【医師監修】授乳中の喫煙は赤ちゃんに影響する? | MAMADAYS(ママデイズ)
MAMADAYS(ママデイズ)
授乳中の喫煙は赤ちゃんに影響する?

【医師監修】授乳中の喫煙は赤ちゃんに影響する?

喫煙が人体に与える悪影響については様々なことがいわれています。
本日はその中でも特に授乳中の喫煙について解説していきます。
喫煙が人体に与える悪影響については様々なことがいわれています。
本日はその中でも特に授乳中の喫煙について解説していきます。

授乳中の喫煙は赤ちゃんに影響する?

授乳中の喫煙は、喫煙している本人に有害なだけでなく、赤ちゃんの成長や発育にも影響が出ると考えられています。

喫煙をすると、体内にニコチンなどの体に有害な成分が吸収されます。授乳中のママが喫煙することによって、母乳にも有害物質が移行してしまうことが考えられます。

さらに、1日に20本のタバコを吸い、ニコチンを多く体に取り込んでいると考えられるママの母乳を飲んだ赤ちゃんと、そうでない赤ちゃんとを比較した報告があります。その結果は、ニコチン量の多い母乳を飲んだ赤ちゃんには、嘔吐や下痢、落ち着きがないなどの症状が現れました。

母乳の出かたにも影響が出る

喫煙をすることで、プロラクチンという母乳の分泌を促すホルモンが減少するといわれています。

喫煙している女性はそうでない女性に比べて、母乳の分泌量が10〜20%が減少し、さらに喫煙本数が多ければ多いほどその差は明らかであると報告されています。

受動喫煙にも注意が必要

火のついたタバコからは3種類の煙がでます。一つ目はタバコを吸う人が吸う煙(=主流煙:しゅりゅうえん)、二つ目は火のついたところからモクモクと立ち上る煙(=副流煙:ふくりゅうえん)、三つ目はタバコを吸う人が吐き出した煙(=呼出煙:こしゅつえん)です。

受動喫煙とはその「副流煙」や「呼出煙」を、喫煙者でない人が自分の意思とは関係なく吸い込んでしまうことをいいます。この副流煙、呼出煙にもニコチンなどの有害物質が含まれています。これらの有害物質は直接赤ちゃんが吸い込むことでも、成長や発育、呼吸中枢にも悪影響を及ぼすことがあります。

両親が喫煙している家庭の子どもは、そうでない子に比べて小児呼吸器疾患の発症頻度が約3倍、さらに乳幼児突然死症候群(睡眠中に赤ちゃんが死亡する疾患)の発生頻度は5倍に増加するともいわれています。母乳育児でない場合でも、子どもがタバコの煙を吸い込みかねない環境はのぞましくありません。

乳幼児突然死症候群に関する詳細はこちらの記事を参考にしてみてください。

赤ちゃんが睡眠中に突然死亡する。
【主な症状】呼吸停止

子育てをきっかけに家族で禁煙を

喫煙は授乳中だけに限らず、今後の子どもの成長や発育にさまざまな悪影響を及ぼします。また、がんや呼吸器の病気のリスクが上がるだけではなく、シミやシワが増えるなど美容の大敵でもあり、口臭のもとにもなり、いいことはひとつもありません。子育てを良いきっかけにしてぜひ禁煙に取り組みましょう。しかし禁煙はそう簡単ではなく、これまで何度もトライしたけれど難しかった、という人もいるかもしれません。最近では医療機関で専門家のサポートを受けながら禁煙に取り組むための禁煙外来というものがあり、条件を満たせば健康保険も適用となります。自分一人では無理、とあきらめずにぜひ病院に相談してみましょう。

参考資料

・厚生労働省、『たばことお酒の害から赤ちゃんを守りましょう 』、2020年11月6日閲覧

・厚生労働省、『乳幼児突然死症候群(SIDS)について 』、2020年11月6日閲覧

・五十嵐隆、『授乳・離乳の支援ガイド(2019年版)実践の手引き』「アルコールのカフェインの影響」、 母子衛生研究会、2020年

写真提供:ゲッティイメージズ

※当ページクレジット情報のない写真該当