七五三はどんな服装がふさわしい?ママ、パパは何を着る? | MAMADAYS(ママデイズ)
MAMADAYS(ママデイズ)
七五三はどんな服装がふさわしい?ママ、パパは何を着る?

七五三はどんな服装がふさわしい?ママ、パパは何を着る?

子どもが七五三を迎える年は、晴れ着を着せてお祝いをしたいと考えるママやパパも多いことでしょう。せっかくだからかわいらしい晴れ着を選んで、思い出に残る七五三を過ごしたいですね。今回は、七五三の子どもに合わせたママやパパの服装について解説します。
子どもが七五三を迎える年は、晴れ着を着せてお祝いをしたいと考えるママやパパも多いことでしょう。せっかくだからかわいらしい晴れ着を選んで、思い出に残る七五三を過ごしたいですね。今回は、七五三の子どもに合わせたママやパパの服装について解説します。

七五三は、どんな行事?

七五三とは、子どもの成長を感謝してこれからの幸せを祈る行事です。地域によって異なりますが一般的には男の子は3歳(男の子の3歳を祝わないこともあります)と5歳、女の子は3歳と7歳で行います。昔は「七つ前は神のうち」といわれるほど、幼い子どもが無事に成長することは現代より少なく、そのため、氏神様(うじがみさま)に元気に育ったことの感謝と今後の健康を祈願したのが、七五三の由来とされています。

以前は祖父母も一緒に神社に参拝し、お祓いを受けて祝詞を上げてもらうのが主流でしたが、最近では参拝のみや記念撮影だけ選択する家庭も増えているようです。

詳しくはこちらの記事をチェックしてみてください。

七五三は子どもの成長を家族でお祝いする年中行事です。無事に大きくなったことを感謝し、これからの健康と安全を願って神社にお参りします。今回は、七五三のお参りに行く時期や年齢などをご説明します。

七五三の子どもの服装は?

七五三は子どもの晴れ着姿を神様に見せ、これまでの成長の報告とこれからの健康を祈る日です。晴れ着を着物で用意するのか、洋服で用意するのか、どちらで行うにしろ、子どもの末永い幸せを祈る様々な気持ちを晴れ着に込めて用意できるとよいでしょう。

七五三の子どもの着物について詳しくはこちらの記事を参考にしてみてください。

七五三は子どもの健やかな成長を願う行事です。一般的には女の子は3歳と7歳で、男の子は3歳と5歳で行います。今回は、それぞれの性別・年齢に合った七五三の晴れ着についてご紹介します。

初めての七五三、ママやパパの服装はどうする?

七五三の主役は子どもなので、ママやパパが子どもより目立つことがないように気をつけるとよいでしょう。

ママの服装は?

子どもの服装に合わせてママが和装を選ぶ場合の着物は、少し控えめな「色無地」や「訪問着」、「付け下げ」などにすると子どもの着物とのバランスがとれます。

洋装の場合は、セレモニースーツやワンピースなどセミフォーマルなものを検討してみるとよいでしょう。神社などで御祈祷を受ける場合は、短すぎるスカート丈やノースリーブなどの露出の多い服装は避けましょう。

パパの服装は?

子どもが和装でも、パパはスーツを選ぶことが多いようです。普段の仕事で使っているスーツでも問題ありません。また、合わせるシャツやネクタイの色も特に決まりはありません。スーツやシャツにシワがある場合は、クリーニングに出すかアイロンをかけるなどしてあらかじめお手入れをしておくと、子どもの節目に気を引き締めて挑めます。忘れがちですが、御祈祷の際は靴を脱いで拝殿に上がるので、靴下にも気を配りたいですね。仕事で使っているようなスーツであれば、派手な柄の靴下は目立ってしまうので、控えめなものを選ぶとよいでしょう。

古くから現代に至るまで、形を変えながら大切に受け継がれている七五三。ママやパパにとっても子どもの成長を実感できる記念日です。服装にも気を配り、子どもの成長の節目をお祝いできるとよいですね。

【参考】

・『季節の遊びを楽しむ会(2017)子どもといっしょがたのしい おうち歳時記 にっぽんの四季行事12カ月』p136、137、株式会社メイツユニバーサルコンテンツ、2017年

・柴田純、国立歴史民俗博物館研究報告第141集(2008年3月)『‟七つ前は神のうち”は本当か 日本幼児史考 』、2008年3月

写真提供:ゲッティイメージズ

※当ページクレジット情報のない写真該当

関連する記事

お気に入り

関連する記事