【医師監修】陣痛の間隔や痛みはどのくらい?始まり方は? | MAMADAYS(ママデイズ)
MAMADAYS(ママデイズ)
【医師監修】陣痛の間隔や痛みはどのくらい?始まり方は?

【医師監修】陣痛の間隔や痛みはどのくらい?始まり方は?

いつくるのか、どの程度の痛みなのかなど、初めての妊娠・出産であれば、なおさらわからないことも多い陣痛。陣痛がきたとき焦らず行動できるよう、陣痛の間隔や痛みの強さ、陣痛の始まり方について知っておきましょう。
いつくるのか、どの程度の痛みなのかなど、初めての妊娠・出産であれば、なおさらわからないことも多い陣痛。陣痛がきたとき焦らず行動できるよう、陣痛の間隔や痛みの強さ、陣痛の始まり方について知っておきましょう。

陣痛とはどんなもの?いつくるの?

陣痛とは分娩の際、自分の意思とは関係なく周期的に繰り返す子宮収縮のことです。赤ちゃんを外へ押し出そうとするために起こるもので、痛みをともない、時間が経過するにつれて痛みが強くなります。

陣痛は多くは自然に起こりますが、いつ起こるのかは個人差があり、予測が困難なものです。

また、出産が近づいてくると不規則な子宮収縮が比較的頻繁に起こるようになります。これは前駆陣痛(ぜんくじんつう)とよばれ、分娩の際に起こる陣痛とは区別されます。

前駆陣痛は、痛みが遠のいて消えてしまう場合もありすぐに分娩には至りません。

陣痛の始まり方や間隔は?どのくらい継続する?

繰り返し起こるような痛みを感じたら、陣痛が始まるサインです。痛みが起こる間隔を計ってみましょう。

間隔の計り方は、痛みがきたときから、次の痛みがくるまでを時計でチェックし、メモしておきます。痛みが10分間隔で起こるようになったときが、陣痛の始まりです。赤ちゃんが産まれるまでの分娩経過には個人差があり、その間に起こる陣痛の間隔も人によりバラバラです。

赤ちゃんは、子宮口の開きと陣痛の状態がかみ合わなければ産まれません。陣痛の間隔を表現するのに、医学的には「周期」という言葉が使われますが、これは「陣痛開始から次の陣痛開始まで」を指します。一般的な分娩の流れに沿って起こる子宮口の開きと、陣痛の周期・持続時間は、次の通りです。

●子宮口の開きが約0~2cmのとき
陣痛の周期(平均):約5~10分
陣痛の持続時間(平均):約20~30秒

入院の目安は、陣痛の間隔が5分や10分など、病院よって違いがあります。また、初産婦か経産婦かによっても違う場合があります。連絡するようにいわれていた陣痛の間隔になったら病院に連絡し、医師・助産師の指示に従いましょう。

ただし、月経のピーク時よりも多い出血や、破水した場合は、その時点で病院に連絡しましょう。

●子宮口の開きが約4~6cmのとき
陣痛の周期(平均):約3分
陣痛の持続時間(平均):約70秒

赤ちゃんは回転しながら下がってきています。陣痛がきたら、マッサージや深呼吸をしてリラックスするようにしましょう。

●子宮口の開きが約7~8cmのとき
陣痛の周期(平均):約2分30秒
陣痛の持続時間(平均):約70秒

いきみたくなりますが、もう少し我慢しましょう。体に力が入ると赤ちゃんが苦しくなってしまいます。

●子宮口の開きが全開(約9〜10cm)のとき
陣痛の周期(平均):約2分
陣痛の持続時間(平均):約60秒

赤ちゃんの頭が見えたり隠れたりし、やがて引っ込まなくなります。医師や助産師の指示に従い、陣痛に合わせていきみましょう。いよいよ赤ちゃんの誕生です。

陣痛ってどのくらい痛いの?

分娩は大きく3段階に分けられます。痛みには個人差がありますが、それぞれの段階でどのような陣痛の痛みを感じるのかみてみましょう。

分娩第1期

陣痛が始まってから子宮口が完全に開く(約10cmになる)までを、分娩第1期といいます。
分娩第1期には、子宮が収縮したり子宮口が引き伸ばされたりすることによって、下腹部から腰のあたりに痛みを感じます。

陣痛が始まってすぐは、月経痛やお腹を壊しているときのような比較的軽い痛みといわれています。しかし、子宮口が半分ほど開く頃になると痛みが強くなり、痛みを感じる範囲も広がります。そして、分娩第1期終わりの頃には、おへその下あたりから腰全体と外陰部にかけて、強く痛みます。

分娩第2期

子宮口が完全に開き、赤ちゃんが産まれてくるまでを、分娩第2期といいます。
分娩第2期の始まり頃は、腟と外陰部が引き伸ばされ、外陰部から肛門周辺で特に痛みが強くなってきます。
そして、赤ちゃんが産まれる直前には、強い力で引っ張られるような、一番強い痛みを感じるといわれています。

分娩第3期

分娩第3期は、赤ちゃんが産まれたあと、胎盤が出てくるまでをいいます。軽い陣痛がきますが、あまり痛みを感じることはないといわれています。

陣痛の痛みの強さはバラバラで、感じ方も人それぞれです。あくまでも目安として考えましょう。

お産がどのように進むのかは、こちらの記事も参考にしてみてくださいね。

お産(分娩)とは、陣痛が始まることで子宮の出口である子宮口がだんだんと開いていき、赤ちゃんが産まれ胎盤が出てくるまでのことをいいます。この子宮口の開き方とともに、お産がどのように進むのかを助産師のさきさんに教えていただきました。

_______

妊娠を考えている人や陣痛待ちのママは、陣痛がどのくらい痛いのか、痛みに耐えられるかなど、不安な気持ちになってしまうこともあると思います。少しでも気になることがあれば、ひとりで悩まず、医師や助産師に相談してみましょう。

赤ちゃんに会えるのを楽しみに、できるだけリラックスして過ごせるとよいですね。

参考:

・医療情報科学研究所(編)、『病気がみえる vol.10 産科 第4版』、株式会社メディックメディア、2018年

・「日本助産学会 助産用語特別検討委員会案 p.32 陣痛」(日本助産学会)

・「出産に際して知っておきたいこと」(国立研究開発法人 国立成育医療研究センター)

・「Baby+お医者さんがつくった妊娠・出産の本 P86 お産ってどう進むの?」(公益社団法人 日本産婦人科医会)

・「無痛分娩Q&A / Q1.どうしてお産は痛いのですか?」(一般社団法人 日本産科麻酔学会)

写真提供:ゲッティイメージズ

※当ページクレジット情報のない写真該当

お気に入り

関連する記事