【妊娠後期のトラブル】体重オーバー | MAMADAYS(ママデイズ)
MAMADAYS(ママデイズ)
【妊娠後期のトラブル】体重オーバー

【妊娠後期のトラブル】体重オーバー

太り過ぎは合併症のもと。7~12kg以内の増加にとどめて。
太り過ぎは合併症のもと。7~12kg以内の増加にとどめて。

こんな症状

 妊娠中はホルモンのはたらきで太りやすくなります。

 でも、妊娠中に体重がふえすぎると、いろいろな合併症が出やすくなるということは知られるようになってきました。

体重オーバーによる出産のリスク

 肥満になってまず心配されるのが、妊娠高血圧症候群になりやすいことです。

 妊娠高血圧症候群になると胎盤の機能が低下して、赤ちゃんの発育が遅れたり、常位胎盤早期剥離の原因になったりすることがあります。

 また、太りすぎると産道にも脂肪がつき、難産になりやすく、赤ちゃんも大きくなりやすくなります。微弱陣痛にもなり、産後の体重の戻りも遅れ、母乳が出にくいという傾向もあります。出産後なかなか肥満が改善されないと、将来糖尿病や高血圧のリスクが高くなります。

 赤ちゃんの健全な発育のためにも、安産のためにも、ママの健康のためにも、妊娠中の体重コントロールは大切です。

 体重増加の目安は、平均で7~12㎏くらい。これは、妊娠前に標準体重だった人の場合です。妊娠前から太めで標準体重を超えていた人は、プラス3~5㎏に抑えたいところです。逆に妊娠前に標準体重よりやせていた人は、9~12㎏くらいの増加なら大丈夫でしょう。やせている人で体重増加が少ないと赤ちゃんの発達不全のリスクが大きくなります。定期的に体重を計って。

体重オーバーを防ぐには

 栄養バランスのよい食事をとり、カロリーオーバーに十分気をつけることです。

 間食のとりすぎや夜食はやめましょう。

From mama 妊娠中の体重 どうやって管理してた?

  • 買うとどうしても食べてしまうので、甘いものは買わないようにした
  • ジュースや果物も糖分が多いので、飲み物はお茶でがまんした
  • 15kgふえたので毎日散歩を1時間した。休日はパパも付き合ってくれたので、楽しかった
  • ふえているかと思うと体重計に乗るのがいやだったが、毎朝必ず計る癖をつけた
  • マタニティアクアに週2回通ったが、泳いだあとはおなかがすくのでつい食べすぎてしまい、今考えるとあまり効果がなかったかも…

写真提供:ゲッティイメージズ

※当ページクレジット情報のない写真該当

連載の目次