【管理栄養士監修】離乳食中期の魚レシピ集|与えられる種類も紹介 | MAMADAYS(ママデイズ)
MAMADAYS(ママデイズ)
離乳食中期の魚レシピ集|与えられる種類も紹介

© every, Inc.

【管理栄養士監修】離乳食中期の魚レシピ集|与えられる種類も紹介

離乳中期(生後7〜8ヶ月頃)に与えられる魚には何の種類があるのか、どうやって離乳食にするのか疑問に思ったことはありませんか?この記事では離乳中期に与えられる魚の種類や動画で見られるレシピをまとめて紹介します。
離乳中期(生後7〜8ヶ月頃)に与えられる魚には何の種類があるのか、どうやって離乳食にするのか疑問に思ったことはありませんか?この記事では離乳中期に与えられる魚の種類や動画で見られるレシピをまとめて紹介します。

離乳中期(生後7〜8ヶ月頃)に与えられる魚の種類は?

離乳中期に与えられる魚の種類には、離乳初期(生後5〜6ヶ月頃)から与えられる白身魚(たい、ヒラメ、カレイ)としらす干しと、離乳中期から与えられるようになる鮭、赤身魚(まぐろ・ツナ水煮缶・かつおなど)、かじきなどがあります。離乳中期から与えられる種類の魚は、白身魚に慣れてから与えましょう。

離乳初期(生後5〜6ヶ月頃)に与えられる魚には何の種類があるのか、どうやって離乳食にするのか疑問に思ったことはありませんか?この記事では離乳初期に与えられる魚の種類や動画で見られるレシピを紹介します。

ヒスタミンの食中毒に注意

まぐろやかじきは鮮度が落ちると食中毒を引き起こす「ヒスタミン」という成分が生成される可能性があります。ヒスタミンは、調理時に加熱しても分解されません。

食中毒を防ぐためには鮮度のよい物を選び、鮮度が低下した恐れのある魚は食べないようにしましょう。

管理栄養士のひとこと

離乳食で初めての食材を与えるときは、初めて与える食材の種類は1日1種類とし、離乳食用のスプーンで1さじから与え、食物アレルギーの症状が出ないかを確認しましょう。異常がなければ1日ごとに1さじずつ量を増やしていきます。

万が一食物アレルギーの症状などの異常が出たときに受診しやすいように、与える時間は平日の午前中がよいでしょう。

魚の離乳食はぼそぼそとした食感になりやすいため、赤ちゃんが飲み込みやすくするためにおかゆに混ぜる、とろみをつけるなどの工夫をするとよいでしょう。

詳しい与え方などは下記の記事も参考にしてみてくださいね。

鮭は、白身魚に慣れてきた離乳食中期の生後7~8ヶ月頃から与えられます。
その際には生鮭を選び、塩で加工されていないものを使いましょう。
今回は、離乳食の鮭はいつから与えられるのか、 下ごしらえのコツなどをご紹介します。
まぐろは高たんぱく・低脂肪でDHAやEPA、鉄分などを含む食材です。手に入りやすく調理も簡単なので、離乳食に取り入れたいと考えるママ・パパも多いのではないでしょうか。
この記事では離乳食のまぐろはいつから与えられるのかや、下ごしらえのコツなどを紹介します。
常備しておくのにも便利なツナの水煮缶。
離乳食では、なるべく油漬けではなく水煮タイプ、食塩無添加のものを選びましょう。
今回は離乳食のツナはいつから与えられるのかや、下ごしらえのコツなどをご紹介します。
かじきは、メカジキやマカジキ、クロカジキなどの種類があり、カジキマグロとも呼ばれることもあります。
切り身などで売られていることが多く、あっさりと淡泊な味が特徴です。
今回は、赤ちゃんにかじきを与えられる時期や、下ごしらえのコツなどもをご紹介します。

離乳中期から与えられる魚の離乳食レシピを動画で確認

白身魚

きほんの離乳食 白身魚 鯛(モグモグ期 生後7〜8ヶ月頃から)

