ひな祭りレシピまとめ|おうちで楽しむひな祭り | MAMADAYS(ママデイズ)
MAMADAYS(ママデイズ)
ひな祭りレシピまとめ|おうちで楽しむひな祭り

ひな祭りレシピまとめ|おうちで楽しむひな祭り

3月3日はひな祭り!せっかくのお祝いごとなので、食卓にひな祭りらしい彩りを添えてみてはいかがでしょうか。この記事ではひな祭りにぴったりなレシピを紹介します。
3月3日はひな祭り!せっかくのお祝いごとなので、食卓にひな祭りらしい彩りを添えてみてはいかがでしょうか。この記事ではひな祭りにぴったりなレシピを紹介します。

ひな祭りの日をお祝いしよう

3月3日は「ひな祭り」。
女の子の健康と幸せな成長を願うお祝いといわれています。ひな祭りを家でお祝いするにあたって、彩り鮮やかなひな祭りメニューでお祝いしてみてはいかがでしょうか。

3月3日は、女の子の成長と幸せを願うひな祭り。「上巳(じょうし)の節句(桃の節句)」として古くから親しまれてきた行事です。今回はひな祭りについて、意味や由来を紹介します。

紹介するレシピはアレンジ自由!

食材や分量はそのままに、切り抜く型の形や、飾り方などをアレンジしてオリジナルのひな祭り料理をあみ出してもいいですね。

※使用する食材をアレンジする場合は、同じ月齢内で与えられる食材のみで量を守って与えましょう。

レシピで作った料理をシェアしよう!

ひな祭りレシピで作った料理と一緒に写真を撮ってSNSでシェアしたり、写真を印刷して飾ったり、親戚に送って成長をお祝いしたりすれば、いつもより少し特別な思い出になるかもしれませんね。

子どもと作れるオリジナル「ひな飾り」も一緒に作って飾ってみたら、写真も思い出もより華やかになるかもしれません。合わせてチェックしてみてください。

3月3日はひな祭り!ひな祭りといえば、ひな人形をはじめとするさまざまなひな飾りがありますよね。この記事では、ひな祭りに子どもと一緒に楽しめるひな飾りの作り方3選を紹介します。

注意:離乳食期の生魚はNG!

ひな祭りにはちらし寿司のイメージがあるママやパパもいるかもしれませんが、離乳食期の生魚はNGです。アレンジをしたい場合は、同じ月齢内で与えても大丈夫な食材内でしましょう。

刺身はいつから子どもに与えられるのか、疑問に思ったことはありませんか?「火を通すこと」が基本の離乳食の時期には、生のままの刺身はNG。でも、離乳食に刺身を加熱して活用するのは便利でおすすめです。刺身を使うメリットや気になる活用法などを紹介します。

【生後9ヶ月〜11ヶ月】 ひし餅に見立てたちらし寿司風レシピ

材料

5倍粥〜軟飯(子どもにあったやわらかさのごはん) 80g

青のり ふたつまみ

鮭 15g

コーン(刻み) 適量

ゆでブロッコリー 適量

★型抜きしたゆでにんじん 適量

★よく洗った紙パック ジュースや牛乳の紙パック

アレンジポイント

★:星マークはおすすめのアレンジポイントです。

型抜きの形を変えたりひし形以外の形に整えてもかわいいですよ。

3月3日はひな祭り!
菱餅に見立てたちらし寿司ケーキの作り方をご紹介します。
簡単な材料で作れて、豪華に見えますよ!!

【1歳6ヶ月〜】手まり寿司風レシピ

材料

軟飯  80〜100g

鮭(生鮭を加熱してほぐしたもの) 20g

青のり  小さじ1/2

炒り卵  1/2個分

★ハム  1枚

★ゆでにんじん  薄くスライスしたもの2枚

ゆでた絹さや 1束

アレンジポイント

★:星マークはおすすめのアレンジポイントです。
型抜きの形を変えたり、何個も型を抜いて、散らすようにトッピングしてもかわいいですよ。

ひな祭りの行事食は何を作りますか?
今回はカラフルで可愛い「手まり寿司風」をご紹介します。
手づかみで楽しく食べられるかもしれないですね。

【3歳以上】手巻き寿司

手巻き寿司なら、子どもと一緒に思い思いの食材を包んで楽しみながらできるので、盛り上がるかもしれません。


3歳を過ぎたあたりから、大人と同じような料理を食べられるようになりますが、好き嫌いなどの好みもあるので、子どもに合わせて味付けや材料をアレンジしても楽しいですね。

ひなまつりに手巻き寿司を作りたいな。
「手巻き寿司セット くま&うさぎ」は子どもと一緒に楽しめる手巻き寿司キット。
ミニしゃもじも付いているから、子どもでも作りやすいですよ。

ひな祭りの食卓を彩ろう!

3月3日のひな祭りにぴったりなレシピは、それぞれアレンジ自由なので、思い思いの彩りを食卓に添えて、子どもと一緒に特別な時間を過ごしてみてはいかがでしょうか。

写真提供:ゲッティイメージズ

※当ページクレジット情報のない写真該当

お気に入り

関連する記事