【管理栄養士監修】離乳食後期の魚レシピ集|白身魚の離乳食レシピも紹介 | MAMADAYS(ママデイズ)
MAMADAYS(ママデイズ)
離乳食後期の魚レシピ集|白身魚の離乳食レシピも紹介

© every, Inc.

【管理栄養士監修】離乳食後期の魚レシピ集|白身魚の離乳食レシピも紹介

離乳食の後期(生後9〜11ヶ月頃)に与えられる魚のレシピにはどんなものがあるか気になったことはありませんか?この記事では離乳後期に与えられる魚の種類や動画で見られるレシピをまとめて紹介します。
離乳食の後期(生後9〜11ヶ月頃)に与えられる魚のレシピにはどんなものがあるか気になったことはありませんか?この記事では離乳後期に与えられる魚の種類や動画で見られるレシピをまとめて紹介します。

離乳後期(生後9〜11ヶ月頃)に与えられる魚の種類は?

離乳後期に与えられる魚の種類には、離乳初期(生後5〜6ヶ月頃)から与えられる白身魚(たい、ヒラメ、カレイ)としらす干し、離乳中期(生後7〜8ヶ月頃)から与えられるようになる鮭、赤身魚(まぐろ、ツナ水煮缶、かつおなど)、かじきなどに加えて、離乳後期(生後9〜11ヶ月頃)から与えられるようになる白身魚の「たら」、青皮魚(あじ、さば、さんま、いわしなど)があります。

離乳後期から与えられるようになるたらや青皮魚は、離乳初期から与えられる白身魚や離乳中期から与えられる赤身魚に慣れてから与えましょう。

離乳初期、中期に与えられる魚の種類やレシピ動画はこちらの記事で確認できます。

離乳初期(生後5〜6ヶ月頃)に与えられる魚には何の種類があるのか、どうやって離乳食にするのか疑問に思ったことはありませんか?この記事では離乳初期に与えられる魚の種類や動画で見られるレシピを紹介します。
離乳中期(生後7〜8ヶ月頃)に与えられる魚には何の種類があるのか、どうやって離乳食にするのか疑問に思ったことはありませんか?この記事では離乳中期に与えられる魚の種類や動画で見られるレシピをまとめて紹介します。

ヒスタミンの食中毒に注意

青皮魚(あじ、さば、さんま、いわしなど)や赤身魚(まぐろ、かつおなど)は鮮度が落ちると食中毒を引き起こす「ヒスタミン」という成分が生成される可能性があります。ヒスタミンは、調理時に加熱しても分解されません。

食中毒を防ぐためには鮮度のよい物を選び、鮮度が低下した恐れのある魚は食べないようにしましょう。

管理栄養士のひとこと

離乳食で初めての食材を与えるときは、初めて与える食材の種類は1日1種類とし、離乳食用のスプーンで1さじから与え、食物アレルギーの症状が出ないかを確認しましょう。異常がなければ1日ごとに1さじずつ量を増やしていきます。

万が一食物アレルギーの症状などの異常が出たときに受診しやすいように、与える時間は平日の午前中がよいでしょう。

魚の離乳食はぼそぼそとした食感になりやすいため、赤ちゃんが飲み込みやすくするためにおかゆに混ぜる、とろみをつけるなどの工夫をするとよいですよ。

詳しい与え方などは下記の記事も参考にしてみてくださいね。

青魚に分類されるあじは、たんぱく質をはじめ、ビタミンや鉄分、カルシウムなどを含む魚です。
年間を通して手に入りやすく、青魚デビューにおすすめです。
今回は離乳食のあじはいつから食べられるのかや、下ごしらえのコツなどをご紹介します。
青魚に分類されるさばは、脂質が多く身も固めです。そのため、離乳食に取り入れるのは後期から。水煮缶なら塩分も抑えられ、手軽に調理できるのでおすすめです。
今回は離乳食のさばはいつから与えられるのか、下ごしらえのコツなどもご紹介します。
さんまは、たんぱく質や、ビタミンB12などを含む赤身魚です。
大人にとっては水煮缶や煮干しなど、一年中手に入る親しみのある食材でもあります。
今回は、赤ちゃんにさんまを与えられる時期や、調理方法なども併せてご紹介します
いわしは、DHAやEPA、鉄、ビタミンDなどが含まれる食材です。
稚魚はしらすと呼ばれ、小型のかたくちいわしを食塩水でゆで、乾燥させたものは煮干しといいます。
今回は、赤ちゃんにいわしを与えられる時期や、下ごしらえのコツなどをご紹介します。

