【妊娠と病気が重なったら】ぜんそく | MAMADAYS(ママデイズ)
MAMADAYS(ママデイズ)
【妊娠と病気が重なったら】ぜんそく

【妊娠と病気が重なったら】ぜんそく

発作を抑えることが大切。主治医と相談して必要な薬は使います。
発作を抑えることが大切。主治医と相談して必要な薬は使います。

赤ちゃんへの影響

 妊娠してからぜんそくがよくなる人、悪くなる人、変わらない人は、ほぼ同じくらいです。

 また、発作をくり返す場合にはふつうの人に比べて、胎児の発育が悪くなる率がやや高いという報告があります。これは発作によって赤ちゃんへ酸素を送る働きが低下することによると考えられます。

対処法

 ぜんそくの発作がしばしば起こるのは胎児にとってよくありません。妊娠前から服用していた予防薬に不安をもつ人もいますが、基本的には、妊娠した後も、発作を防ぐために使用を続けたほうが胎児にもいいのです。

 産婦人科医には、ぜんそくの予防薬を使用していることを告げます。そしてかかりつけの医師にも妊娠したことを知らせたうえで、治療について相談してください。

写真提供:ゲッティイメージズ

※当ページクレジット情報のない写真該当