【医師監修】妊娠初期の茶色い出血、どうしたらいい? | MAMADAYS(ママデイズ)
MAMADAYS(ママデイズ)
【医師監修】妊娠初期の茶色い出血、どうしたらいい?

【医師監修】妊娠初期の茶色い出血、どうしたらいい?

妊娠初期に茶色い出血をする場合があります。
今回は妊娠初期の茶色い出血について記載します。
妊娠初期に茶色い出血をする場合があります。
今回は妊娠初期の茶色い出血について記載します。

妊娠初期に出血しても大丈夫?

妊娠初期に出血をすることはとても珍しいことというわけではありませんが危険な場合もあります。出血の原因には、さまざまな要因が考えられます。

中でも出血が茶色い場合、どのような原因が考えられるのでしょうか。

妊娠初期の茶色い出血の原因は?

まず、茶色い出血というのは、今出た血液ではなく古い出血である可能性が高いです。そういう点では、進行性の流産や子宮外妊娠の可能性は少し低くなります。つまり、赤ちゃんに大きく影響する可能性が低いと考えられます。

しかし、茶色い出血から始まり徐々に鮮血へと変化する可能性もあるので、医師に相談した上で、今後の経過を注意する必要があります。

注意が必要な症状

下着に付着する程度の茶色っぽい出血だけで腹痛がなかった場合、赤ちゃんに影響のない範囲の症状であると考えられます。しかし出血を繰り返す場合、茶色い出血だけでなく真っ赤な出血もある場合、出血以外にも腹痛や発熱などの症状がある場合は、早急な処置が必要な場合もあるので、遠慮なく医師に相談しましょう。

医師に相談しましょう

医師へ相談する際に、実際には出血したということと同時に下記についてもよく聞かれるので、併せて確認をしましょう。

  • 出血の量はどれくらいか

下着に少量付着するくらいか、ナプキン一面が汚れるくらいなのか

  • 出血は続いていないかどうか

1度だけなのか何度も繰り返しているのかどうか

  • 出血以外の症状はないか

発熱や腹痛、生理痛のときのような腰痛など

今回は妊娠初期の茶色い出血について紹介しました。

出血があるととても不安で焦ってしまいますよね。一方で「こんなことで相談してもよいだろうか」と考える方もいらっしゃるかもしれませんが、一人で抱え込んで悪化する前に医師へ相談しましょう。

参考:

医療情報科学研究所(編)、「病気がみえる vol.10 産科 第4版」、株式会社メディックメディア、2018年

公益社団法人日本産婦人科医会、「3.絨毛膜下血腫/ 感染性流産による流産」、2020年9月28日閲覧

公益社団法人日本産科婦人科学会、「流産・切迫流産 」、2020年9月28日閲覧

写真提供:ゲッティイメージズ

※当ページクレジット情報のない写真該当