【管理栄養士監修】離乳食のわかめ|いつから始める? | MAMADAYS(ママデイズ)
MAMADAYS(ママデイズ)
【管理栄養士監修】離乳食のわかめ|いつから始める?

【管理栄養士監修】離乳食のわかめ|いつから始める?

海藻類であるわかめは、生食や乾燥品などさまざまな種類があります。
ナトリウムやカリウム、食物繊維などをバランスよく含みます。
今回は、赤ちゃんにわかめを与えられる時期や、簡単レシピなどをご紹介します。
海藻類であるわかめは、生食や乾燥品などさまざまな種類があります。
ナトリウムやカリウム、食物繊維などをバランスよく含みます。
今回は、赤ちゃんにわかめを与えられる時期や、簡単レシピなどをご紹介します。

わかめはいつから食べられる?

わかめは離乳中期から。やわらかく煮て細かく刻んで

わかめは、離乳中期の生後7〜8ヶ月頃から与えられる食材です。
繊維が多いため、赤ちゃんには噛み切りにくい食材です。初めのうちは、やわらかく煮て細かく刻んで使用しましょう。

わかめはさまざまな製品があります。
生のわかめや、生わかめを塩漬けしている「塩蔵わかめ」、乾燥させたわかめなど、どのわかめを使用したらよいか迷うかもしれません。

離乳食では、やわらかく煮て細かく刻んで使用するため、調理しやすい生わかめがおすすめです。
それぞれの下ごしらえの方法は、このあとの「種類別下ごしらえの方法」でご紹介します。

管理栄養士からのワンポイントアドバイス

離乳食が進み、少し大きいサイズにして与える際、赤ちゃんによっては食べにくい場合があります。
うすくて大きいものは口に中に張り付いたりすることがあります。サイズには注意して与えましましょう。

どのくらいの量を与えたらよい?

わかめを含んだ料理を、少ない量の子ども用スプーンのひとさじから徐々に量を増やしていきます。

わかめはヨウ素を含み、ヨウ素には1日の摂取量に目安量や上限量がありますが、通常の使用量であれば問題ありません。

わかめの大きさや量の目安

子どもの成長に合わせて、食材の大きさや量を変えます。

下の表の1回の目安量は、野菜や果物を合わせたビタミン・ミネラルの全体の量として考えましょう。

わかめの時期別の大きさ・1回あたりの目安量

わかめの時期別の大きさ・1回あたりの目安量/表

© 2015 every, Inc.

種類別わかめの下ごしらえの方法

わかめにはいくつか種類があり、それぞれ下ごしらえの方法が異なります。

乾燥わかめ

乾燥わかめは長期間保存がきき、必要な分だけ水などで戻して使えます。
離乳食に使用する場合は、水で戻してから細かく切りきざんで使用します。

およそ5分ほど水に浸すと、12倍ほどの量になります。
水で戻すときにはわかめの量に注意しましょう。

生わかめ

やわらかくなりやすい生わかめは離乳食に適していますが、賞味期限が短いので注意が必要です。
表面を洗って汚れを落とし、固い茎の部分を包丁で切り落とします。
和え物などに入れる場合は、やわらかくなるまでしっかり煮て細かく刻むかすりつぶします。

汁物など加熱するものに入れる場合は、あらかじめ煮る必要なく、細かく刻むかすりつぶして使用します。

塩蔵わかめ

生わかめを、塩漬けしている塩蔵わかめ。
生わかめのようなやわらかさがありながら、保存がききます。

ただし、離乳食で使用する場合は、しっかりと塩抜きしてから使用しましょう。

たっぷりの水に塩蔵わかめを入れて数分置きます。水を2~3回替えてもみ洗いをしましょう。
汁物のような加熱する料理以外で使用したい場合は、一度ゆでておくとよいでしょう。

食物アレルギーについて

わかめは、まれに食物アレルギーを発症する危険性があります。

そのため、初めて与える際は少量から始めましょう。

また、万が一食物アレルギーを起こした場合でもすぐに病院へ行けるよう、平日の午前中など医療機関を受診できる時間に与えるようにしましょう。

わかめを使った簡単レシピ

冷凍OK! 離乳食わかめしらすおにぎり(生後9〜11ヶ月頃から)

離乳食にわかめを取り入れてみませんか?

わかめおにぎりにしてあげると食べやすいですよ。

わかめだけでも、おにぎりにしてからでも冷凍ストックもできます。

離乳食にわかめを取り入れてみませんか?
わかめおにぎりにしてあげると食べやすいですよ。
わかめだけでも、おにぎりにしてからでも冷凍ストックOK!

冷凍ストックOK! わかめしらすうどん(生後9〜11ヶ月頃から)

離乳食の定番のうどん。

今回は定番のわかめうどんの作り方をご紹介します。

たくさん作って冷凍保存しておけば、忙しい朝にもぴったりです。

離乳食の定番のうどん!
今回は定番のわかめうどんの作り方をご紹介します。
たくさん作って冷凍保存しておけば、忙しい朝にもぴったりです!

注意事項

食材は、特定のアレルギー体質を持つ場合に、アレルギー反応を引き起こすおそれがあります。

初めての食材を食べる子どもには十分注意が必要です。様子を見ながら少量から与えてください。

[特定原材料]

えび、かに、小麦、そば、卵、乳、落花生(ピーナッツ)

[特定原材料に準ずるもの]

アーモンド、あわび、いか、いくら、オレンジ、カシューナッツ、キウイフルーツ、牛肉、くるみ、ごま、さけ、さば、大豆、鶏肉、バナナ、豚肉、まつたけ、もも、やまいも、りんご、ゼラチン

離乳食を調理する前に、「料理を楽しむにあたって」の「乳幼児への食事提供について」を事前にご確認の上ご利用をお願いいたします。

※料理を楽しむにあたって

誤飲や誤嚥による事故を予防するポイント

  • 離乳食は月齢の目安のサイズを参考に、食べやすい大きさにして与えましょう。

  • 一口の量は子どもの口に合った無理なく食べられる量にし、自分で手づかみ食べや、スプーンで食べる場合は、量が多くないか、咀嚼して飲みこんでいるか、様子をみましょう。

  • ミニトマト、豆類はそのままの大きさだと喉に詰まる危険があります。カットして安全な大きさにしましょう。のどに張り付く餅、噛むことが難しいこんにゃくや野菜、固い食材も飲み込むことが難しくなります。

  • 誤って気管支に入りやすいピーナッツなどの固い豆・ナッツ類は、5歳以下の子どもには与えないでください。

  • 年長の子どもが、乳幼児にとって危険な食品を与えないよう注意しましょう。

写真提供:ゲッティイメージズ

※当ページクレジット情報のない写真該当

お気に入り

関連する記事