出産内祝い、いつまでに贈る? | MAMADAYS(ママデイズ)
MAMADAYS(ママデイズ)
出産内祝い、いつまでに贈る?

出産内祝い、いつまでに贈る?

出産のお祝いをもらったときに、お返しとして贈るのが出産内祝いです。産後の何かと慌ただしい時期に、赤ちゃんのお世話をしながら失礼のないタイミングで用意するために、あらかじめマナーを知っておきましょう。今回は、出産内祝いを贈る時期をご説明します。
出産のお祝いをもらったときに、お返しとして贈るのが出産内祝いです。産後の何かと慌ただしい時期に、赤ちゃんのお世話をしながら失礼のないタイミングで用意するために、あらかじめマナーを知っておきましょう。今回は、出産内祝いを贈る時期をご説明します。

内祝いとは?

内祝いとは、本来、身内でのお祝いごとや喜ばしいことを「お裾分けする」という意味合いで、贈り物をすることとされています。しかし最近では、「お裾分け」としてではなく「お返し」の意味が強く、いただいた出産祝いへのお返しをするという認識でも間違いではなくなっています。内祝いの捉え方は地域によって異なるため、お住まいの地域の習慣に合わせましょう。今回は内祝いの中でも、出産の内祝いをいつまでに送るかについてご紹介します。

出産の内祝いいつまでに贈る?

一般的には、赤ちゃんの生後1ヶ月以内が理想です。

生後1ヶ月以内となると出産を終えたママにとってとても大変な時期でもあります。出産内祝いは、赤ちゃんのお披露目を兼ねて直接手渡しするのが基本ですが、最近では宅配でやりとりをすることも多くなっています。1ヶ月以内とはいえ、体調や環境などを鑑みて、内祝いを送る側にとっても受け取る側にとっても無理のないように、用意するのがよいでしょう。

生後しばらく経ってから出産祝いをいただいたときは、その都度お返しをします。どんなに遅れて届いても、頂いたお祝いに対して必ず内祝いを送るお返しをするのがよいでしょう。

配慮する時期や場合

出産内祝いを贈る時期について、基本的には生後1ヶ月頃のお宮参りまでを目処としたいところですが、以下の場合は内祝いを贈るのを避けたり、配慮が必要になる時期や場合があります。

  • お盆やお彼岸の時期:この時期はご先祖様の供養を行う時期なので、内祝いを贈るなどのやりとりは避けるのが一般的です。

  • 相手が弔事や忌中の場合:相手の家が弔事や忌中の場合は、出産内祝いを遅らせるのがマナーです。慶事と弔事が重なった場合は、弔事を優先するからです。

  • 年末年始:年末年始は贈る相手が忙しいことが多い時期なので、配慮が必要になるでしょう。たとえば11月後半から12月に赤ちゃんが生まれた場合は、年内に贈るようにするとよいでしょう。

スムーズにお礼を伝えるために

出産祝いが届いたら、まずはすぐにお礼を伝えましょう。電話やメールなどで、品物が届いたことと感謝の言葉を伝えるとよいでしょう。

出産内祝いは、産後の育児が大変な時期に贈るため、いざ贈る時期になってから慌てないように出産前の余裕があるときから早めに準備をしておくのがよいでしょう。出産祝いをいただく可能性がある人の目処を立てたり、予め住所を確認しておいたりすれば、産後の忙しい時期でもスムーズに内祝いを贈ることができるでしょう。

内祝いが1ヶ月以上過ぎる場合

もし生後1ヶ月以内にお返しができなかった場合は、生後2ヶ月以内に贈るようにしましょう。このときに大切なのは、お礼状やメッセージカードを用いてお詫びの気持ちを添えることです。初めての育児に奮闘して毎日慌ただしく過ごしているのであれば、母子の体調を優先しても失礼にはなりません。今後も良好なお付き合いを続けていくために、遅くなっても感謝の気持ちと誠意を持って出産内祝いを贈れば問題はありません。

出産内祝いには感謝を添えて

一般的には、出産直後の慌ただしい時期に贈ることが多い出産内祝い。ママ1人で大変なときは、遠慮なく家族に頼りましょう。マナーを守って相手に喜ばれる品物を贈って、今後も良好なお付き合いが保てればよいですね。

写真提供:ゲッティイメージズ

※当ページクレジット情報のない写真該当

関連する記事

お気に入り

関連する記事