赤ちゃんが泣く理由と対処法 | MAMADAYS(ママデイズ)
MAMADAYS(ママデイズ)
赤ちゃんが泣いたら

赤ちゃんが泣く理由と対処法

まだ言葉を話せない赤ちゃんにとって、泣くことは唯一といってもいい表現の手段です。赤ちゃんが泣いてもあわてることはないけれど、「泣くのが仕事」と放っておくのはいけません。「泣くこと」で赤ちゃんが訴えているのは何なのか、できる範囲で察して、応えてあげましょう。
まだ言葉を話せない赤ちゃんにとって、泣くことは唯一といってもいい表現の手段です。赤ちゃんが泣いてもあわてることはないけれど、「泣くのが仕事」と放っておくのはいけません。「泣くこと」で赤ちゃんが訴えているのは何なのか、できる範囲で察して、応えてあげましょう。

赤ちゃんはこんな時に泣いて訴えます

 赤ちゃんは一日のうちに何度も泣きますが、泣く理由は、「おなかがすいた」「おむつがぬれて気持ちが悪い」「眠くてきげんが悪い」「着ている服が暑い、寒い」などさまざま。泣き方にもいろいろあって、ぐずるように泣いたり、大声を上げて泣いたりと、どんな時にどんなふうに泣くのか、始めのうちはわからないことが多いものです。

 もちろん、毎日赤ちゃんと接することになるとそうもいっていられませんよね。

 そこで赤ちゃんが泣いた時、授乳からあまり時間がたっていない場合には、まず、おしっこやうんちでおむつが汚れていないかどうか見てみましょう。

 おむつがぬれているわけでもない、おなかもすいていないとなれば、眠たいか甘えたいのでしょう。そんな時には、赤ちゃんを抱っこしてあやしたり、やさしく声をかけたり、添い寝したり歌を歌ったりしましょう。

夜泣きが続く時にはパパ、ママで協力して

 パパとママが協力し合いながら、しっかりかまえて乗り切るしかありません。パパがいる時にはパパが抱っこしてあげる、夜中は交代で赤ちゃんの相手をするなど、上手に役割分担をしましょう。

ふだんの泣き方とちがう時は要注意

 日常の生理以外に、時には病気の訴えで泣くこともあります。抱っこしたりあやしたりして泣きやむときは心配ありませんが、元気がなく、ぐったりとしている時、顔色や唇の色が悪かったり、熱や嘔吐、下痢などの症状があったりする時には、念のため病院で診てもらうと安心です。

赤ちゃんの泣き方Q&A

抱っこしないと 眠ってくれません

そのうえとても敏感で、寝たと思って下ろすとすぐ起きてしまって、ぐったり疲れてしまいます…

  • だんだん寝る時間が長くなり、泣く時間が短くなりと成長していきます

    ずっと抱っこしなければならないのは大変ですね。先輩ママのほとんどが通る道。赤ちゃんもだんだん寝る時間が長くなり、泣く時間が短くなりと成長していきますよ。

うんちをしても泣きません

うんちをしても泣かないんですが、変ですか?

  • うんちを気にしない子もいます

    赤ちゃんには神経質な子もいれば、気にしない子もいます。うんちをしても泣かないのであれば、赤ちゃんがうんちをしたときのサインをしぐさや表情から見つけましょう。

写真提供:ゲッティイメージズ

※当ページクレジット情報のない写真該当