。

ベビー麦茶はいつから飲める?

ベビー麦茶はいつから飲める?

© 2015 every, Inc.

それでは赤ちゃん用の麦茶はいつから飲めるのでしょうか。

ベビー麦茶のパッケージには、生後1ヶ月以降からと書かれているものもありますが、基本的には先ほど述べたように離乳食が始まる生後5〜6ヶ月頃から与えるのがよいとされています。

ベビー麦茶の役割や特徴

赤ちゃん用のベビー麦茶は、赤ちゃんが飲みやすいように作られています。また、大人が飲む一般的な麦茶とは違うため、まずはベビー麦茶の特徴や種類などについてお話します。

ベビー麦茶の役割

麦茶はカフェインゼロの飲み物です。赤ちゃん用に作られているベビー麦茶は、食事のときや水分補給のときに安心して利用できます。

大人の麦茶との違い

大人の麦茶は煮出してそのまま飲むため、苦味があったり味が濃かったりします。

その点赤ちゃん用のベビー麦茶は薄く作ってあるため、大人用の麦茶よりもまろやかな優しい味で赤ちゃんが飲みやすくなっています。

ベビー麦茶の種類

ベビー麦茶は、主に以下のように4つのタイプに分かれます。

ベビー麦茶の種類

© 2015 every, Inc.

ペットボトルや紙パックは、お出かけのときに持って行くのを忘れても、スーパーなどで購入できてすぐに飲めるため便利です。

ただし、すでに口をつけて飲みきれない場合、そのまま放置したり冷蔵・冷凍保存したりすると、口の中の細菌が麦茶の中で繁殖する可能性もあるため、赤ちゃんに与えないようにしましょう。

煮出した麦茶で、作ってからすぐに冷凍したものを、解凍して与えるなら問題ありません。冷たいまま与えるとお腹をこわすことがあるため、人肌程度に温めるか常温で飲ませてあげましょう。

ベビー麦茶の与え方

ベビー麦茶の与え方

© 2015 every, Inc.

赤ちゃんに麦茶を与える場合の量や与え方などについてお話します。

量はどのくらい?

麦茶を与える量は、赤ちゃんの1日の離乳食や母乳、ミルクを飲む量が減らない程度が理想です。初めてのときは、アレルギーを引き起こす可能性もあるため、離乳食のときと同様に小さじ1杯程度から与えるのが目安です。

どのように?

哺乳瓶で与えてもよいのですが、直接母乳しか飲んだことがない場合は哺乳瓶を嫌がることがあります。そんなときには離乳食用のスプーンで与えるとよいでしょう。

温度はミルクと同じ人肌程度(37度前後)に温めてください。夏などに暑いからといって、冷たい麦茶を与えるとお腹をこわす可能性もあるので注意しましょう。

ベビー麦茶の選び方

赤ちゃん用麦茶の種類の選び方は、量や用途、赤ちゃんの月齢によって違います。

ベビー麦茶は薄める必要がありません。1日1回の離乳食のときに与えるなら、粉末の麦茶が便利です。2回食、3回食となり、月齢が高くなるとその分量も増えますので、ペットボトルの麦茶を分けると使いやすいでしょう。

また、お出かけのときには、紙パックを利用したり慣れてきたらマグに麦茶を入れたりしてもよいですね。

大人用の麦茶を煮出して作った麦茶は、味が濃く苦みがあるため、赤ちゃんには合わないこともあります。

赤ちゃんに与える麦茶の種類は月齢や麦茶を飲ませるシーンに合わせて選べるとよいですね。

_______

赤ちゃんの水分補給には、湯冷ましのほか、カフェインゼロの麦茶が最適ですが、離乳食を開始したばかりや生後半年までの赤ちゃんには母乳かミルクで十分です。

離乳食が始まって慣れてきたら、食事のときを中心に少しずつ麦茶を与えてみましょう。ただし、初めのうちは離乳食、母乳やミルクの量が極端に減るような与え方をしないように注意が必要です。

粉末やペットボトル、紙パックなどさまざまなタイプのベビー麦茶が販売されていますので、用途に合わせて選んでくださいね。

お気に入り

関連する記事