離乳後期から与えられる魚の離乳食レシピを動画で確認

白身魚

きほんの離乳食 白身魚 鯛(生後9〜11ヶ月)

たいを離乳食に使うときは、骨や皮がない刺身を加熱して作ると簡単に調理できます。

電子レンジで簡単に作れる方法も紹介しているので参考にしてみてくだあいね。動画でも作り方を紹介している「とろみの素」でとろみをつけると食べやすくなります。

はじめての離乳食、カミカミ期の白身魚の調理の仕方、本だけだとイメージが分からず不安に思っていませんか?今回は基本のカミカミ期の白身魚(鯛)の調理の仕方をご紹介します!始めはとろみを付けてあげて、慣れてきたらほぐし身を少しずつあげてみてください。

きほんの離乳食 カレイ(生後9〜11ヶ月頃から)

カレイを離乳食に使うときは、卵がある場合は除き、エンガワの部分も脂が多いので除きます。動画で取り除く部分や離乳食にしたときのほぐす大きさの目安なども確認できるので参考にしてみてくださいね。

カミカミ期のカレイ、どうやって調理したらいいのか悩んでいませんか?
カミカミ期にぴったりの「カレイ」の基本の調理方法をご紹介します。
お野菜と一緒に煮たりしても美味しく食べられます。

しらす

きほんの離乳食 しらす(生後9~11ヶ月頃から)

しらす干しを離乳食に使うときは、塩分があるためお湯でゆでて塩抜きします。茶こしにしらすを入れて湯通しをするのでもよいですよ。

刻むときは包丁を使うほかに、器の中で直接キッチンバサミを使って細かく切る方法も手軽でおすすめです。

はじめての離乳食、カミカミ期(生後9〜11か月頃)のしらすの調理の仕方、本だけだとイメージが分からず不安に思っていませんか?
今回は基本のカミカミ期(生後9〜11か月頃)のしらすの調理の仕方をご紹介します。
お粥や野菜に混ぜるアレンジも出来ます。

柔らかく茹でて食べやすく! 離乳食わかめしらすおにぎり(生後9〜11ヶ月頃から)

しらすとわかめの混ぜご飯のミニサイズのおにぎりです。ミニサイズのおにぎりを一度にたくさん作る方法も紹介しています。

離乳食にわかめを取り入れてみませんか?
わかめおにぎりにしてあげると食べやすいですよ。
わかめだけでも、おにぎりにしてからでも冷凍ストックOK!

冷凍ストックOK!わかめしらすうどん(生後9〜11ヶ月頃から)

しらす、わかめ、にんじんを入れて煮込んだうどんです。まとめて作って冷凍ストックできますよ。

離乳食の定番のうどん!
今回は定番のわかめうどんの作り方をご紹介します。
たくさん作って冷凍保存しておけば、忙しい朝にもぴったりです!

きほんの離乳食 鮭(生後9~11ヶ月頃から)

鮭を離乳食に使うときは、塩分が多い塩鮭ではなく、生鮭を使います。動画ではゆでて作る方法のほかに、電子レンジで作る方法も紹介しています。

カミカミ期の鮭の調理方法はご存知ですか?
今回は鮭のカミカミ期の調理方法をご紹介します!
ご飯に混ぜたり、野菜に混ぜたりして活用してみてください。

ごはんがパクパクすすむ! 手作り鮭ふりかけ (生後9〜11ヶ月頃から)

鮭と小松菜と白すりごまが入った栄養たっぷりの手作りふりかけです。おかゆに乗せたり混ぜご飯の具にしても美味しいですよ。

白いご飯を食べてくれないことってありませんか?
そんなときにストックしておきたい手作り鮭ふりかけをご紹介します!
ご飯に混ぜておにぎりや卵焼きに混ぜたりアレンジがたくさんできますよ。
鮭にはDHAやEPAが含まれています。

