【医師監修】無痛分娩にまつわるQ&A 痛みはどのくらい?メリット・デメリットは? | MAMADAYS(ママデイズ)
【医師監修】無痛分娩にまつわるQ&A 痛みはどのくらい?メリット・デメリットは?

【医師監修】無痛分娩にまつわるQ&A 痛みはどのくらい?メリット・デメリットは?

最近では導入している産院も増えてきた無痛分娩ですが、痛みの強さなどやメリット・デメリットなど、気になることもありますよね。今回は、そんな無痛分娩の疑問についてお答えします。自分自身に合った分娩方法や産院選びの参考にしてくださいね。
最近では導入している産院も増えてきた無痛分娩ですが、痛みの強さなどやメリット・デメリットなど、気になることもありますよね。今回は、そんな無痛分娩の疑問についてお答えします。自分自身に合った分娩方法や産院選びの参考にしてくださいね。
無痛分娩は痛くない?痛みはどのくらい?
  • 痛みがゼロになるとは限りません。
    「無痛」という言葉も入っているくらいなので、全く痛くないのだろうと想像する人も多いかもしれませんが、無痛分娩だからといって確実に痛みがゼロになるとは限りません。
    痛みの感じ方にはかなり個人差があります。たとえば同じ注射でも「全然痛くない」と思う人と「痛くてもう嫌だ」と思う人がいます。
    陣痛が始まったばかりの頃は痛みが比較的軽いのですが、お産が進んでくると痛みは強くなり範囲も広がります。無痛分娩ではお産が進行してきてから麻酔を使用するので、軽い痛みの間は陣痛を感じます。進行してきてからは麻酔をしっかり効くようにします。赤ちゃんが産まれるときは、お母さんも笑顔でいられることがほとんどです。
具体的に痛いタイミングはいつ?
  • 人によってさまざま。たとえば、点滴、麻酔、陣痛、赤ちゃんが出てくるタイミングなど。
    無痛分娩に限らず、分娩時に点滴をすることが多いのですが、無痛分娩では必ず点滴をします。無痛分娩の方法は、硬膜外麻酔か脊髄くも膜下硬膜外併用麻酔が多く行われています。
    点滴や硬膜外麻酔チューブを入れるときは少し痛みを感じますが、入ってしまえば痛みはありません。
    お産が進んできたことを確認してから麻酔を使用します。目安は子宮口5cmといわれていますが個人差があります。お産の進行状況(子宮口の柔らかさ、赤ちゃんの頭がどのくらい降りているか、など)を総合的に判断します。
    麻酔効果が十分に現れるとお腹が張っているのに痛みがなくなることを感じます。赤ちゃんの頭が下降してくると痛みの場所も変化し、子宮収縮も強くなっていきます。麻酔がなければとても痛い時期ですが、麻酔をしていると圧迫感程度になります。
    麻酔薬はチューブから注入できるので分娩の進行具合により調整できます。
無痛分娩のメリットは?
  • ほとんどの場合、痛みが軽くなります。
    まずはやっぱり痛みが軽くなることです。痛みの感じ方には上にも述べた通り個人差がありますが、無痛分娩をしないとするでは大きな違いがあり、全く痛みを感じず分娩になることもあります。産後の回復が早かったという感想も聞くことがあります。
    また、合併症のある妊婦さんにとっては負担を軽くすることができます。また痛みだけでなく、お産に対して不安や恐怖心もかなり軽減されることが多いようです。初産はもちろん、2、3回目でもお産は不安です。あらかじめ「痛みが和らぐ」とわかっているのは安心材料になりえます。
無痛分娩のデメリットは?
  • 分娩時間が長くなったり、吸引や鉗子を使う確率が高まります。
    無痛分娩を実施することで分娩所要時間が長くなることがあります。
    また、吸引分娩や鉗子分娩が増えることがあります。この理由は明らかになっていませんが、一説では麻酔の影響でお母さんのいきむ力が弱くなるためといわれています。
    また頻度としては低いですが、麻酔使用に対する副作用として、頭痛、血液中の麻酔薬の濃度が高くなる局所麻酔中毒、くも膜下に麻酔薬が入る高位脊髄くも膜下麻酔、足のしびれなどが起こる可能性もあります。合併症に対しては適切な処置を行います。
無痛分娩当日は食事は取れる?
  • 原則食事は取れません。
    飲料水に関しては、少量のお水やお茶であれば、可能な場合もあります。
会陰切開をすることはある?
  • 正常分娩同様に会陰切開をする場合もあります。
    普通の分娩と同じで、する場合もしない場合もあります。
    デメリットで紹介した吸引分娩や鉗子分娩では会陰切開をする場合が多いです。
和痛分娩との違いは?
  • 厳密な決まりは現段階ではありません。
    産院によって無痛分娩、和痛分娩、除痛分娩など呼び方が異なりますが、これらの違いに厳密な決まりは現段階ではありません。
初産と2回目以降の出産の違いはある?
  • 分娩方法に関係なく、1回目よりも2回目以降のお産のほうが進みが早い傾向にあります。
    その点で経産婦は、麻酔薬を導入して効果が出るまでの間に、お産が一気に進む可能性があります。そのため、麻酔薬が効くまでの間にかなりの痛みを感じたり、効いたとしても麻酔薬の効果以上に痛みを感じる場合もあります。早めに麻酔を使用すれば全く痛みなく分娩になることもあります。
    2回目以降の出産で無痛分娩を希望する場合は、前回出産時の様子を丁寧に問診した上で、場合によっては少し早めに麻酔薬を導入することもあります。

産婦人科医 原先生のひとこと

海外では分娩のうち60~80%を無痛分娩が占めている国もありますが、日本はたった6%前後です。

日本にはまだ「お腹を痛めた子ども」などと陣痛を美化する傾向もあります。しかし、私は30年以上無痛分娩を提供していますが、みなさん無痛分娩であっても立派に子育てをされています。

高年齢での妊娠・出産の増加に伴い合併症の発生割合も増えている今、無痛分娩で出産時の痛みのストレスを減らすことのメリットは大きいといえます。赤ちゃんが産まれる瞬間をしっかりみられることもよいポイントです。

無痛分娩のできる施設が増え、日本に無痛分娩が広まることを願っています。

写真提供:ゲッティイメージズ

※当ページクレジット情報のない写真該当

関連する記事

関連する記事