【医師監修】授乳中の薬は飲んではいけない?母乳に影響する? | MAMADAYS(ママデイズ)
MAMADAYS(ママデイズ)
【医師監修】授乳中の薬は飲んではいけない?母乳に影響する?

【医師監修】授乳中の薬は飲んではいけない?母乳に影響する?

毎日育児をしていると、体調を崩してしまうこともあるでしょう。それが母乳による授乳期間中であった場合、薬を飲んでも大丈夫なのか、赤ちゃんに影響はないのかと不安になるかもしれません。今回は授乳中の薬は飲んでも良いのかなどについて解説します。
毎日育児をしていると、体調を崩してしまうこともあるでしょう。それが母乳による授乳期間中であった場合、薬を飲んでも大丈夫なのか、赤ちゃんに影響はないのかと不安になるかもしれません。今回は授乳中の薬は飲んでも良いのかなどについて解説します。

授乳中の薬は赤ちゃんに影響する?

母乳はママの乳腺(にゅうせん)から分泌されます。薬を飲むことで体内に薬物が吸収され、それが薬の種類によっては、母乳へ移行します。

なかには母乳への移行がほとんどない薬や、少量移行しても問題を起こさない薬もあります。心配な場合には信頼できる情報源(国立成育医療研究センター「妊娠と薬情報センター」ホームページ(https://www.ncchd.go.jp/kusuri/ )などで調べたり、医師や薬剤師に相談したりすることをお勧めします。

薬を服用する前に

薬を服用したい場合、一番確実なのは医師や薬剤師へ相談することです。

医療機関を受診する場合は医師に授乳中であることを必ず伝えて処方してもらいましょう、市販薬を購入する場合は薬剤師に相談すると安心です。

授乳中の薬などにまつわる関連記事はこちらから

毎日子育てや家事に追われて疲れが溜まると、免疫力が低下して風邪を引きやすくなります。 授乳中で気になるのは、風邪薬が赤ちゃんに及ぼす影響です。今回は、正しい授乳中の風邪薬 の内服について説明します。
赤ちゃんの成長にともない、手首や腰が痛くなるとき使いたい湿布薬。授乳期間であれば、湿布薬を使っても大丈夫なのか気になりますよね。この記事では、授乳中の湿布薬の取り扱いについて解説します。

市販の薬を飲んでも平気?

授乳が必要な年齢の子どもを育てながら、医療機関を受診するのが難しい場合もあるかもしれません。そういった状況下では、手に入りやすい市販薬を使いたいと思う人もいるのではないでしょうか。

市販薬の箱や説明書などには「授乳中に使う場合は医師や薬剤師に相談してください」と書いてある場合がよくありますが、一般によく使われる便秘薬やかぜ薬などの市販薬を授乳中に使うことで赤ちゃんに重大な影響を与えることはほとんどありません。どうしても心配であれば薬局やドラッグストアで薬剤師に相談してみましょう。

授乳中に薬を飲んでしまったら?

授乳中に適さないとされている薬はごくわずかです。(参照:「妊娠と薬情報センター 」)薬を飲んだから赤ちゃんによくない影響が出るのではと心配しすぎる必要はありません。授乳を控えることで乳腺炎になったり、リズムが乱れて分泌がうまくいかなくなったりするほうがかえって良くありません。

授乳中の薬についてひとりで悩んだり、体調が悪いにもかかわらず薬を飲まないと判断してしまって、症状がより悪化することがないよう、正しい情報を得て判断しましょう。ネットの情報にも正しいものとそうでないものとがあります。きちんとした情報源にアクセスすること、調べてもわからないことがあれば専門家に相談することが何よりも大切です。

参考

・国立成育医療研究センター「妊娠と薬情報センター 」、2020年12月1日閲覧

・日本産科婦人科学会/日本産婦人科医会、『産婦人科診療ガイドライン 産科編2020』P73〜P75、日本産科婦人科学会、2020年

写真提供:ゲッティイメージズ

※当ページクレジット情報のない写真該当