【助産師監修】母乳外来とはどんなところ? | MAMADAYS(ママデイズ)
MAMADAYS(ママデイズ)
【助産師監修】母乳外来とはどんなところ?

【助産師監修】母乳外来とはどんなところ?

母乳や授乳に関しての悩みは、赤ちゃんやママ、パパの数だけ多種多様です。そんな悩み全般に対応してくれるのが「母乳外来」です。この記事では母乳や育児のお悩みの強い味方、「母乳外来」について解説します。
母乳や授乳に関しての悩みは、赤ちゃんやママ、パパの数だけ多種多様です。そんな悩み全般に対応してくれるのが「母乳外来」です。この記事では母乳や育児のお悩みの強い味方、「母乳外来」について解説します。

母乳外来とは?

母乳外来とは母乳に関するすべての悩みを相談できる場所です。

一般的には、母乳育児がうまくいかずに受診するイメージがあるとおもいます。実際には母乳・授乳、離乳食、卒乳・断乳など、ママの悩みに応じ、対応してくれる場所でもあります。施設によっては、ママだけでなく子育てに関わるパパの付き添いもできることがあるので、確認してもよいでしょう。

母乳外来ではどんなことをするの?

基本的には、母乳に関するスペシャリストである助産師に、母乳に関する悩みを相談できるだけではなく、実際におっぱいのケア、おっぱいマッサージを受けられます。そのほかにも赤ちゃんの発育状況の確認や育児そのものに関する相談もできます。

相談できること

母乳外来では、母乳・授乳以外のことでも相談できます。どんなことが相談できるのか、相談内容の詳細について以下にまとめました。

【ママの乳房に関する悩み】

(例)

  • 乳首の形や大きさなどが原因で赤ちゃんがおっぱいをうまく吸えない
  • 乳首に傷がついて、授乳がつらい
  • おっぱいに痛みやしこり、熱感がある(乳腺炎のような症状がある)

など

【母乳分泌に関する悩み】

(例)

  • 分泌量が少なく赤ちゃんに足りているかどうか心配
  • ミルクの足しかたに悩んでいる
  • 分泌量が多く、赤ちゃんの飲む量が追いつかず、ママのおっぱいが張ってつらい

など

【授乳に関する悩み】

(例)

  • 授乳のときの抱き方や姿勢、飲ませ方についてなど
  • 次の子を妊娠し、母乳育児をどのようにしたらよいか悩んでいる
  • 授乳時間が安定せず、ママがつらい
  • 職場復帰などにともない、卒乳・断乳を検討している
  • 突然のおっぱい拒否で、どうしたらよいのか困っている

など

【赤ちゃんの成長などに関する悩み】

(例)

  • 赤ちゃんがきちんと成長しているのか気になる
  • 育児に対するストレスや不安がある
  • 育児に対しての悩みを相談したい

など

施設により、相談できる内容や授乳の考え方違いがあるので、受診前にあらかじめ確認しておくとよいでしょう。

パパや家族の同伴はしてもいいの?

基本的に母乳外来は完全予約制で、一組ずつ個室など仕切られた場所で施術などを受けることができます。

相談内容によっては、パパや家族のフォローが必要になることもあります。施設によっては人数を抑えていることもあるので事前に確認が必要ですが、ママや赤ちゃんのためにも都合がつくならば、パパや家族の同伴も検討してみるのもよいでしょう。

母乳外来ではどんな相談をしている?実例を紹介

受診するには?当日の持ち物は?

母乳外来の多くは、完全予約制です。症状が重篤な乳腺炎などは緊急で対応してくれる場合もありますが、それでも受診前には電話1本の連絡を入れて、持ち物などを含め確認をとるほうがよいでしょう。

【持ち物の例】

  • 母子手帳
  • おむつ替えセット(おむつやおしり拭きなど)
  • 着替え
  • タオル(サイズや枚数は受診する施設に確認しましょう)
  • 使用している場合は哺乳瓶やミルク

など

施設によって持ち物が異なりますが、多くの場合に赤ちゃんと一緒に出かけることになるので、母子手帳と一緒に替えのおむつや着替えなどがあると安心です。

出産前に母乳外来を調べておこう!

育児中に授乳にまつわる悩みは不意におこるがあります。いざというときに備えて、出産前から近くにある母乳外来や出産した施設での対応をリサーチしておくとより安心ですね。

写真提供:ゲッティイメージズ

※当ページクレジット情報のない写真該当