【医師監修】妊娠初期の頭痛はよくあること? 頭痛薬は飲んでもいい? | MAMADAYS(ママデイズ)
MAMADAYS(ママデイズ)
妊娠初期の頭痛はよくあること? 頭痛薬は飲んでもいい?

【医師監修】妊娠初期の頭痛はよくあること? 頭痛薬は飲んでもいい?

妊娠前から頭痛持ちでなかった人でも妊娠を機に頭痛が起こることがあります。妊娠初期におこる頭痛について薬を飲んでもいいのか、どのような場合に病院へ受診したらいいのか気になりますよね。この記事では、妊娠初期の頭痛の原因や薬のこと、受診の目安などについて紹介します。
妊娠前から頭痛持ちでなかった人でも妊娠を機に頭痛が起こることがあります。妊娠初期におこる頭痛について薬を飲んでもいいのか、どのような場合に病院へ受診したらいいのか気になりますよね。この記事では、妊娠初期の頭痛の原因や薬のこと、受診の目安などについて紹介します。

妊娠初期の頭痛ってよくあること?

女性ホルモンの変化によって頭痛がおこることがあります

妊娠すると、女性ホルモンが急激に増加するため、この影響が頭痛という形で現れることも少なくありません。しかし、妊娠初期の頭痛の痛みの程度やどのくらい続くかには個人差があり、そもそも頭痛がない人もいます。

妊娠が原因で起こる頭痛の場合、片頭痛(脳の血管が拡がることで起こる頭痛)や緊張性頭痛(頭周りの筋肉が緊張して起こる頭痛)などがあります。

特に妊娠前から片頭痛のある人は、妊娠初期に片頭痛がひどくなることがあります。この場合、妊娠月数が進むにつれて改善することもありますが、我慢する必要はありません。

頭痛がつらかったり、痛みがさらに悪化したりする前になるべく早く医師に相談しましょう。

※女性ホルモンの変化による頭痛は生理(月経)中にも起こりうる症状です。頭痛があるかどうかで妊娠を判断することはできないので注意しましょう。

頭痛を含むそのほかの妊娠初期の症状はこちら。

妊娠すると体にさまざまな変化が起こりますが、その症状は人それぞれで自分で判断が難しいものです。今回は、妊娠したかもと思ったときに判断の目安となる症状や月経(生理)との違いなどを紹介します。
妊娠初期に便秘ではなく下痢で悩むママもいるのではないでしょうか。実は妊娠初期も便秘と同じく下痢になることもあるのです。今回は、妊娠初期における下痢の原因や対処法について紹介します。
妊娠初期は今まで便秘になったことがない人でも便秘になりやすいといわれています。ここでは、便秘の原因や解消方法などについて解説しています。
妊娠検査薬で陽性!妊娠の可能性は期待できますが、実はこれだけでは正常な妊娠とは判断できません。できるだけ早めに医療機関を受診する必要があります。妊娠したら最初の受診はいつ?またその理由についてお伝えします。

頭痛がつらいときの対処法は?

日頃から頭痛で悩んでいる人の中には、日常的に痛み止めを使っている人もいるでしょう。では妊娠初期の場合、頭痛薬を飲んでもいいのでしょうか。

妊娠初期の頭痛薬は医師や薬剤師に相談してから

妊娠初期も含め妊娠中は、薬を不必要に使わないことが大切です。どうしても頭痛を抑えるために薬を服用したい場合、必ず医師や薬剤師に相談してからにしましょう。

頭痛を抑える鎮痛剤によっては、妊娠中の体によくない場合もあります。一方で母体によっては妊娠中でも継続して内服していたほうがよいものもあります。自己判断での服用開始や服用中止、減量・増量はせず、頭痛の症状と合わせて医師に相談しましょう。

妊娠を診断されたあとはもちろんですが、妊娠の可能性がある場合も、頭痛の悩みを医師や薬剤師に相談し、処方してもらった薬を使いましょう。

休息を取るようにする

日常生活を見直すことが、妊娠中の頭痛を和らげることに有効な場合もあります。人によって、症状の改善程度は異なりますが、十分な休息を取ったり、まぶしい光や特定の食品を避けるなどしてみましょう。

もしなかなか頭痛が治らない場合は、なるべく早く医師に相談しましょう。

妊娠中、頭痛が続くと心配ですね。頭痛薬を飲むのも赤ちゃんへの影響が気になるし、どう対処すればいいか悩まれているママも少なくないでしょう。妊娠中の頭痛が起こる原因や、その対処法などについてご紹介します。

すでに薬を飲んでしまっていたら?

