七五三のお参り当日の流れをチェック | MAMADAYS(ママデイズ)
MAMADAYS(ママデイズ)
七五三のお参り当日の流れをチェック

七五三のお参り当日の流れをチェック

子どもにとって大切なお祝いである七五三。初めて七五三を祝う家庭は、七五三がどんな行事なのか、また当日はどんなことをするのかわからず少し不安になる方も多いのではないでしょうか。そこで今回は、七五三当日の流れやスムーズに行うための準備についてご説明します。
子どもにとって大切なお祝いである七五三。初めて七五三を祝う家庭は、七五三がどんな行事なのか、また当日はどんなことをするのかわからず少し不安になる方も多いのではないでしょうか。そこで今回は、七五三当日の流れやスムーズに行うための準備についてご説明します。

七五三は、子どもの成長を感謝する行事

七五三とは、子どもの健やかな成長を願う日本の伝統行事です。

この風習がはじまった当時は現代と異なり子どもが七五三の年齢まで無事に育ち、これらの儀式を迎えられることは少なかったようです。七五三では子どもが無事に育ったことを家族で祝い、これまで見守ってくれた氏神様(うじがみさま)に感謝の気持ちを表し、これからの健やかな成長をお祈りしましょう。

いよいよ七五三!お参り当日の流れは?

七五三で神社へお参りする日には、記念撮影と家族の食事会を一緒に行う家庭が多いようです。子どもの仕度や移動時間も考慮して、無理のないスケジュールを組むようにしましょう。ここでは七五三当日に神社にお参りし、記念撮影と食事会をする場合の一連の流れを紹介します。

着付け

フォトスタジオや写真館では、記念撮影とセットでレンタル衣装の貸し出しや着付けまで行っているところが多くあります。当日、予約した時間に合わせて、フォトスタジオまたは写真館に行き、着付けやヘアメイクなどをしてもらいましょう。

また、美容院でも七五三の着付けを行っています。ママが和装の場合は、子どもと一緒に支度できる美容院を選ぶことも多いようです。

神社へお参り

家族が晴れ着に着替えたら、神社へお参りに行きます。神社の鳥居をくぐる前に一礼し、参道の真ん中を避けて歩くとより丁寧でしょう。お参りの前に手水舎(てみずや)で手と口を清めます。

神社の受付で初穂料(はつほりょう)を納めたのち、拝殿でご祈祷(きとう)を受けます。※祈祷:神職を通じて神様にご加護をいただけるようにお願いすること

七五三は、子どもが無事に成長できたことを家族でお祝いし、氏神様やご先祖様に感謝する行事です。祈祷を受ける場合に忘れずに準備しておきたいのが神社に納める初穂料。今回は、七五三ののし袋の書き方を詳しく見てみましょう。

記念撮影

お参りのあとは、あらかじめ予約しておいたフォトスタジオなどを訪れて七五三の主役の子どもと家族で写真撮影をします。

食事会

一般的には午前中にお参りを終えて、ホテルやレストランで昼食を楽しむ家庭が多いようです。レンタル衣装の場合は食事のときに衣装を汚さないために、返却してから食事をすることも。七五三のお祝い膳プランを用意しているレストランもあるので、希望する方は事前に予約しておきましょう。

ただ、食事会の目的は、七五三に参加してくれた親戚へのお礼の気持ちや、特別な日に対するお祝いの気持ちから開かれることが多く、食事会を開くかどうか自体は自由です。必ず開く必要はないので、そのときの参加する人や、状況によって臨機応変に考えましょう。

七五三の準備のポイントは?

七五三は子どもの成長を祝う日ですが、当日を迎えるまでに、晴れ着や写真撮影の手配など、ママもパパも準備することがたくさんあります。当日になって慌てることのないように、早めに準備を始められるとよいでしょう。

お参りの日程

まずは、家族の予定を調整してお参りに行く日を決めましょう。11月15日付近は神社が混雑するので、大きく前後に時期をずらす家庭も多いようです。

ご祈祷を受ける場合は、予めお参りする神社に予約をして初穂料を用意しておきましょう。

初穂料について詳しくは、こちらの記事をご参照ください。

神社での祈祷に欠かせないのが初穂料ですが、準備や渡し方など、慣れていないと難しく感じますよね。今回は、お宮参りや七五三で祈祷を受ける場合の渡し方、準備方法について、説明します。

晴れ着の手配

七五三の衣装を和装にするか洋装にするのか、また購入かレンタルかを検討します。最近は、七五三の衣装を購入するよりも借りる家庭が増えているようです。お参りする日が決まり次第、衣装を予約できると、よいでしょう。

フォトスタジオ・写真館の予約

10月から11月の七五三の時期の写真撮影も早めの予約ができると安心です。七五三は一日がかりのイベントになってしまうので、特に小さな子どもは疲れてしまうことも少なくありません。そのため、お参りと記念撮影を別の日に行う前撮りプランや、カメラマンが神社まで同行する出張撮影プランなどもあります。どのような撮影をしたいのか、子どもの発育状況や、家庭内での希望に合わせて考えて選んでみるとよいでしょう。

食事の予約

食事会を開くかどうかは自由なので、必要な場合は七五三の参拝を行う日に合わせて準備を進められると安心です。七五三のお祝いに、ママやパパだけでなく親族を招いて食事会を行う家庭も少なくありません。食事会のことを決めるときは、七五三に参加する親族のことも大切ですが、まずは子どものことを考えて、決められるとよいでしょう。

現代では生活スタイルが多様化しているため、七五三を祝う形式も家庭のスタイルに合わせて行うのがよいでしょう。七五三は、子どもの成長を実感できる貴重な機会です。早めに準備を進めておき、当日は晴れやかな気持ちで子どもの健やかな成長をお祈りできるとよいですね。

写真提供:ゲッティイメージズ

※当ページクレジット情報のない写真該当

お気に入り

関連する記事