お魚もパクパク食べよう! じゃが鮭おやき(生後9〜11ヶ月頃から)

手づかみで魚がとれるメニューです。鮭とじゃがいもと青のりが入っています。チーズを入れてアレンジするのもおすすめですよ。

手づかみ食べでお魚も食べさせてあげたいときに!
じゃが芋と鮭の相性は抜群です!
冷凍ストックOK。
チーズなど入れてアレンジしても美味しいですよ。

赤身魚

きほんの離乳食 赤身魚-まぐろ-(生後9〜11ヶ月頃から)

まぐろを離乳食に使うときは、骨や皮がなくて便利な刺身を加熱して使うのがおすすめです。パサつきやすいので、動画の中で紹介している「とろみの素」でとろみをつけて食べやすくしましょう。

今回はカミカミ期のまぐろの基本的な調理方法をご紹介します。
カミカミ期にぴったりの簡単なアレンジメニューも!
鉄分を多く含む食品なので、ぜひカミカミ期に取り入れてみてください。

魚臭さを感じにくい まぐろのみぞれ煮(生後9〜11ヶ月頃から)

まぐろを大根おろしとだしと一緒に煮て、とろみをつけた煮物です。電子レンジで簡単に作れるのでぜひ試してみてくださいね。

離乳食後期、まぐろを使ったレシピを取り入れてみませんか?
レンジですぐにできるまぐろのみぞれ煮の調理方法をご紹介します。
まぐろにはタンパク質や鉄分など、成長に欠かせない栄養素が含まれています!

離乳食取り分けレシピ 納豆チャーハン(生後9〜11ヶ月・1歳〜1歳6ヶ月頃から)(ツナ・しらす入り)

ツナ、しらす、納豆、小松菜、にんじんが入った栄養たっぷりのチャーハンです。大人の分も一緒に作って離乳食に使う分を取り分けできます。

離乳食と大人用の食事を準備するのって大変と感じたことはありませんか?
そんなときは味付けの段階で取り分けて、一工夫すればお子様の分も完成します。
栄養が豊富な納豆!簡単に作れて、これ一つで主食・タンパク質・野菜がとれます。

青皮魚

きほんの離乳食 青魚−あじ−(生後9〜11ヶ月頃から)

はじめての青皮魚は、さばより脂質が少なく、いわしより骨が少ないあじがおすすめです。離乳食を作るときは、骨のない刺身用や三枚おろししたものを使って加熱すると簡単に作れますよ。

はじめての青魚にはあじがおすすめ!
サバよりも脂質が少なくイワシよりも骨が少なくて調理しやすいです。
青魚には脳や神経に働くDHAがたくさん含まれています。

きほんの離乳食 さば(生後9〜11ヶ月頃から)

離乳食でさばを使うときは、塩分が多い塩さばではなく、生さばを使います。小骨が混ざっていないか与えるときも目視で確認すると安心です。

青魚に分類されるさばは、離乳食後期のカミカミ期頃から食べられます。
今回はカミカミ期のさばの選び方や調理のポイントをご紹介します!
さばは鮮度が落ちやすいため、早めに下処理をしましょう。

アレルギーについての注意点

レシピには、特定のアレルギー体質を持つ場合にアレルギー反応を引き起こすおそれのある食品を含む場合がございます。

また、初めて召し上がるお子さまには注意が必要ですので、様子を見ながら少量から食べさせてください。

[特定原材料] 卵、乳、小麦、えび、かに、そば、落花生

[特定原材料に準ずるもの] アーモンド、あわび、いか、いくら、オレンジ、キウイフルーツ、牛肉、くるみ、さけ、さば、大豆、鶏肉、バナナ、豚肉、まつたけ、もも、やまいも、りんご、ゼラチン、 ごま、カシューナッツ

必ず「料理を楽しむにあたって」の「乳幼児への食事提供について」を事前にご確認の上ご利用をお願いいたします。

料理を楽しむにあたって