【専門家監修】退職しても出産手当金はもらえる? | MAMADAYS(ママデイズ)
MAMADAYS(ママデイズ)
【専門家監修】退職しても出産手当金はもらえる?

【専門家監修】退職しても出産手当金はもらえる?

出産手当金を受け取るには、原則、その会社に勤務していなければなりません。(健康保険の被保険者でなければなりません。)例外的に退職しても出産手当金がもらえる場合があります。この記事では、その条件を紹介します。
出産手当金を受け取るには、原則、その会社に勤務していなければなりません。(健康保険の被保険者でなければなりません。)例外的に退職しても出産手当金がもらえる場合があります。この記事では、その条件を紹介します。

退職しても出産手当金がもらえる条件

退職しても、次の2つの条件をクリアすると出産手当金が支給されます。

  • 勤務していた会社で、被保険者の資格を喪失した日の前日(退職日)まで、継続して1年以上被保険者であった(健康保険に加入していた)
  • 被保険者の資格を喪失したときに出産手当金を受けているか、または受ける条件を満たしている

出産手当金は健康保険から支給されるので、退職するまでの加入期間が1年以上なければなりません。そしてその1年以上という期間は継続していなければなりません。入社と退社を繰り返していて、通算で1年以上あっても条件はクリアできません。

退職後、続けて会社の健康保険に加入する人を任意継続被保険者と言いますが、健康保険任意継続の期間は、継続して1年以上被保険者であった期間に含まれません。

退職後でも出産手当金を受け取ることができるのは、退職するまでに受ける条件を満たしていた人です。「出産手当金を受ける条件」は次のとおりです。

  • 健康保険の女性加入者(被保険者)
  • 出産のために休みを取っている
  • 休み中、給与が支給されていない

退職日の出勤には注意を

退職後に受け取る出産手当金は、退職日に出勤するか否かで、満額受け取れるかどうかが変わります。

出産手当金は原則、出産予定日以前42日目(多胎妊娠の場合は98日目)から、出産日の翌日以降56日目までの期間中の、会社を休んで給与が出ていない日数分支給されます。

退職はしているものの「退職の例外」ではなく満額もらえる人

出産予定日以前42日目(多胎妊娠の場合は98日目)から、出産日の翌日以降56日目までの期間中に会社に在籍していて、その後退職した人は、その期間、無給であれば通常どおり出産手当金が支給されます。

このケースは、先ほど紹介した「退職の例外で出産手当金がもらえる」ケースではなく、「そもそも出産手当金がもらえる」ケースです。

出産手当金がもらえないケース

出産手当金は、次のような人には支給されません。

●自営業で国民健康保険に加入している:健康保険に加入しているわけではないので、出産手当金は支給されません。国民健康保険には、出産手当金のしくみはありません。

●健康保険に加入している夫(被保険者)の妻:出産手当金は、女性の被保険者(加入者)本人に支給されるもので、扶養である場合は、支給対象外です。

出産手当金の基礎知識

ここで出産手当金の基礎知識をおさらいしておきましょう。

支給されない給与の代わりに支給する

出産手当金は、出産で休みを取った女性労働者が、休業中に給与が支給されなくなったときに、その一部を補填(ほてん)する狙いで支給されます。

支給額は次の計算式を使って算出されます。

出産手当金_退職

© 2015 every, Inc.

つまり「1日の支給額」を算出して、それに「支給対象日の日数」を掛けて支給額を出しています。

標準報酬月額は、実際にもらっていた月給を社会保険の等級に当てはめた額です。それを30日で割っているので「(支給開始日以前の12ヶ月間の各標準報酬月額の平均額)÷30日」は、月給を日当換算した額ともいえます。出産手当金には、所得税などかからないので、日給の3分の2よりは手取りは多くなります。

出産手当金の申請方法

出産手当金を申請するには、対象となる女性労働者自身が、健康保険出産手当金支給申請書を、会社の総務部などの担当者に提出する必要があります。申請書と一緒に、医師や助産師の意見書や本人確認書類を添付します。

出産手当金の申請手続きは健康保険組合などに対して行ないますが、実際の事務は会社の担当者が代行してくれます。

出産手当金の申請方法については、こちらの記事を参考にしてください。

出産手当金は、出産のために会社を休む女性労働者が、その間、給与を受け取れなかったときに受け取ることができるお金です。
この記事では、出産手当金の基礎知識をおさらいしたうえで、申請方法を紹介します。

取りこぼしのないように

出産手当金は、条件を満たせば退職後でも受け取ることができます。

出産で会社を休むと収入が大幅に減る可能性があります。そのため出産手当金な貴重な収入源になるはずです。「取りこぼし」がないように注意してください。

出典

出産手当金について 」(全国健康保険協会)

写真提供:ゲッティイメージズ

※当ページクレジット情報のない写真該当