【医師監修】妊娠中ダイエットはしてもよい? | MAMADAYS(ママデイズ)
MAMADAYS(ママデイズ)
妊娠中ダイエットはしてもよい?

【医師監修】妊娠中ダイエットはしてもよい?

妊娠中の体重管理は、安心なお産やおなかの赤ちゃんの発育のために大切です。
太りすぎはよくありませんが、やせすぎもおなかの赤ちゃんの発育と、将来の成人病のリスクが高まることがわかっています。妊娠中は過剰なダイエットはやめて必要な栄養素をとるように心がけましょう。
妊娠中の体重管理は、安心なお産やおなかの赤ちゃんの発育のために大切です。
太りすぎはよくありませんが、やせすぎもおなかの赤ちゃんの発育と、将来の成人病のリスクが高まることがわかっています。妊娠中は過剰なダイエットはやめて必要な栄養素をとるように心がけましょう。

妊娠中ダイエットはしてもよいの?

「あまり太りたくない……」と妊娠中にダイエットを考えるママがいるかもしれません。しかし妊娠中に、必要以上に体重が増えたり減ったりすることは、ママの体にもおなかの赤ちゃんにもリスクをもたらします。

おなかの赤ちゃんはママの胎盤から、発育に必要な栄養素を受け取っています。

つわりが落ち着いたらバランスのよい食事を心がけ十分に栄養素をとれるようにしましょう。医師や助産師から指導がない限りダイエットはおすすめできません。

妊娠中はおなかの赤ちゃんのほか、ママの体も変化します。子宮や乳房、羊水や胎盤などの重さも増えるため、合計約9kgは母体にとって意味のある体重増加とされています。

妊娠中の体重増加の合計約9kgの内訳

個人差がありますが、ママの体に生理的な変化によって増える体重増加の内訳は以下のようになります。

子宮・乳房 約1kg

赤ちゃん 約3kg

羊水 約0.5kg

妊娠して増えた脂肪 約2kg

妊娠して増えた血液&水分 合計約2kg

胎盤 約0.5kg

妊娠中の体重増加はどれくらい?

妊娠中の理想的な体重増加量は、妊娠前のママの体型によって異なります。

妊娠する前のBMI(ボディマスインデックス)を計算してみましょう。

値により「低体重(やせ)」「ふつう」「肥満」に分けられます。

BMI18.5以上25.0未満の体格区分が「ふつう」のママでは妊娠中7〜12kgの体重の増加が推奨されています。

BMIの計算方法

※BMI:体重(kg)÷身長(m)÷身長(m)で計算。

BMIは、自分の体格を知るための指標となります。

(例)身長160㎝、体重50kgの人のBMIは、50(kg)÷1.6 (m)÷1.6 (m)=19.5

「ふつう」にあてはまります。

体重増加の目安はどのくらい

© 2015 every, Inc.

妊娠中にママの体重が少なすぎると起こるリスク

個人差がありますが、もともとやせ気味のママや、妊娠中に体重があまりにも増えなかったケースでは、早産や切迫早産、低出生体重児(2500g未満で生まれた赤ちゃんのこと)などのリスクが高まるとされています。

ダイエットと低出生体重児

以前は「小さく産んで大きく育てよう」といった風潮もあり、妊娠中なるべく体重を増やさないようにしていたママも少なくありません。
しかし現在は、おなかの赤ちゃんが長期間低栄養状態にさらされることが、将来糖尿病や高血圧などの生活習慣病にかかりやすくなる原因の一つになることがわかっています。
ママのやせすぎだけが低出生体重児の原因となるわけではありませんが、おなかの赤ちゃんの環境が将来の赤ちゃんの成人病のリスクに関わってきます。

妊娠中のダイエットは行わず、しっかり栄養をとることを心がけましょう。

妊娠中の食事や栄養素については以下の記事も参考にしてみてください。

妊娠中の食事は、元気な赤ちゃんの体を作るためにも、ママの体調を維持するためにも、とても重要です。「バランスよく食べるように」といわれますが、具体的には何を食べればよいのか、また、注意したい食べ物はどんなものかなどを知っておきましょう。

妊娠中にママの体重が増えすぎると起こるリスク

もともと肥満傾向のママや、妊娠中に体重が増えてすぎてしまった場合には妊娠糖尿病、妊娠高血圧症候群となるリスクが高いとされています。
また微弱陣痛といって陣痛が起こりにくかったり、赤ちゃんが大きくなりすぎたりすることで経腟分娩が行えずに帝王切開となることもあります。

しかし肥満傾向で、体重のコントロールが必要と判断されたママでも、栄養バランスのとれた食事をとる必要があります。
食事を抜いたりすることは、赤ちゃんの発育に必要な栄養素が足りなくなってしまうので注意が必要です。
医師の診察のもとおなかの赤ちゃんの成長を確認しながら、それぞれのママにあったカロリーを摂取する必要があります。

妊娠糖尿病については以下の記事も参考にしてください。

妊娠高血圧症候群については以下の記事も参考にしてください。

妊娠高血圧症候群はママと赤ちゃんの生命にかかわる重大な病気で、かつては妊娠中毒症と呼ばれていました。誰でもかかる可能性がある病気ですが、どのような症状やリスクが伴うのでしょうか。今回は妊娠高血圧症候群についてお伝えします。

産婦人科医・吉村泰典先生からひとこと

やせている女性や、肥満傾向の女性の妊娠、出産や赤ちゃんへの影響について述べました。
妊娠に気がついてから日々の生活の仕方に注意することはもちろんですが、実は妊娠する前からのケアがとても大切です。
妊娠前から標準体重に近づける、規則正しい食生活をする、お母さん自身に病気がないかどうかチェックしておく、というような考え方を「プレコンセプションケア」といいます。

妊娠前、妊娠中のお母さんの状態が、おなかの赤ちゃんの将来の健康にもつながっている、ということです。

また私がよくお伝えしているのは、妊娠はお母さんにとって最大のストレステストであるということです。
妊娠中、健診などを通して高血圧や糖尿病などのほか、さまざまな病気のきっかけに気がつくことがあります。
出産後は一時的に改善することも多いですが、これをきっかけに、引き続きお母さん自身の健康もぜひ大切にしてほしいと思います。

参考:

・公益社団法人 日本産科婦人科学会・公益社団法人 日本産婦人科医会(編集・監修)

『産婦人科診療ガイドライン産科編2020』2020年

・武谷雄二・上妻志郎・藤井知行・大須賀穰(監修)、『第3版プリンシプル産科婦人科学②産科編』、メジカルビュー社、2014年

・『妊娠中・産後のママのための食事BOOK 』(厚生労働省)

(2020年12月18日閲覧)

写真提供:ゲッティイメージズ

※当ページクレジット情報のない写真該当