【管理栄養士監修】離乳食のちくわ|いつからはじめる? | MAMADAYS(ママデイズ)
MAMADAYS(ママデイズ)
【管理栄養士監修】離乳食のちくわ|いつからはじめる?

【管理栄養士監修】離乳食のちくわ|いつからはじめる?

ちくわは魚肉のすり身に、塩、砂糖、卵白などを加えて練り、竹などの棒に巻きつけるように成形して加熱した魚肉練り製品です。赤ちゃんには塩分が多いので、与える際には時期や量を確認する必要があります。この記事では離乳食のちくわについて与えられる時期などを説明します。
ちくわは魚肉のすり身に、塩、砂糖、卵白などを加えて練り、竹などの棒に巻きつけるように成形して加熱した魚肉練り製品です。赤ちゃんには塩分が多いので、与える際には時期や量を確認する必要があります。この記事では離乳食のちくわについて与えられる時期などを説明します。

離乳食でちくわはいつから与えられる?

離乳食でのちくわは、与えるとしても離乳完了期(1歳〜1歳6ヶ月頃)以降に少量にしましょう。

塩分や噛みづらさなどの観点から、この時期には積極的にはとらなくてもよい食品です。離乳完了期が終了してから与え始めるのでもよいでしょう。

どのぐらいの量を与えたらよい?

子ども用スプーンのひとさじから始め、徐々に量を増やしていきましょう。

初めて食べさせる場合は、少量をほかの食材と混ぜずに与え、食物アレルギーの反応が出ないか様子をみてください。

離乳食の進め方についてはこちらの記事も参考にしてください。

赤ちゃんが生後5〜6ヶ月前後になったら、離乳食への移行を考え始める時期かもしれません。でも、一体どのくらいの量から始めたら良いの?食材は何から?とお悩みのママもいるかと思います。今回は生後5〜6ヶ月目の子どもを対象に、進め方の例やレシピなどをご紹介します。

ちくわの固さや大きさの目安

子どもの成長に合わせて、食材の大きさや固さを変えます。

ちくわの時期別の大きさ・固さの目安

© 2015 every, Inc.

下ごしらえのコツは?

ちくわは赤ちゃんや小さな子どもにとっては塩分が多い食品で、添加物が含まれているものも多くあります。与えるときは、ゆでるか湯通しして塩分などを少し落とすとよいでしょう。

調理方法

離乳完了期(1歳〜1歳6ヶ月頃)

弾力があり噛みづらいため、粗みじん切り程度に小さく刻みます。

ゆでるか湯通しして塩分などを少し落とすとよいでしょう。

※大人が見守る中で与え、誤嚥に注意してください。

食物アレルギーについて

ちくわは原料の白身魚、卵白などが食物アレルギーを引き起こす可能性のある食材です。

商品によっては、大豆たん白やゼラチンなどその他の食物アレルギーを起こしやすい材料を含むものもあります。

また、「使用している原料には、えび、かにを食べている魚を含みます。」という表示が記載されている場合、えび、かにの食物アレルギーがある人は注意する必要があります。

必ず袋に記載されている食物アレルギーの表示を確認してください。

初めて食べる際は少量から始め、万が一食物アレルギーの反応を起こした場合すぐに病院へ行けるよう、平日の午前中など医療機関を受診できる時間に与えるようにしましょう。

アレルギーについての注意点

レシピには、特定のアレルギー体質を持つ場合にアレルギー反応を引き起こすおそれのある食品を含む場合がございます。

また、初めて召し上がるお子さまには注意が必要ですので、様子を見ながら少量から食べさせてください。

[特定原材料] 卵、乳、小麦、えび、かに、そば、落花生

[特定原材料に準ずるもの] アーモンド、あわび、いか、いくら、オレンジ、キウイフルーツ、牛肉、くるみ、さけ、さば、大豆、鶏肉、バナナ、豚肉、まつたけ、もも、やまいも、りんご、ゼラチン、 ごま、カシューナッツ

必ず「料理を楽しむにあたって」の「乳幼児への食事提供について」を事前にご確認の上ご利用をお願いいたします。

※料理を楽しむにあたって

https://corp.every.tv/cooking_notes

誤飲や誤嚥による事故を予防するポイント

離乳食は月齢の目安のサイズを参考に、食べやすい大きさにして与えましょう。

一口の量は子どもの口に合った無理なく食べられる量にし、自分で手づかみ食べや、スプーンで

食べる場合は、量が多くないか、咀嚼して飲みこんでいるのか、様子をみましょう。

ミニトマト、豆類はそのままの大きさだと喉に詰まる危険があります。カットして安全な大きさにしましょう。のどに張り付く餅、噛むことが難しい、こんにゃくや野菜、固い食材も飲み込むことが難しくなります。

誤って気管支に入りやすいピーナッツなどの固い豆・ナッツ類は、3歳頃までは食べさせないようにしましょう。

年長の子どもが、乳幼児にとって危険な食品を与えないよう注意しましょう。

関連する記事

お気に入り

関連する記事