たいを離乳食に使うときは、骨や皮がない刺身を加熱して作ると簡単に調理できます。

電子レンジで簡単に作れる方法も紹介しているので参考にしてみてくだあいね。「とろみの素」の作り方も紹介しています。

はじめての離乳食、モグモグ期(生後7〜8か月頃)の白身魚の調理の仕方、本だけだとイメージが分からず不安に思っていませんか?
今回は基本のモグモグ期(生後7〜8か月頃)の白身魚(鯛)の調理の仕方をご紹介します。

きほんの離乳食 カレイ(生後7〜8ヶ月頃から)

カレイを離乳食に使うときは、卵がある場合は除き、エンガワの部分も脂が多いので除きます。動画で取り除く部分や離乳食にしたときの刻む大きさの目安なども確認できるので参考にしてみてくださいね。

モグモグ期のカレイ、どうやって調理したらいいのか悩んでいませんか?
モグモグ期にもオススメの「カレイ」の調理方法をご紹介します。
お野菜に混ぜたりして食べてもOKです。

きほんの離乳食 しらす(生後7〜8ヶ月頃から)

しらす干しを離乳食に使うときは、塩分があるためお湯でゆでて塩抜きします。茶こしにしらすを入れて湯通しをするのでもよいでしょう。

刻むときは包丁を使うほかに、器の中で直接キッチンバサミを使って細かく切る方法も手軽でおすすめですよ。

はじめての離乳食、モグモグ期(生後7〜8か月頃)のしらすの調理の仕方、本だけだとイメージが分からず不安に思っていませんか?
今回は基本のモグモグ期(生後7〜8か月頃)のしらすの調理の仕方をご紹介します。
お粥や野菜に混ぜるアレンジも出来ます!

きほんの離乳食 鮭(生後7〜8ヶ月頃から)

鮭を離乳食に使うときは、塩分が多い塩鮭ではなく、生鮭を使います。動画ではゆでて作る方法のほかに、電子レンジで作る方法も紹介しています。

モグモグ期になると食べられる食材が増えてきます。
今回は鮭のモグモグ期の調理方法をご紹介します!
白身魚に食べ慣れたモグモグ期頃から食べさせてあげてください。

赤身魚

きほんの離乳食 赤身魚-まぐろ-(生後7〜8ヶ月頃から)

まぐろを離乳食に使うときは、骨や皮がなくて便利な刺身を加熱して使うのがおすすめです。パサつきやすいので、動画の中で紹介している「とろみの素」でとろみをつけて食べやすくしましょう。

モグモグ期になると食べられる食材が増えてきて大人の食事から取り分けることも多くなってきますよね。
今回ははじめての赤身魚にぴったりのまぐろの基本的な調理方法をご紹介します。
そのままでは食べにくければ食べ慣れている食材に混ぜてみてください。

大活躍! 離乳食ツナ缶ストックの作り方(生後7〜8ヶ月頃から)

手軽に魚をとることができるツナ缶は、離乳食の便利食材のひとつです。離乳食に使うツナ缶は、油を使っていない「ツナ水煮缶」の、食塩不使用のタイプを選びます。

離乳食用に湯通しして刻んだあと、冷凍ストックしておくと便利ですよ。

離乳食のお魚に欠かせないツナ缶!
冷凍ストックの作り方をご紹介します。
解凍してお粥や野菜と和えたり、お焼きの具にも幅広く使えます。

アレルギーについての注意点

レシピには、特定のアレルギー体質を持つ場合にアレルギー反応を引き起こすおそれのある食品を含む場合がございます。

また、初めて召し上がるお子さまには注意が必要ですので、様子を見ながら少量から食べさせてください。

[特定原材料] 卵、乳、小麦、えび、かに、そば、落花生

[特定原材料に準ずるもの] アーモンド、あわび、いか、いくら、オレンジ、キウイフルーツ、牛肉、くるみ、さけ、さば、大豆、鶏肉、バナナ、豚肉、まつたけ、もも、やまいも、りんご、ゼラチン、 ごま、カシューナッツ

必ず「料理を楽しむにあたって」の「乳幼児への食事提供について」を事前にご確認の上ご利用をお願いいたします。

料理を楽しむにあたって

参考:

五十嵐隆(監修)、『授乳・離乳の支援ガイド(2019年改定版)実践の手引き』、公益財団法人 母子衛生研究会、2020年