七五三のお参りはいつ? | MAMADAYS(ママデイズ)
MAMADAYS(ママデイズ)
七五三のお参りはいつ?

七五三のお参りはいつ?

七五三は子どもの成長を家族でお祝いする年中行事です。無事に大きくなったことを感謝し、これからの健康と安全を願って神社にお参りします。今回は、七五三のお参りに行く時期や年齢などをご説明します。
七五三は子どもの成長を家族でお祝いする年中行事です。無事に大きくなったことを感謝し、これからの健康と安全を願って神社にお参りします。今回は、七五三のお参りに行く時期や年齢などをご説明します。

七五三はどんなお祝い?

七五三とは、子どもの安全な成長を願う行事です。現在では、七五三の日は美しい晴れ着を着た子どもの姿を神様に披露して、無事に成長できた喜びと感謝、これからも健康で幸せに育つようお参りします。

七五三の由来

昔は「七つ前は神の子」といわれるほど無事に成長する子どもが少なかったので、7歳を迎えて初めて人間の世界の一員になると考えられていました。

そのため子どもの節目の年に神社へお参りをし、氏神様(うじがみさま)に、子どもの健康と末永い幸せを祈っていました。

※氏神様:住んでいる土地を守っているとされる神様のこと

これはもとは宮廷や武家で行われていた儀式が由来となっています。

男女共に

3歳は「髪置き=髪を伸ばし始める」

5歳の男の子は「袴着=初めて袴を着ける」

7歳の女の子は「帯解き=帯を使い始めて大人の装いをする」

という風習がありました。

七五三が庶民の間にも広まったのは、明治時代頃といわれています。3歳、5歳、7歳の3つのお祝いをまとめて「七五三」と呼ぶようになりました。そして現在のようにお祝いをするようになったのは、大正時代以降のようです。

七五三はいつする?

現在では、七五三は11月15日に行われています。

ただ、この日程に絶対行わなければならないことはありません。

現代では、両親の仕事の都合や祖父母のスケジュールなどを調整しながら、10月から12月にかけてお参りにいく家庭が多いようです。

なぜ11月15日になったのかには諸説あり、たとえば、

「徳川綱吉がこの日に息子の5歳のお祝いをしたから」

「旧暦の11月15日は「二十八宿の鬼宿日」といわれ鬼が宿にいて出歩かない吉日とされていたから」

「11月15日をすべて足せば8になり末広がりの縁起がよい数字だから」

「作物の収穫祭と子孫繁栄を願う祈願が行われていたから」

などがあります。

七五三の日程はどう決める?

七五三の正式な日取りは11月15日ですが、絶対にその日に行う必要はありません。

ではどのような日程が望ましいのでしょうか?七五三のような儀式の日取りを決める際、多くの人が参考にするのが六曜です。六曜は日々の吉凶を表し、日取りを決めるのに利用されるようです。とは言え、暦の吉凶の捉えかたや解釈は人それぞれ異なるため、お参りの日にちは家庭の方針で決めるのがよいでしょう。

七五三を祝う年齢は?

七五三を祝うにあたって、子どもの年の数え方には2種類あります。

  • 満年齢:それぞれの誕生日で加齢していく方式で、現代で一般的に用いられる歳の数え方です。
  • 数え年:生まれた年を1歳として、新年(1月1日)を迎えると1つ歳を取るという年齢の数え方です。たとえば12月生まれの子どもは、生まれた12月で1歳となり、翌年の1月1日に2歳になります。

このどちらかの数え方を用いて、男の子は、地域によっては祝わないこともありますが、3歳と5歳、女の子は3歳と7歳にお祝いをします。これは、古くから奇数歳は縁起がよいとされていたことに由来しています。

どちらの数え方で祝えばいいの?

七五三は本来ならば数え年で祝いますが、現代では満年齢で行うこともあります。どちらの年齢で七五三をお祝いするのかは、どちらがいいという根拠はありません。決めるときに迷った場合は、子どもの成長度合いを見極めながら、家族で相談してお祝いの歳を決めるのがよいでしょう。地域によっての風習を確認したり、世代が違う祖父母の意見を取り入れるのもよいでしょう。

早生まれの子どもの場合

早生まれとは1月1日から4月1日の期間に生まれた赤ちゃんのことを指し、学校教育では一つ上の学年に組み込まれます。同級生と一緒にお祝いしたい場合、満年齢で計算すると七五三の年齢に満たないことになります。そういった場合に、数え年で七五三をおこなうこともあります。ただ、この頃の子どもの発達はそれぞれ個人差が大きいため、状況に応じて時期を選ぶのがよいでしょう。

子どもの健やかな成長を祝う七五三は、親が我が子の成長を喜び、神様に感謝しご報告するとともに、今後の成長も無事であることをお祈りするという伝統的な行事です。現代ではお祝いの仕方は多様化されていますが、昔から続いている一つの節目として、子どもの成長を感謝し、心を込めてこれからの健康と幸せを願いましょう。

参考:

新谷尚紀、『季節の行事と日本のしきたり事典ミニ』、2019年、マイナビ出版

季節の遊びを楽しむ会、『子どもといっしょが楽しいおうち歳時記』、2017年、メイツ出版

クレア、『親子でまなぶ季節行事とマナーの基本』、2013年、マイナビ出版

写真提供:ゲッティイメージズ

※当ページクレジット情報のない写真該当