【医師監修】授乳中、お酒を飲んではだめ?母乳へのアルコールの影響は? | MAMADAYS(ママデイズ)
MAMADAYS(ママデイズ)
【医師監修】授乳中、お酒を飲んではだめ?母乳へのアルコールの影響は?

【医師監修】授乳中、お酒を飲んではだめ?母乳へのアルコールの影響は?

毎日24時間育児をしていると、ママも息抜きとしてお酒を飲みたいときもあるかもしれません。ただし、授乳中の場合は赤ちゃんが飲む母乳への影響が気になりますよね。今回は、母乳育児中のアルコールの影響、どうしても飲みたいときのお酒の量や時間の目安について説明します。
毎日24時間育児をしていると、ママも息抜きとしてお酒を飲みたいときもあるかもしれません。ただし、授乳中の場合は赤ちゃんが飲む母乳への影響が気になりますよね。今回は、母乳育児中のアルコールの影響、どうしても飲みたいときのお酒の量や時間の目安について説明します。

授乳中、ママがお酒を飲んだときの赤ちゃんへの影響は?

赤ちゃんへの影響は未知数

母乳はママの血液からできています。

ママがお酒を飲むことで、体内の血中アルコール濃度、つまり血液の中に含まれるアルコールの割合が増えます。そのアルコールの含まれた血液でできた母乳を赤ちゃんが飲むと、間接的に赤ちゃんもアルコールを摂取することになります。

赤ちゃんが母乳を通してアルコールを摂取することで、一時的に意識障害に陥ったり、ホルモンバランスが崩れる可能性がありますが、赤ちゃんがアルコールを具体的にどれくらい摂取すると、どのような症状が発生するか、長期的にみてどのように成長や発達に影響がでるのかは明らかになっていません。

言い換えると、授乳中にママがアルコールを飲むと、それが少量であっても母乳を介して赤ちゃんに影響する可能性がありますが、どれくらいの量で、どの程度の影響があるかは未知数ということです。

しかし、発育中の子どもがアルコールを飲まないほうがよいことは認識されており、これは授乳中の赤ちゃんにも当てはまると考えられます。

そのため、授乳中は飲酒を控えることが推奨されています。

母乳を与えていて、どうしても飲酒したいときは?

基本は禁酒 アルコール濃度、量、時間の目安は参考程度に

授乳中はアルコールを飲まないほうがよいとわかっていても、毎日育児をしていると「少し飲みたいな」と思うこともあるかもしれません。

日本産婦人科医会は、授乳中の禁酒が望ましいとの前提のもとで、飲酒してしまった場合は飲酒後2時間以上あけて授乳することを推奨しています。(※1)

またアメリカの小児科学会では、授乳中のアルコール摂取はできるだけ控えることを前提として、許容量は体重60㎏の人でビール2缶、またはグラスワイン1杯程度(アルコール0.5g/母親の体重1㎏)程度で、飲んだあとは次の授乳まで2時間以上空け、母親がアルコールの影響を感じなくなるまで待つべきだとしています。(※2)

しかし、そもそもアルコールの代謝にはかなり個人差があります。いわゆるお酒に強い人と弱い人、残りやすい人とそうでない人がいます。

つまり一概にはどれくらいの量で何時間後からは必ず大丈夫とは言い切れず、あくまでも目安の一つにしか過ぎません。

_______

授乳中のアルコール摂取は、大前提としてできるだけ控えるべきです。

摂取する場合は自己責任の元、飲酒後から次の授乳までなるべく時間を空ける必要があります。

赤ちゃんがアルコールを含んだ母乳を飲まないにこしたことはないという認識を持って、上手にお酒と付き合っていきましょう。

参考:

※1 関沢 明彦、産婦人科ゼミナール 関沢教授の周産期講座 「10.妊娠中の飲酒について」、公益社団法人日本産婦人科医会 (2020年6月17日閲覧)

※2 American Academy of Pediatrics、「POLICY STATEMENT Breastfeeding and the Use of Human Milk」、2012

写真提供:ゲッティイメージズ

※当ページクレジット情報のない写真該当