ごはんで作る! 赤ちゃんお雑煮(生後9〜11ヶ月頃から)【管理栄養士監修】 | MAMADAYS(ママデイズ)
MAMADAYS(ママデイズ)

ごはんで作る! 赤ちゃんお雑煮(生後9〜11ヶ月頃から)【管理栄養士監修】

家族と一緒に赤ちゃんもお正月気分を楽しめる!
ごはんをお餅のように成形すれば赤ちゃんでも食べられますよ。
おとな用の食材から取り分けて作れちゃいます!
Progress: NaN%
Current Time 0:00
/
Duration Time 0:00

ごはんで作る! 赤ちゃんお雑煮(生後9〜11ヶ月頃から)【管理栄養士監修】

家族と一緒に赤ちゃんもお正月気分を楽しめる!
ごはんをお餅のように成形すれば赤ちゃんでも食べられますよ。
おとな用の食材から取り分けて作れちゃいます!
Progress: NaN%
Current Time 0:00
/
Duration Time 0:00

材料(1食分)

  • 軟飯 80g
  • にんじん 薄切り2枚
  • 大根 20g
  • 小松菜 1枚
  • だし汁(かつおだしを使用) 150cc
  • 鶏肉(刻み) 10g
  • 醤油 少々

作り方

  1. 軟飯はすりこぎやスプーンなどで軽く潰す。ひと口大に丸める。
  2. にんじんは型抜きし、大根・小松菜・鶏肉は小さめに切る。
  3. 鍋にだし汁・にんじん・大根を加えて火にかけ、沸いてきたら弱火で約5分煮る。
  4. 鶏肉・小松菜・醤油を加えて鶏肉に火が通るまで煮る。
  5. 1を入れて転がしながら火を通して完成。食べるときはスプーンでごはんを小さく砕きながら食べさせてください。

対象

カミカミ期(生後9〜11ヶ月頃)から召し上がっていただけます。

※子どもの月齢に合わせて食材の大きさや味付けは調節してください。

保存する場合

冷蔵保存:当日中にお召し上がりください。食べる前に電子レンジなどで再加熱してください。
(期間の記載は目安となっております。環境によって保存期間に差が出る場合があります。匂い、味、色、食感が少しでもおかしいと感じたら廃棄してください。)

アレルギーについての注意点

レシピには、特定のアレルギー体質を持つ場合にアレルギー反応を引き起こすおそれのある食品を含む場合がございます。

また、初めて召し上がるお子さまには注意が必要ですので、様子を見ながら少量から食べさせてください。

[特定原材料] 卵、乳、小麦、えび、かに、そば、落花生

[特定原材料に準ずるもの] アーモンド、あわび、いか、いくら、オレンジ、キウイフルーツ、牛肉、くるみ、さけ、さば、大豆、鶏肉、バナナ、豚肉、まつたけ、もも、やまいも、りんご、ゼラチン、 ごま、カシューナッツ

必ず「料理を楽しむにあたって」の「乳幼児への食事提供について」を事前にご確認の上ご利用をお願いいたします。

料理を楽しむにあたって