シミになる前に一手間 授乳・ミルク汚れの落とし方 | MAMADAYS(ママデイズ)
MAMADAYS(ママデイズ)

シミになる前に一手間 授乳・ミルク汚れの落とし方

授乳中のおっぱいやミルクの汚れがシミになってしまったことはありませんか?
今回は洗濯用固形石鹸と漂白剤を使ったシミを防ぐ方法をお教えします。
シミになる前にぜひお試しください!
Progress: NaN%
Current Time 0:00
/
Duration Time 0:00

シミになる前に一手間 授乳・ミルク汚れの落とし方

授乳中のおっぱいやミルクの汚れがシミになってしまったことはありませんか?
今回は洗濯用固形石鹸と漂白剤を使ったシミを防ぐ方法をお教えします。
シミになる前にぜひお試しください!
Progress: NaN%
Current Time 0:00
/
Duration Time 0:00

シミになる前に! 授乳・ミルク汚れの落とし方

授乳をしているときにミルクの汚れが服につくことがあります。

そのままにしておくとなかなか落ちなくなってお気に入りの服が黄ばんだり、シミの跡がついたままに……。そのため早めにシミを落とす対処が必要です。

洗濯機に入れる前に少しだけ手間をかけることで、ミルク汚れがきれいに落ちるので、試してみてください。

授乳時についた汚れの落とし方

手順:固形石鹸の場合

1. 40℃以下のぬるま湯を用意する。

01

© every, Inc.

2. 弱アルカリ性の洗濯用固形石鹸でシミを揉み洗いする。

3. 洗濯機で洗濯。

洗濯時の
POINT

タンパク質は高温で固まるため、直接熱いお湯で洗ってしまうと汚れがとれにくくなります。必ず40℃以下のぬるま湯で洗うようにしましょう。

03

© every, Inc.

吐き戻しのときについた汚れの落とし方

手順:漂白剤の場合

1. 40℃のぬるま湯を用意する。

04

© every, Inc.

2. 1Lあたり5gのベビー服用漂白剤を入れ、かき混ぜる。(
※注意:漂白剤の使用量は、使用するベビー服用漂白剤に従ってください。)

3. シミのついた服を入れ、30分程度つけ置きする。

06

© every, Inc.

4. すすいで、洗濯する。

洗濯時の
POINT

汚れがひどい時は2時間程度つけ置きする。

毎日の授乳でつく汚れを毎回洗うのは大変なものですが、一手間かけるだけで衣類のきれいが保てるので試してみてくださいね。

シミがついた服は洗濯前の一手間が大事

授乳中はおっぱいやミルクが服にこぼれることがあります。

さらに赤ちゃんのミルクの吐き戻しなどで汚れが服に付きがちです。

こまめな服の手洗いが面倒だからとついつい、シミがついたままで洗濯し、それを繰り返していると徐々に衣類が黄ばんでしまうことも……。

「お気に入りだったのに」「下の子にも使いたかった」など悲しいことがないようにしたいものです。時間が経った汚れは落ちにくくなるため、簡単に落とせるうちに汚れを落としてしまいましょう。

毎日の洗濯の中で少し手間はかかりますが、一手間かけて早めに対処しておくことで、お気に入りの洋服を長く着れるようになります。

今回は洗濯用固形石鹸と漂白剤を使った「シミを防ぐ方法」をご紹介しました。

毎日の洗濯に取り入れてみてはいかがですか。