【産婦人科医監修】妊娠中のトラブル 胎盤の役割と常位胎盤早期剥離 | MAMADAYS(ママデイズ)
MAMADAYS(ママデイズ)

【産婦人科医監修】妊娠中のトラブル 胎盤の役割と常位胎盤早期剥離

胎盤は、子宮内の赤ちゃんに酸素や栄養を送る重要な臓器です。
妊娠中のトラブルのひとつに、正常な位置にあるにも関わらず胎盤が突然妊娠中に剥がれてしまう「常位胎盤早期剥離」があります。
胎盤の役割と常位胎盤早期剥離について産婦人科医の大柴先生にお伺いしました。
Progress: NaN%
Current Time 0:00
/
Duration Time 0:00

【産婦人科医監修】妊娠中のトラブル 胎盤の役割と常位胎盤早期剥離

胎盤は、子宮内の赤ちゃんに酸素や栄養を送る重要な臓器です。
妊娠中のトラブルのひとつに、正常な位置にあるにも関わらず胎盤が突然妊娠中に剥がれてしまう「常位胎盤早期剥離」があります。
胎盤の役割と常位胎盤早期剥離について産婦人科医の大柴先生にお伺いしました。
Progress: NaN%
Current Time 0:00
/
Duration Time 0:00

胎盤の役割

  • 胎盤は子宮内の赤ちゃんに酸素や栄養を送る重要な臓器
  • 通常は赤ちゃんが生まれた後胎盤は子宮から剥がれる。胎盤が剥離後さらに子宮収縮は続いて子宮は小さくなっていき、出血は悪露と呼ばれ、数週間で止まる。(子宮復古)

常位胎盤早期剥離(じょういたいばんそうきはくり)

  • 妊娠後期に突然正常な位置にある胎盤が剥がれる病気で母児の急を要することが多い。
     ※経過がゆっくりの慢性の状態もある。
  • 胎児がまだ胎盤に依存しているのに胎盤が剥離してしまうので胎児が生存の危機に瀕する。
  • 母体には剥離した子宮面から子宮収縮が起こらず子宮が広がったままになり、貧血や失血によるショックが起きる。さらに出血を止めようと体の中の血液を固める成分が使われた結果、全身の臓器にトラブルが及ぶ「産科DIC」と言われる危険な状態に陥りやすくなる。
  • 初発症状や進展状況はさまざまであり、切迫早産などとまぎらわしいこともあり、慎重に経過を観察する必要がある。
  • 剥離が起きた場合は母児の状況を総合的に判断し、急速追娩が行われることがある。
お気に入り

関連する記事