【医師監修】妊娠線がかゆい!かゆい原因や対処法は? | MAMADAYS(ママデイズ)
MAMADAYS(ママデイズ)
妊娠線がかゆい!かゆい原因や対処法は?

【医師監修】妊娠線がかゆい!かゆい原因や対処法は?

妊娠線は、妊娠に伴って大きくなるおなかや胸などにできる、皮膚の内側の亀裂のことをいい、かゆみを伴うことがあります。この記事では、妊娠線のかゆみについて、原因や対処法を紹介します。
妊娠線は、妊娠に伴って大きくなるおなかや胸などにできる、皮膚の内側の亀裂のことをいい、かゆみを伴うことがあります。この記事では、妊娠線のかゆみについて、原因や対処法を紹介します。

妊娠線とは?

妊娠線とは、肉割れの一種で妊娠でおなかが大きくなることによって皮膚にできる、裂けたような線のことをいいます。主に、妊娠によって大きくなるおなか周りやお尻、太ももや胸などにできることがあります。

妊娠線のほかに「線状皮膚萎縮症(せんじょうひふいしゅくしょう)」や「ストレッチマーク」などと呼ばれることもあります。

妊娠線は、ただ見た目に線状の亀裂が入るだけでなく、かゆみや赤みが出ることもあります。

妊娠中の妊娠線のケアについてはこちらの記事を参考にしてみてください。

妊娠したら急激な体調、体型の変化が……。その中でも初産の妊婦の半数にあらわれるのが妊娠線。
妊娠初期の段階で早めのケアがおすすめ!
今回は急激な体型の変化でできる妊娠線について、産婦人科医の吉村先生に伺いました。

妊娠線がかゆいのはどうして?

皮膚が内側で裂けているから

妊娠線にかゆみが出ることがあるのは、皮膚が引っ張られて組織が断裂しているからです。

出血はないものの、けがをしたときと同じように皮膚の中で傷ができています。そのため、傷の痛みのかわりにかゆみが現れます。

さらに妊娠線が出ているところは、皮膚が薄くなっているため、些細な刺激にも敏感になりやすく、外側の皮膚が乾燥していたり、肌に触れるものの刺激を受けかゆみが出やすくなります。

妊娠による女性ホルモンの乱れから

妊娠線ができる時期は、女性ホルモンのバランスによって、全身にかゆみが出やすくなります。湿疹ができたり、プツプツができたりなどトラブルが起こりやすくなります。

妊娠線がかゆいときの対処法は?

どうしても妊娠線がかゆくて、我慢ができずに掻いてしまいそうになりますよね。掻いてしまうと、肌を傷つけてしまったり、妊娠線が強く出てしまったり、かゆみが増すこともあります。

掻きたい衝動が少しでも紛らわせるよう、妊娠線のかゆみ対策をいくつか紹介します。

クリームやオイルでこまめに保湿

妊娠線は、皮膚が引っ張られて伸びているため、肌が敏感になっています。クリームやオイルなどで保湿をして、肌の乾燥を予防することで、かゆみを緩和できることがあります。

肌に優しい素材の服に変えてみる

直接肌に触れる服は、素材によっては皮膚への刺激になることがあります。

妊娠線の部位は肌が薄く、敏感になっているので、肌に優しい綿素材の服を選んではいかがでしょうか。

低刺激のボディソープを使う

妊娠前は大丈夫でも、ボディソープによっては妊娠線のできた薄い肌に刺激が強く現れることがあります。自分の肌質や好みに合わせて変えるとよいでしょう。

乾燥を予防できるものや低刺激のものがおすすめです。体を洗うときも、ゴシゴシこするのではなく優しく洗いましょう。よく泡立てて、泡で洗い流すようにするとよいでしょう。

洗ったあとも乾かす際はタオルをあてるようにして拭き取り、擦らないようにするとよいです。

爪を短く切っておく

妊娠線がかゆいとき、つい無意識に掻いてしまう場合があります。

肌を掻いたときに傷がついてしまうと、傷あとが残ったり余計にかゆみを強くすることもあるため、爪は短く清潔に保つのも一つの方法です。

ただ、妊娠中のママの中には、ネイルを楽しむためにそのままにしておきたいと思うママもいるかもしれませんね。妊娠中のネイルは、注意すべきことがあるので、詳しくはこちらの記事を参考にしてみてください。

妊娠したらネイルはできない?
そんな素朴な疑問を産婦人科の先生に聞いてみました。
気をつけるポイントも解説していきます。

かゆみがおさまらない場合は医師に相談を

妊娠線のかゆみ予防をしても、かゆみが改善されない場合やひどくなりそうなときは皮膚科へ相談してみましょう。皮膚トラブルが起こる前に、受診をすることがおすすめです。

妊娠線のかゆみにはまず保湿を試してみて

妊娠線のかゆみはなんとも言えない感覚で、無性に掻いてしまいたくなるかもしれませんね。多少であれば、妊娠線がひどくなることはありませんが、かゆいときは保湿をするように心がけましょう。

参考

・清水宏、「あたしい皮膚医学 」第3版、2021年3月閲覧

・山口琴美、「長時間保湿作用を有する保湿剤塗布による妊娠線出現予防効果の検証 」、科研費、2021年3月閲覧

・恵比寿美容クリニック、「妊娠線にかゆみがあるのはどうして? 」、2021年3月閲覧

写真提供:ゲッティイメージズ

※当ページクレジット情報のない写真該当