【管理栄養士監修】離乳食のおにぎりはいつから?冷凍方法、のり使用時の注意点も紹介 | MAMADAYS(ママデイズ)
【管理栄養士監修】離乳食のおにぎりはいつから?冷凍方法,のり使用時の注意点も紹介

© 2015 every, Inc.

【管理栄養士監修】離乳食のおにぎりはいつから?冷凍方法、のり使用時の注意点も紹介

離乳食も後期・完了期に入ってくると手づかみ食べが始まる子どもも増えてきますが、毎度の食事をつかんでぐちゃぐちゃにされてしまうと困ってしまいますよね。
この記事では離乳食のおにぎりについて与えてよい時期やのりを使うときの注意点、冷凍方法などを紹介します。
離乳食も後期・完了期に入ってくると手づかみ食べが始まる子どもも増えてきますが、毎度の食事をつかんでぐちゃぐちゃにされてしまうと困ってしまいますよね。
この記事では離乳食のおにぎりについて与えてよい時期やのりを使うときの注意点、冷凍方法などを紹介します。

離乳食のおにぎりはいつから食べられる?

離乳食のおにぎりは、離乳後期(生後9〜11ヶ月頃)から食べられます。

ただしおにぎりといっても、赤ちゃんが食べるものなので、大人が食べるおにぎりを小さくしただけではごはんが固すぎる場合もあります。離乳食の進み具合に合わせて軟飯で作るなど、ごはんの固さを調節しましょう。

のりを使うときの注意点

おにぎりといえば、周りにのりが巻いてあるものも定番ですよね。しかし、離乳食のおにぎりにのりを使う場合、焼きのりをそのまま巻いて赤ちゃんに与えるとのどに張り付いて窒息してしまう危険があるので避けましょう。

離乳食のおにぎりに焼きのりを使う際は、水分と合わせてトロトロにしておにぎりに混ぜ込むようにしたり、小さくちぎるか細かく刻んで混ぜ込むなどの工夫をしましょう。

焼きのりの代わりに青のりを使うのもおすすめですよ。

1歳を過ぎて噛みちぎるのが上手になってきたら、おろし金などで焼きのりに噛みちぎりやすくするための小さな穴を開けてから、一口サイズのおにぎりに使うこともできるようになります。ごはんが手につかないので食べやすくなります。ただし、与えるときは必ず大人が見守るようにしましょう。

また、味付けのりは赤ちゃんには味が濃すぎるので、味付けがされていない焼きのりを使うようにしてくださいね。

こちらの動画では、子どものおにぎり作りに役立つのりの使い方を詳しく紹介しているので、ぜひ参考にしてみてください。

はじめての離乳食。手づかみできるようになったけど軟飯でおにぎりは握りづらい…
そんなときは海苔おにぎりにしてみませんか?
3つの方法をご紹介するのでやりやすい方法、子どもが食べやすいやり方でお試しください!

MAMADAYSで人気のおにぎりレシピ

MAMADAYSで人気の離乳食のおにぎりレシピを、離乳食の時期ごとに分けてご紹介します。

離乳後期(生後9〜11ヶ月頃)

「柔らかく茹でて食べやすく! 離乳食わかめしらすおにぎり」(生後9〜11ヶ月頃から)

食べ物に慣れ、手づかみ食べをしようとし始めたら、おにぎりを与え始めるのにちょうどよい時期です。

カロリーが低く食物繊維やミネラルが豊富に含まれるわかめは、同じ海の幸であり赤ちゃんの成長に欠かせないカルシウムなどが含まれるしらすとの相性が抜群です。

離乳食にわかめを取り入れてみませんか?
わかめおにぎりにしてあげると食べやすいですよ。
わかめだけでも、おにぎりにしてからでも冷凍ストックOK!

離乳完了期(1歳〜1歳半頃)

「保育園で人気のおやつレシピ 超簡単!きな粉おにぎり」(1歳〜1歳6ヶ月頃から)

おにぎりというと、塩気のある具を思い浮かべがちですが、甘くしたきな粉も実はおにぎりに合います。さらにアレンジしてあんこを入れると、おはぎのような味になりますよ。

子どもが大好きなおにぎり、レパートリーを増やしてみませんか?
甘いきな粉をまぶしたおにぎりは子どもたちのおやつに大人気!
中にあんこを入れても美味しいですよ。

「やみつきになること間違いなし! ピザ風おにぎり」(1歳〜1歳6ヶ月頃から)

おにぎりのレパートリーを増やしたいときにおすすめの、子どもが好きなケチャップ味のピザ風おにぎりです。
フライパンでおにぎりを焼いて仕上げるので、香ばしい風味がやみつきになりますよ。

おにぎりのレパートリーを増やしませんか!?
ひと手間加えて子どもが好きなケチャップ味のピザ風おにぎりを作ってみませんか!?
たくさん作って冷凍ストックもOK。朝食やおやつにもぴったりです!

冷凍保存方法は?

おにぎりを冷凍保存する際は、おにぎりをひとつずつラップに包み、冷凍保存用のフリーザーバッグに入れて保存します。

食べるときは電子レンジもしくはフライパンなどでしっかりと再加熱して解凍してください。

※解凍したものの再冷凍はしないでください。雑菌が増える原因になります。

冷凍での保存期間目安は1週間程度なので、その間に食べきるようにしましょう。

ただし、あくまで目安なので、匂いや味、色や食感に少しでもおかしい点があれば廃棄してください。

また、おにぎりは常温のまま長時間放置しないようにしましょう。雑菌が増える原因になります。

管理栄養士のひとこと

離乳後期や完了期に入ると、赤ちゃんは食べ物や食事により興味を示すようになります。

食べ物を手づかみで食べたがることも増えてくるこの時期には、つかみやすく散らかりにくいおにぎりをぜひレパートリーに入れてみてはいかがでしょうか。

おにぎりは具を変えればアレンジも広がるので、ぜひ今回紹介したレシピも参考に、色々なおにぎりを作ってみてくださいね。

アレルギーについての注意点

レシピには、特定のアレルギー体質を持つ場合にアレルギー反応を引き起こすおそれのある食品を含む場合がございます。

また、初めて召し上がるお子さまには注意が必要ですので、様子を見ながら少量から食べさせてください。

[特定原材料] 卵、乳、小麦、えび、かに、そば、落花生

[特定原材料に準ずるもの] アーモンド、あわび、いか、いくら、オレンジ、キウイフルーツ、牛肉、くるみ、さけ、さば、大豆、鶏肉、バナナ、豚肉、まつたけ、もも、やまいも、りんご、ゼラチン、 ごま、カシューナッツ

必ず「料理を楽しむにあたって」の「乳幼児への食事提供について」を事前にご確認の上ご利用をお願いいたします。

料理を楽しむにあたって

関連する記事

お気に入り

関連する記事