【管理栄養士監修】チョコを食べるとおっぱいが詰まりやすいのは本当? | MAMADAYS(ママデイズ)
MAMADAYS(ママデイズ)
チョコを食べるとおっぱいが詰まりやすいのは本当?

【管理栄養士監修】チョコを食べるとおっぱいが詰まりやすいのは本当?

授乳中にチョコレートを食べるとおっぱいが詰まりやすくなるという噂を聞き、控えている方もいるのではないでしょうか?また、カフェインなどの成分が気になる方もいるかもしれません。
この記事では、チョコレートが与えるおっぱいや母乳の成分への影響について紹介します。
授乳中にチョコレートを食べるとおっぱいが詰まりやすくなるという噂を聞き、控えている方もいるのではないでしょうか?また、カフェインなどの成分が気になる方もいるかもしれません。
この記事では、チョコレートが与えるおっぱいや母乳の成分への影響について紹介します。

授乳中にチョコレートを食べるとおっぱいが詰まりやすいのは本当?

チョコレートをはじめ、特定の食品がおっぱいを詰まらせる(乳腺炎になる)という医学的な根拠はありません。

おっぱいが詰まる原因は授乳回数が少ない・授乳の間隔があく・赤ちゃんの吸い付きが弱い・母乳の過剰分泌・急な断乳などが考えられます。そのため、極端な食事制限はせず、バランスよく食べることが推奨されています。

もしチョコレートを食べたときに、おっぱいが詰まったと感じたときは、少し控えて様子を見てもよいですが、予防のために我慢をする必要はありません。

ただし、チョコレートにはカフェインが含まれており、食べる量には注意が必要です。

授乳中のママは量に気をつければチョコレートを食べてもOK

授乳中でもチョコレートを食べて問題はありませんが、チョコレートは砂糖・脂質が多くカフェインを含む菓子類の一つです。嗜好品として考え、食べ過ぎには注意が必要です。

特にカフェインは授乳中の赤ちゃんにも影響を与えてしまいます。一般的な高カカオをうたったチョコレートは、一般的なミルクチョコレートに比べてカフェインの量が多いため、食べる量には特に気をつけましょう。

カフェインは母乳に移行するので量に注意が必要

カフェインは、授乳中のママは1日あたり300㎎(コーヒー2~3杯)以内にとどめることが望ましく、それ以上の過剰な摂取は、赤ちゃんの不眠や夜泣きの原因になる可能性があるといわれています。

また、授乳中のママがカフェインを1日あたり800mg以上摂っている場合、カフェインを摂っていない授乳中のママに比べて、子どもが眠っている間に突然死亡してしまう病気であるSIDS(乳幼児突然死症候群)の発症率が約5倍に増えることが報告されています。

そのため、カフェインが含まれる飲み物や食べ物を飲んだり食べたりするときは、量に注意が必要です。

授乳中のママがカフェインを摂ると、摂取後15~30分以内に摂った量の約0.06~1.5%が母乳を介して赤ちゃんに移行するといわれています。

食べる量に気をつければ先述のとおり、チョコレート自体を禁止する必要はありません。具体的なチョコレートに含まれるカフェイン量については記事の後半で紹介します。

こちらの記事も参考にしてみてくださいね。

授乳中のママが、気分転換にコーヒーや紅茶をのみたいと思ったとき、気になるのはカフェインについてではないでしょうか?今回は、授乳中のカフェインの影響や摂取量について解説します。

洋酒入りのチョコレートはNG

洋酒入りのチョコレートはアルコールが含まれるため控えましょう。アルコールもカフェインと同じく母乳へ移行します。

赤ちゃんはアルコールの分解能力が大人の1/2程度と低く、成長や発達の遅れにつながるという報告も上がっています。そのため、授乳中にアルコールは摂らないよう気をつけましょう。

チョコレートのカフェイン量と上手な食べ方

チョコレートを食べるなら、どのくらいの量であれば問題ないのでしょうか?

ついつい食べ過ぎてしまうチョコレートの上手な食べ方もあわせて紹介します。

チョコレートに含まれるカフェイン量

・一般的なミルクチョコレート:25g(5粒ほど):カフェイン量7mg

・一般的な高カカオをうたったチョコレート:25g(5粒ほど):カフェイン量21mg

・コーヒー:150cc(カップ1杯):カフェイン量90mg

カフェイン量は、チョコレートのメーカーや種類よって異なる場合がありますが、上記のように、食べ過ぎなければチョコレートに含まれるカフェイン量は赤ちゃんに影響が出る可能性があるといわれる300mg/日を超えることはありません。

コーヒーやココアなどもカフェインを含むため、チョコレートと一緒に組み合わせて摂る場合も量に注意しましょう。

チョコレートが食べたくなったときの上手な食べ方

甘いものが欲しくなったとき、手軽に食べられるチョコレートはついつい食べ過ぎてしまうことがあります。

授乳中は食べる量に配慮が必要ですので、あらかじめ食べ過ぎないよう工夫をしましょう。

1.1日に食べる分を小分けにしておく

量を決めずに食べ始めると、気づいたときには食べ過ぎてしまっていた……。ということにならないよう、1日に食べる量を決め、小分けにして保管しておくとよいでしょう。

板チョコの場合は1/2枚くらいを1日分とし、割ってタッパーや小袋に分けておくとすぐに食べられて便利です。

2.チョコレートが付いたお菓子を選ぶ

クッキーなどにチョコレートがトッピングされているお菓子を選べば、チョコレートの割合が少なくなるのでチョコレートの食べ過ぎを抑えられます。

ただし、この場合も菓子類であることに変わりはありませんので、食べ過ぎてしまわないよう1回に食べる量は決めておきましょう。

3.買い置きしない

自宅にあると、ついつい手が伸びて食べ過ぎる原因になりやすいです。

買い物に行くときはまとめて買い込まず、次の買い物までの日数分を考えて必要な量だけを買うようにしましょう。

参考

・五十嵐隆(監修)、『授乳・離乳の支援ガイド(2019年改定版)実践の手引き』公益財団法人 母子衛生研究会、2020年

・堤ちはる・土井正子編著、『子育て・子育ちを支援する子どもの食と栄養』、萌文書林、2018年

・『乳腺炎ケアガイドライン2020 』、公益社団法人 日本助産師会、2021年3月閲覧

写真提供:ゲッティイメージズ

※当ページクレジット情報のない写真該当