新生児の検査と病気 | MAMADAYS(ママデイズ)
新生児の検査と病気

新生児の検査と病気

入院中、赤ちゃんは健診を受け、からだに異常がないか全身をチェックして調べてもらいます。また、黄疸の検査をします。健診や検査で異常が見つかれば、治療が必要なことも。また、先天性代謝異常を調べる検査も生後4~5日目に行います。
入院中、赤ちゃんは健診を受け、からだに異常がないか全身をチェックして調べてもらいます。また、黄疸の検査をします。健診や検査で異常が見つかれば、治療が必要なことも。また、先天性代謝異常を調べる検査も生後4~5日目に行います。

赤ちゃんは定期的に健診を受ける

 赤ちゃんは、定期的に健診を受けます。医師が聴診や触診で、心臓の異常、関節の異常がないかの確認をします。

 また、計測器で黄疸についてもチェックを受けます。黄疸は、血液中の赤血球が壊されてできたビリルビン(胆汁色素)が、肝臓で処理しきれずに血液中に残り、皮膚や目が黄色に見えるというもので、ほとんどの子は退院のころには消えるため、そのころにもう一度検査をします。この時は、計測器で行う場合と、かかとから少量の血液をとって、血液検査をする場合とがあります。

 赤ちゃんは肝臓が未熟なため、生理的に黄疸を起こしやすいものです。しかし、生理的に黄疸が強く出たものと、病気による黄疸があるので注意が必要です。

大切なマス・スクリーニング検査

 新生児マス・クリーニング検査は先天性代謝異常(フェニールケトン尿症、メイプルシロップ尿症、ホモシスチン尿症、ガラクトース尿症)と、先天性内分泌異常(クレチン症、副腎皮膚質過形成症)の6疾患に加え、有機酸代謝異常症と脂肪酸代謝異常症を発見するために行います。

 これらの病気は症状が出る前に治療することが大事で、進行してしまうと、知能障害が起きることや、命にかかわることもあります。最近では、早期の発見・治療によって、対処しやすくなりました。

 検査は、生後4~5日めに行われます。赤ちゃんのかかとから血液をとり、専門の検査センターに送ります。結果は退院後、自宅に郵送されます。

マス・スクリーニング検査

新生児検査で引っかかったらどうしようと不安です
  • 神経質になりすぎないで
     新生児検査で引っかかったからといって、今の時点で病気や障害が発覚したことになるわけではありません。何回も引っかかって、異常なかったという赤ちゃんはたくさんいます。新生児は検査もむずかしく、引っかかるのはまれではありません。
     また、障害が発覚したとしても、早めの治療のおかげで大事に至らなかった、成長するころには異常なしということもあります。
     結果が出るまで、とても不安だと思いますが、神経質になりすぎないことです。

写真提供:ゲッティイメージズ

※当ページクレジット情報のない写真該当

  • 出典

    最新版 はじめての妊娠・出産安心百科
    杉本充弘・木戸道子監修、主婦と生活社 ※情報は掲載時のものです
    http://www.shufu.co.jp

関連する記事

関連する記事