この大きさも!? 子どもの誤飲を防ごう | MAMADAYS(ママデイズ)
MAMADAYS(ママデイズ)

この大きさも!? 子どもの誤飲を防ごう

0〜3歳までに多い誤飲による窒息事故。
ものをつかめるようになり始める生後4ヶ月頃、行動範囲が広がり始める生後6ヶ月以降は特に注意が必要です。
子どもが誤飲するとされるものの大きさや子育て環境について知り、周囲の人にも共有して事故を防ぎましょう。
Progress: NaN%
Current Time 0:00
/
Duration Time 0:00

この大きさも!? 子どもの誤飲を防ごう

0〜3歳までに多い誤飲による窒息事故。
ものをつかめるようになり始める生後4ヶ月頃、行動範囲が広がり始める生後6ヶ月以降は特に注意が必要です。
子どもが誤飲するとされるものの大きさや子育て環境について知り、周囲の人にも共有して事故を防ぎましょう。
Progress: NaN%
Current Time 0:00
/
Duration Time 0:00

参考

「えっ?そんな小さいもので?」子供の窒息事故を防ぐ! 」(政府広報オンライン)(2021年5月24日時点)

誤飲に関連して知っておきたい情報

事故を予防することはもちろんですが、救急の知識を持っておきましょう。
帰省の際、いつもは誤飲に気をつけているママも、気がゆるんでしまって注意を怠ることはありませんか?
違う環境に慣れない子どもは、色々なものに興味津々。
あらかじめ誤飲しそうなものを祖父母と共有しておくことで、悲しい事故は防げるかもしれませんよ!
口に入ったものが、ふとしたはずみで食道ではなく気道に詰まってしまうことがあります。そんな異物で乳幼児の場合に多いのが、実は「食べもの」です。

写真提供:ゲッティイメージズ

※当ページクレジット情報のない写真該当