【産婦人科医監修】新生児期から内服 ビタミンK2シロップの必要性 | MAMADAYS(ママデイズ)
MAMADAYS(ママデイズ)

【産婦人科医監修】新生児期から内服 ビタミンK2シロップの必要性

新生児期に3回投与されるビタミンK2シロップ。
赤ちゃんにビタミンK2シロップはなぜ必要なのか、気になることはありませんか?
ビタミンKの必要性について産婦人科医の荒瀬先生に伺いました。
Progress: NaN%
Current Time 0:00
/
Duration Time 0:00

【産婦人科医監修】新生児期から内服 ビタミンK2シロップの必要性

新生児期に3回投与されるビタミンK2シロップ。
赤ちゃんにビタミンK2シロップはなぜ必要なのか、気になることはありませんか?
ビタミンKの必要性について産婦人科医の荒瀬先生に伺いました。
Progress: NaN%
Current Time 0:00
/
Duration Time 0:00

ビタミンK欠乏性出血症

早発型:生後2〜7日→消化管出血
[症状]
 ・吐血
 ・下血
※合併症のある児や母親がビタミンKに対して阻害作用のある薬を内服している場合、早期に発症することがある。

遅発型:生後1〜2ヶ月→頭蓋内出血
[症状]
 ・嘔吐
 ・けいれん

ビタミンKが不足する原因

  • 胎盤からはとりにくいビタミン
  • ビタミンKを作る腸内細菌が新生児では未発達
  • 母乳から摂取できる量が少ない(個人差がある)
  • 阻害作用のある薬を内服しているケース

K2シロップの投与

K2シロップ1ml(2mg)の投与回数
 3回

投与時期
 ・生後1日目
 ・5日目(退院時)
 ・1ヶ月目(1ヶ月健診時)

投与方法
 スプーンや哺乳びんの乳首などで赤ちゃんの舌に乗せる(経口投与)

お気に入り

関連する記事