【医師監修】授乳中の湿布は赤ちゃんに影響する? | MAMADAYS(ママデイズ)
MAMADAYS(ママデイズ)
【医師監修】授乳中の湿布は赤ちゃんに影響する?

【医師監修】授乳中の湿布は赤ちゃんに影響する?

赤ちゃんの成長にともない、手首や腰が痛くなるとき使いたい湿布薬。授乳期間であれば、湿布薬を使っても大丈夫なのか気になりますよね。この記事では、授乳中の湿布薬の取り扱いについて解説します。
赤ちゃんの成長にともない、手首や腰が痛くなるとき使いたい湿布薬。授乳期間であれば、湿布薬を使っても大丈夫なのか気になりますよね。この記事では、授乳中の湿布薬の取り扱いについて解説します。

授乳中の湿布について

赤ちゃんの成長にともない、子育ての中で手首や腰が痛くなると、湿布薬を使いたくなるのではないでしょうか。授乳期間であれば、湿布薬を使っても大丈夫なのか気にな流ところです。今回は特に手を出しやすい市販の湿布薬について紹介します。

湿布の中には授乳中に避けたほうがよいものもある

市販の湿布などの貼り薬の中には、授乳中の赤ちゃんに影響のある成分が含まれていることがあります。製薬会社の公式サイトでは、湿布薬の授乳中の使用の可否について言及していることがあります。湿布を貼る前に、授乳中でも使用可能なものなのかどうかを確認したり、薬局やドラッグストアなどの薬剤師に相談してから使用しましょう。

ただ、授乳中でも安全とされているものでも、湿布薬を頻繁に変えたり、貼りすぎたりすることで、思わぬ影響が起こる可能性があります。湿布薬を使用するときは、必ず用法用量を守って使用するようにしてください。

よく確認せず湿布を貼ってしまったら?

貼ってしまった湿布の会社の公式サイトを確認し、授乳中は注意と書かれた湿布だった場合は、母乳ではなくミルクに変えるとよいでしょう。また、授乳を続けたい場合は、薬剤師や医師に相談しましょう。

湿布を貼っている授乳中のママへ

ママの中には、手や腰の痛みの応急処置として市販の湿布を使う人も多いかもしれません。

ただ、湿布薬を使用しても痛みが長く続くことがあります。痛みがひどくなったり、どうしてもつらいようであれば、適切な治療を受けるためにも、医師に相談しましょう。また、授乳中であることも併せて相談することで、症状にもよりますが、授乳を中断せずに使える湿布を処方してもらえるでしょう。

授乳中の市販の湿布には気をつけて!

授乳中、湿布をしたいなと思う場面が訪れたら、薬剤師などに相談したり、授乳中は注意するように書かれていないかなど、確認が必要です。また、痛みが長引く場合は、医師に相談して、処方された湿布薬を使うと安心です。

毎日子育てや家事に追われて疲れが溜まると、免疫力が低下して風邪を引きやすくなります。 授乳中で気になるのは、風邪薬が赤ちゃんに及ぼす影響です。今回は、正しい授乳中の風邪薬 の内服について説明します。

参考:

国立研究開発法人 国立成育医療研究センター、「鎮痛薬・シップ薬 」、202010月8日閲覧

写真提供:ゲッティイメージズ

※当ページクレジット情報のない写真該当