【小児科医ママに聞く】Q. 子どもが頭をぶつけてしまいました | MAMADAYS(ママデイズ)
MAMADAYS(ママデイズ)
頭をぶつけた子ども

【小児科医ママに聞く】Q. 子どもが頭をぶつけてしまいました

A. 大きな傷、意識喪失、頻回の嘔吐、けいれん、様子がおかしいなどがある場合は受診を

 子どもが頭をぶつけたとき、すぐ泣いたか、たんこぶができたかは最重要ではありません。 注意してみてほしいのは、以下の点です。 ①大きな傷や出血がないか、②意識がはっきりしているか、③繰り返し吐かないか、④けいれんしていないか、⑤様子がおかしくないか。

 ①小さな傷やたんこぶがある程度なら大丈夫。出血していたら、清潔な布で圧迫止血します。できたら縦抱きするなどして頭を高い位置にしましょう。

 ②眠ったのと見分けがつくかどうか心配される保護者の方もいますが、起こそうとしたときの反応が違うのでわかると思います。眠っているだけなら、手を払いのけようとする、むにゃむにゃ言うなどの反応が返ってくるでしょう。

 ③頭をぶつけたあと、びっくりして1回だけ吐く、あるいは泣きすぎて数回吐くということはよくありますが、何回も吐くようなら頭の中で何かが起こっている可能性があります。

 ④けいれん中には意識がないため、目は開いていても他人と目が合わず、呼びかけにも応答しません。呼吸が不規則になるので顔色が悪くなり、多くは手足に力が入り、いつもと違う動きをして押さえても止まりません。可能なら動画を撮り、診察の際に医師に見せましょう。

 ①〜⑤のどれかがあるときは、速やかに脳外科を受診しましょう。出血や症状がひどい場合は、必要に応じて圧迫止血などをしながら救急車を呼んでください。

 頭を打った場合に怖いのは、脳そのものがダメージを受ける「脳挫傷」になること、あるいは頭の内部の出血によって脳が圧迫されることです。医療機関では、出血が多い場合は圧迫止血をしながら、けいれんしている場合には点滴での鎮静や人工呼吸をしながら、レントゲンやCT、MRIなどを撮ります。そして脳外科や整形外科と小児科が連携しながら、脳の腫れを取る薬を点滴する保存的治療、低体温療法、手術などの治療をします。

 右記のようなことがなく、頭を触ると痛そうにするなどという軽度の場合には、冷やしてあげましょう。氷枕や保冷剤をハンカチなどに包んであてます。1〜2日は激しい遊びや遠出はせずに様子をみたほうが安心です。

 なお、子どもが頭部をぶつける事故は、次のようなものが多いです。転落、転倒、交通事故 (歩行時と車内で)、虐待です。国民生活センターにもまとめたものがありますが、女児よりも男児に多く、0〜4歳が過半数です(※1)。

乳幼児の場合

  • 大人が抱っこしていて落としてしまう。
  • ベビーカーやスリング、クーファンなどのベルトがきちんと締められていなくて落ちる。
  • ベッドやソファや椅子、階段や玄関などの段差のある場所から落ちる。
  • 窓やベランダ、遊具などの高いところから転落する。

学童以上の場合

  • 階段やジャングルジムから転落する。
  • 自転車で転倒する。
  • スポーツ中にケガをする。

    子どもは大人に比べると頭が大きく重心が高いので転落しやすいうえ、思いもよらない行動をとることがあります。窓の近くに踏み台になるものを置かない、転落の危険性について説明するなどの対策を講じましょう。

※1 国民生活センター「小児の頭部外傷の実態とその予防対策」 http://www.kokusen.go.jp/news/datala_W_NEWS_066.html

写真提供:ゲッティイメージズ

※当ページクレジット情報のない写真該当

連載の目次