出産内祝い、相場はいくら? | MAMADAYS(ママデイズ)
MAMADAYS(ママデイズ)
 出産内祝い、相場はいくら?

出産内祝い、相場はいくら?

「出産祝いのお返しはどう選べばいいの?」「相場の金額っていくら?」など、内祝いで悩むパパやママは多いのではないでしょうか。今回は出産内祝いにかける金額について、相場や気をつけたいことなどを紹介します。
「出産祝いのお返しはどう選べばいいの?」「相場の金額っていくら?」など、内祝いで悩むパパやママは多いのではないでしょうか。今回は出産内祝いにかける金額について、相場や気をつけたいことなどを紹介します。

内祝いとは

内祝いとは、その本来の意味として身内でのお祝いごとや喜ばしいことを「お裾分けする」意味合いで、贈り物をすることとされています。しかし昨今では、「お裾分け」としてではなく「お返し」の意味が強くなってきており、いただいたお祝いへのお返しをするという認識でも間違いではなくなっています。内祝いの捉え方は地域によって異なるため、お住まいの地域の習慣に合わせましょう。

今回は内祝いの中でも「出産の内祝い」について紹介します。

内祝いの金額の相場は?

内祝いの金額の相場は、いただいたものの半額〜1/3が目安とされています。基本的には半額が理想ですが、高額なものの場合1/3にするなど、無理のない程度に、贈り物を考えてみましょう。逆に、感謝の気持ちが有り余って、いただいたものに対して高価すぎるものをお返ししてしまうと、相手に嫌な気持ちを与えかねません。あくまで目安ですが、いただいたことへのお礼の気持ちや日頃の感謝などを込めて用意するのがいいでしょう。

贈り物選びで気をつけること

出産内祝いは、タオルや石鹸、砂糖、鰹節、紅白のお餅、赤飯、赤ちゃんの写真付きのワインやジュースなど様々なものから選べます。さらに「苦」「死」を連想させる櫛(くし)は、古くから縁起の悪い贈り物とされる考えも一部ではあるので、避けたほうが良いでしょう。また、現金や商品券などの金額が明らかな品物は、いただいたものをお金に換算していると相手に捉えられ、不快な気持ちにさせてしまう場合もあるため避けましょう。

内祝いを贈るタイミング

出産祝いをもらってから、どのタイミングで送るのがいいのでしょうか?お祝いの品をいただいたタイミングにもよりますが、お祝いをいただいてから1ヶ月以内で贈るのが理想です。1ヶ月以上過ぎてしまう場合は、渡すときに声をかけたり、郵送の場合はお詫びのメッセージを添えてもよいでしょう。また、出産祝いをいただいてからすぐに返すのも事務的な印象を相手に与えてしまうので避けたほうがいいでしょう。

内祝いは義務ではなく心から贈る

内祝いを贈るときに気をつけることはたくさんありますが、その根源には身内でのお祝いごとや喜ばしいことを「お裾分けする」という意味合いがあることを思い出してはいかがでしょうか。中でも出産内祝いは、赤ちゃんをお披露目、ご報告する機会でもあります。妊娠・出産を見守ってくれた方に「新しい家族をこれからもよろしくお願いします」という気持ちも一緒に贈ることもできるでしょう。内祝いは義務ではありません。自分の身に起きた幸せを思い浮かべながら、相手のことを想って内祝いを選んでみてはいかがでしょうか。

参考:

​岩下宣子、『知識ゼロ からの喜ばれる贈り物のマナー』、幻冬舎、2012

​岩下宣子、『大人の女性の美しいマナー』、成美堂出版、2018