内服した薬の種類や飲んだ時期について調べる

薬を、妊娠中と気づかずに飲んでしまったり、妊娠中とわかっていながら普段通りに薬を飲んでしまったりするかもしれません。その場合はどうしたらいいのでしょうか。

まず、薬を飲んでしまったら落ち着いて、飲んだ薬の種類や時期を調べましょう。市販薬であれば箱の裏面や注意書きの紙に妊娠中の内服について記載があったり、ホームページで検索してもよいでしょう。

少しでも不安があるようなら、医師や薬剤師に相談してみましょう。

また、薬の成分が妊娠に影響あるものかどうか、国立成育医療研究センターのホームページにある「妊娠と薬情報センター」にて、妊娠中のママ向けのお薬相談を郵送で受けつけています。合わせて利用してみてはいかがでしょうか。

・国立研究開発法人 国立成育医療研究センター、「妊娠と薬情報センター

妊娠初期に注意すべき頭痛

妊娠初期にみられる頭痛の中でも稀ですが、妊娠とは別の原因による頭痛も考えられます。「ただの頭痛」と思わずに、普段から体調をしっかり管理し、コントロールしていきましょう。頭痛が続いたり、ひどくなったりする場合には早めに医師に相談しましょう。

高血圧による頭痛

妊娠前から高血圧や血圧が高めの人が、妊娠初期につわりなどで体調を崩して血圧が変動してしまうと、頭痛が生じることも考えられます。血圧が妊娠前から高めの人は、日ごろの食生活から気を使う必要があります。

血圧のコントロールは、妊娠検査を行う過程で医師から指導があるはずなので、指示に従いましょう。

頭痛がどんどん悪化する場合は、すぐに相談しましょう。

妊娠高血圧症候群の予防のためにも減塩は心がけたいもの。むくみやたんぱく尿などがなくても、毎日の食事に注意を。
妊娠中の食事は、元気な赤ちゃんの体を作るためにも、ママの体調を維持するためにも、とても重要です。「バランスよく食べるように」といわれますが、具体的には何を食べればよいのか、また、注意したい食べ物はどんなものかなどを知っておきましょう。

速やかに受診が必要な頭痛

頭痛の程度は人それぞれですが、妊娠が原因によるものばかりではありません。中には、危険な状態である場合の頭痛もあるので、必要以上に我慢したりする必要はありません。

中でも以下のような場合は、速やかに受診する必要があります。

【受診の目安】

  • 頭痛が激しい
  • 吐き気がある
  • 意識がはっきりしない
  • 右または左半身のどちらかの力が入らない、しびれる、動きに違和感があるなど
  • 言葉が出てこない、ろれつが回らないなど
  • 片方の目が見えなくなる、視野が半分欠ける、目の前がチカチカするなど
  • みぞおちや上腹部の痛みがある

また、頭痛がどんどんひどくなるようであれば、くも膜下出血など生命の危機も考えられます。上記のような異変がある場合や、普段の頭痛や体調と比べてなにか異変があれば、すぐにでも医師に相談しましょう。

妊娠初期の頭痛は医師に相談しよう

妊娠初期をはじめ妊娠中は、多くの場合ホルモンバランスの変化の影響などで、頭痛が起こることがあります。妊娠中の服薬はおなかの赤ちゃんの健康に影響が出ることがあるので、かかりつけ医から処方された薬を使うことが大切です。また、妊娠とは関係ない原因でも頭痛が起こることがあるため、普段から体調を整えておくよう心がけ、頭痛がひどくなるようなら、なるべく早く医師に相談しましょう。

参考

・岡山大学医学部歯学部附属病院薬剤部 医薬品情報室、「No. 132 薬の窓口 」、2020年12月閲覧

・日本高血圧学会、「高血圧治療ガイドライン2014」、ライフサイエンス出版、2019年

・国立研究開発法人 国立成育医療研究センター、「妊娠と薬情報センター」、2021年2月閲覧

・医療情報科学研究所(編)、『病気がみえる vol.10 産科 第4版』、株式会社メディックメディア、2018年

・「内科疾患と脳神経疾患:診断と治療の進歩 」(日本内科学会雑誌 第101巻 第8号・平成24年8月10日)、2021年2月閲覧

写真提供:ゲッティイメージズ

※当ページクレジット情報のない写真該当